パラコクシジオイデス症(Paracoccidioidomycosis) ~ 真菌によって引き起こされる感染症



パラコクシジオイデス症(PCM)は、二形性真菌の一種であるパラコクシジオイデス・ブラジリエンシス(Paracoccidioides brasiliensis)を原因とする全身性の風土病です。


パラコクシジオイデス・ブラジリエンシスは土壌中にカビとして存在し、その胞子を吸い込むことで感染すると考えられています。


PCMは、ブラジルをはじめとするラテンアメリカ全域でヒトと動物の両方に感染します。


P.brasiliensisの初期感染は通常、肺で起こりますが、皮膚や粘膜など馬の体の他の部位に広がることもあります。PCMには急性と慢性があり、症状は馬の体のどの部位が侵されるかによって異なります。

潜伏期間



症状は一般的に、馬が最初にP.brasiliensisに暴露してから数週間から数年後に現れます。

症状



●咳

●呼吸困難

●パフォーマンスの低下

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●ELISA

治療



※抗真菌薬

※支持療法

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280