Cooperia onchophora ~ おもに牛の小腸に寄生

Cooperia onchophora、雄5~9mm、雌6~8mm 虫卵は平均83~40㎛ おもに牛の小腸に寄生し、世界各地に分布し...

記事を読む

クーパー毛様線虫 ~ めん羊、ヤギ、まれに牛の小腸、特に十二指腸、また第四胃の粘膜面に寄生

クーパー毛様線虫:クーペリア・クルチセイ(Cooperia curticei)、Cooperia属の線虫は小形で、赤味を帯びる。 雄4~6mm...

記事を読む

透明毛様線虫 ~ めん羊、ヤギ、牛、ラクダなどの小腸まれに第四胃に寄生

透明毛様線虫:トリコストロンギルス属種(Trichostrongylus vitrinus)、雄5~7mm、雌7~8mm 虫卵は93~118 ...

記事を読む

蛇状毛様線虫 ~ めん羊、ヤギ、牛、ラクダなどのほか、ヒト、サル、豚の小腸(十二指腸)まれに第四胃に寄生

蛇状毛様線虫:トリコストロンギルス・コルブリフォルミス(Trichostrongylus colubriformis)、雄4~8mm、雌5~9mm、白色...

記事を読む

狭頭鉤虫 ~ 犬、猫の小腸の後方1/3におもに寄生

狭頭鉤虫:ウンシナリア・ステノセファラ(Uncinaria stenocephala)、小形で白色を帯びた鉤虫です。頭端は背方にまがり、口縁には半月状の...

記事を読む

豚鉤虫 ~ ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ(南部)、東南アジアの豚の小腸に寄生

豚鉤虫(Globocepharus urosubulatus)、Globocepharus属の鉤虫はおもに豚に寄生します。本属では、口がやや背方に向かっ...

記事を読む

伝染性角結膜炎(Pink Eye) ~ 結膜に炎症が起こること

伝染性角結膜炎は、ピンクアイとしても知られており、結膜に炎症が起こることです。炎症は、環境刺激物への反応、ウイルスや細菌の感染など、さまざまな理由で起こ...

記事を読む

Gaigeria pachyscelis ~ めん羊、ヤギ、ときに牛の小腸に寄生

Gaigeria pachyscelis、羊鉤虫に似ています。口縁の2個の切板は半月状です。 雄12~20mm、雌16~30mm 虫...

記事を読む

牛鉤虫 ~ 牛の小腸、おもに十二指腸に寄生

牛鉤虫:ブノストーム・フレボトーマム(Bunostomum phlebotomum)、雄10~18mm、雌24~28mm、前種(羊鉤虫)に似ていますが、...

記事を読む

羊鉤虫 ~ めん羊、ヤギの空腸と回腸上部に寄生

羊鉤虫:ブノストーム・トリゴノセファラム(Bunostomum trigonocephalum)、Bunostomum属の鉤虫は反芻動物に寄生します。頭...

記事を読む

アメリカ鉤虫 ~ ヒトまれに犬、猫、豚の小腸に寄生

アメリカ鉤虫:ネカトール・アメリカヌス(Necator americanus)、頭端は背方に曲がり、口腔は球形に近く、切板は半月形です。Ancylost...

記事を読む

Agriostomum vryburgi ~ 牛、水牛の小腸に寄生します

Agriostomum vryburgi、本属の鉤虫は小形で、口腔は浅くて底部が広く、口の周縁に4対の歯があります。 雄9~11mm、雌13~...

記事を読む

ズビニ鉤虫 ~ ヒトおよびサル類まれに豚の小腸に寄生

ズビニ鉤虫:アンシロストーマ・デュオデナーレ(Ancylostoma duodenale)、雄8~11mm、雌12~15mm、口縁の歯は2対 ...

記事を読む

猫鉤虫 ~ 猫の小腸に寄生

猫鉤虫:アンシロストーマ・ツバエフォーム(Ancylostoma tubaeforme)、雄10~11mm、雌12~15mm 前種(犬鉤虫)よ...

記事を読む

ブラジル鉤虫 ~ 犬、猫まれにヒトの小腸に寄生

ブラジル鉤虫:アンシロストーマ・ブラジリエンス(Ancylostoma braziliense)、雄6~8mm、雌7~10mm、口縁の歯は大小各1対、雄...

記事を読む

セイロン鉤虫 ~ 犬、猫、その他の野生肉食獣およびヒトの小腸に寄生

セイロン鉤虫:アンシロストーマ・ケイラニクム(Ancylostoma ceylanicum)、本種は長い間ブラジル鉤虫と同一種であると考えられていました...

記事を読む

多発性先天性眼異常(Multiple Congenital Ocular Anomalies) ~ 主に銀色の被毛の馬に多く見られます

MCOA症候群は遺伝性の眼疾患で、主に銀色の被毛の馬に多く見られます。馬は、MCOA症候群を不完全優性形質として受け継いでいます。 MCOA症...

