乳頭腫症(Papillomatosis) ~ 乳頭腫ウイルスの感染によって上皮性良性腫瘍を生じる疾患



乳頭腫症は馬の皮膚疾患で、いくつかの馬パピローマウイルスによって引き起こされます。パピローマウイルス1型(EcPV-1)は、馬の上唇や鼻先にできる皮膚乳頭腫(イボ)の発生に関連しています。


また、馬の耳、まぶた、生殖器や下肢にも現れることがあります。


馬パピローマウイルス2型(Equus caballus papillomavirus type2)は、馬の生殖器を侵す乳頭腫および扁平上皮癌(SCC)から分離されています。


最近、耳の乳頭腫から第3の馬パピローマウイルスが分離され、これが馬の耳に見られる耳垢の原因ではないかと考えられています。


大多数の馬では、いぼは最初に現れてから1~6ヶ月後に自然に消失しますが、生殖器の病変はSCCへの進行が疑われており、潜在的な前癌病変と考えるべきです。

伝播



いぼは糞便によって、あるいは罹患した馬との密接な接触によって広がります。

潜伏期間



潜伏期間は約60日と推定されていますが、暴露経路、ウイルス量、宿主の免疫力などによって影響を受ける可能性があります。

症状



●白~灰色の小さな丘疹

●頭部、特に鼻と唇に見られる

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●病理組織学的検査

●生検

治療



※ほとんどの馬が治療を必要としない

※2サイクルの凍結融解凍結技術による冷凍手術

※トリフルオロ酢酸による化学焼灼術

予防



※バイオセキュリティ

※肌の外傷を最小限に抑える

※施設・設備の消毒

予後



良好

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280