卵黄性腹膜炎 ~ 破裂した卵または卵管に遺残した卵の卵黄物質が腹膜に存在することによって引き起こされる炎症反応

卵黄性腹膜炎は、破裂した卵または卵管に遺残した卵の卵黄物質が腹膜(アヒルの腹部と大部分の器官の内側を覆う薄い層の組織)に存在することによって引き起こされ...

記事を読む

産卵低下症候群 ~ 柔らかい殻のある無殻卵の産卵が特徴

産卵低下症候群 (EDS) は、健康な雌の鳥における柔らかい殻のある無殻卵の産卵を特徴とする生殖状態です。産卵低下症候群 (EDS)は、多くの野生および...

記事を読む

アヒルの卵塞症(卵つまり) ~ 雌のアヒルで起こる一般的な産卵関連の問題

卵塞症は、雌のアヒルで起こる一般的な産卵関連の問題です。卵が正常な期間内に卵管を通過できないことと定義されます。卵塞症が起こると、卵管の遠位部に本来ある...

記事を読む

尻つつき ~ 周囲の皮膚や下層組織に損傷を与え致命的となる場合がある

総排泄腔のつつきは、雌鶏が他の雌鶏の総排泄腔を狙ってつつくため、周囲の皮膚や下層組織に損傷を与えます。迅速な介入がない限り、攻撃を受けた雌鶏にとって致命...

記事を読む

足指・爪の損傷 ~ 早急に対処しなければ重大な失血が起こります

ニワトリは失血を伴う爪の亀裂や損傷を引き起こす場合があります。爪が完全に折れて出血している場合、爪が割れているか折れていて緩んでいる場合、爪が割れている...

記事を読む

雄鶏に関連する交尾損傷 ~ 過剰交配により雌鶏が怪我をする場合があります

通常、雄鶏は雌鶏に怪我をさせることなく交尾します。しかし、ある種の鶏は交配中に攻撃的になったり、ある種の鶏と過剰交配したりします。 また、ある...

記事を読む

赤い飛節(ひざ)の腫れ ~ 孵化したてのひなに見られる脚の変形

飛節の腫れは孵化したてのひなに見られる脚の変形です。うっ血した血管と血液のうっ滞から成り、孵化中の生理的ストレス、または骨の横もしくは長軸に沿った直接的...

記事を読む

捕食者の攻撃 ~ 小型の鶏種、若鶏、成長中の若鶏はリスクが高い

ニワトリには野生動物と家畜の両方の捕食者が多数います。あらゆる大きさの鶏は攻撃を受けるリスクがありますが、小型の鶏種、若鶏、成長中の若鶏はリスクが高いで...

記事を読む

大きくなりすぎた蹴爪 ~ 過度に成長すると痛みと自己外傷を引き起こすリスクを高める

雄鶏は成長するにつれて足の裏に蹴爪(骨のある鋭い円錐形の突起)を成長させます。成長速度は鳥によって異なり、骨棘は大きくなり、硬くなり、年齢とともに曲がり...

記事を読む

熱ストレス ~ 日陰を作って対策しましょう

高温多湿の気象条件では、鶏は特に敏感で熱中症の危険もあります。ニワトリは体温が高く、汗腺がないので、羽の下など羽毛の少ない部分から熱が放散されるように羽...

記事を読む

骨折 ~ 非常に痛みを伴う外傷

骨折は鳥にとって非常に痛みを伴う外傷の一種です。 骨折は、主に強い力の衝撃または落下の結果として発生します。 ただし、骨が弱くなる可能性のある基礎疾患お...

記事を読む

鶏群間の戦い ~ 鶏の群れにはそれぞれ固有の序列があります

鶏の群れにはそれぞれ固有の序列があります。序列とは、ニワトリにおける序列のシステムであり、地位 (優性) に関係しています。最も優占している鳥は最も地位...

記事を読む

嗉嚢食滞 ~ 難消化性の異物の存在により嗉嚢食滞が発生する可能性があります

嗉嚢の正常な機能が阻害され、その結果、食物の通過が部分的または完全に妨げられる場合に生じます。嗉嚢は食道がポケットから出ているような状態で、鶏の餌の一時...

記事を読む

打ち傷(あざ) ~ 緑がかった皮膚の変色として現れます

ニワトリのあざは、挫傷を示しています。 緑がかった皮膚の変色として現れます。 緑色は、ヘモグロビンが分解された後に発生するビリベルジン蓄積の結果です。 ...

記事を読む

嘴の損傷 ~ 環境を変更してさらなる損傷を防止します

ニワトリが嘴にダメージを受ける最も一般的な場面は、他の鶏群との戦い、金網やその他の小さな空間に挟まること、捕食者の攻撃などです。 嘴による損傷...

記事を読む

嘴の変形 ~ 変形した嘴を持つニワトリは飼料摂取量、成長速度が減少し異常行動を起こす傾向

嘴の変形は先天性または後天性でニワトリではよく起こることがあります。不良な食餌、遺伝的、外傷・損傷、疾患・寄生虫、腫瘍増殖、および不適切な孵卵技術を含む...

記事を読む

亜鉛中毒 ~ 赤血球に損傷を与えヘモグロビン尿症に続発する腎不全が生じる

亜鉛中毒は、ニワトリが亜鉛を含む金属物体を摂取したときに起こります。ニワトリはくちばしを使って物を探し、金属製の光沢のある物に引き付けられるため、金属中...

記事を読む

殺鼠剤の毒性 ~ 摂取した殺鼠剤の種類に応じた治療が必要

市販の殺鼠剤にはいくつかの種類があり、最も一般的に使用されるのは抗凝固剤、ブロメタリン、コレカルシフェロールです。殺鼠剤の種類によって効果は異なり、摂取...

記事を読む

有機リン中毒 ~ ニワトリの末梢および中枢神経系に影響を及ぼす

有機リン化合物 (OP) は、一般的に芝生および作物または庭の害虫防除に使用される多くの農薬にみられます。コリンエステラーゼ阻害薬であり、ニワトリの末梢...

記事を読む

鉛中毒 ~ 摂取された鉛の量に応じて急性または慢性の形態で現れる

鉛中毒は都市環境で飼われている平飼いのニワトリにおいて一般的な問題です。鳥の健康だけでなく、鶏が産んだ卵を食べる人間にとっても有害です。 アメ...

記事を読む

スポンサーリンク
広告336×280