記事を読む

犬鉤虫 ~ 犬およびイヌ科動物の小腸、特に空腸に寄生

犬鉤虫:アンシロストーマ・カニナム(Ancylostoma caninum)、雄8~12mm、雌15~20mm 新鮮虫体は灰色ですが、腸管内の...

記事を読む

気管開嘴虫 ~ 水禽以外の鳥類、特に鶉鶏目の燕雀目の鳥類の気管に寄生

気管開嘴虫:シンガムス・トラケア(Syngamus trachea)、雄2~6mm、雌5~20mm、宿主の種類によっておおきさに差があります。 ...

記事を読む

大口腸線虫 ~ めん羊、ヤギ、牛などの反芻獣の結腸に寄生

大口腸線虫:シャベルティア・オビーナ(Chabertia ovina)、口はやや腹側を向いて開き、口腔はおおきく球形で、頭胞は不明瞭です。 雄...

記事を読む

豚腸結節虫 ~ 豚の盲腸、結腸に寄生

豚腸結節虫:エソファゴストーマム・デンタツム(Oeophagostomum dentatum)、雄8~10mm、雌11~14mm 頭胞は発達し...

記事を読む

腸結節虫(豚) ~ 豚の結腸、盲腸に寄生

腸結節虫(豚):エソファゴストーマム・クォドリスピネラ(Oesophagostomum quadrispinulatum) 雄7~9mm、雌8...

記事を読む

山羊腸結節虫 ~ 山羊、めん羊、鹿、ラクダの結腸に寄生

山羊腸結節虫:エソファゴストーマム・ベヌローサム(Oesophagostomum venulosum)、雄11~16mm、雌13~24mm、本種では頭部...

記事を読む

牛腸結節虫 ~ 牛、水牛の盲腸や結腸に寄生

牛腸結節虫:エソファゴストーマム・ラジアツム(Oesophagostomum radiatum)、雄14~17mm、雌16~22mm、本種の特徴は頭部先...

記事を読む

コロンビア腸結節虫 ~ めん羊、ヤギ、アンテロープ類、ときにラクダの結腸腔内に遊離して寄生

コロンビア腸結節虫:エソファゴストーマム・コロンビアナム(Oesophagostomum columbianum)、雄12~16mm、雌15~22mm、...

記事を読む

角膜真菌症(Keratomycosis) ~ 細菌ではなく真菌(カビ)が角膜に感染して生じる病気

角膜真菌症は馬の正常眼内細菌叢の変化によって引き起こされる重篤な眼疾患です。共生眼真菌または環境病原性真菌の角膜実質への侵入によって引き起こされます。 ...

記事を読む

豚腎虫 ~ 終宿主は豚、イノシシで腎周囲脂肪組織、輸尿管壁、腎盂などに寄生

豚腎虫:ステファヌルス・デンタツス(Stephanurus dentatus)、雄22~30mm、雌34~40mm 虫体の長さの割に太く、生鮮...

記事を読む

ロバ円虫 ~ 東アフリカ、アジア、南アメリカのロバやシマウマの盲腸に寄生

ロバ円虫:ストロンギルス・アシニー(strongylus asini)、雄18~32mm、雌30~42mm、口腔底の歯は2個で、かど張り、表面が鋸歯状で...

記事を読む

普通円虫 ~ 馬、ロバ、ラバ、シマウマなどの盲腸に寄生

普通円虫:ストロンギルス・ブルガリス(Strongylus vulgaris)、雄14~16mm、雌20~25mm、前2種に比べて小形です。 ...

記事を読む

無歯円虫 ~ 馬、ロバ、ラバ、シマウマなどの主に右側結腸に寄生します

無歯円虫:ストロンギルス・エデンタータス(Strongylus edentatus)、雄22~18mm、雌32~44mm、外歯環数55~75、歯はない。...

記事を読む

馬円虫 ~ 馬、ロバ、ラバ、シマウマなどの盲腸に寄生

馬円虫:ストロンギルス・エキナス(Strongylus equinus)、雄25~35mm、雌38~55mm 外歯数環数は42~50、口腔底に...

記事を読む

旋毛虫 ~ 哺乳類に感染し成虫の寄生部位は小腸で、幼虫は横紋筋に寄生します

旋毛虫:トリヒナ科:トリキネラ・スピラリス(Trichinella spiralis)、雄1.4~1.6mm、雌3~4mm 雄には交接刺がなく...

記事を読む

フィリピン毛細線虫 ~ ヒトの小腸に寄生し被害が大きい

フィリピン毛細線虫:キャピラリア属種(Capillaria philippinensis)、雄2.3~3.2mm、雌2.5~4.3mm 虫卵は...

記事を読む

肝毛細線虫 ~ ネズミの肝臓実質内に寄生

肝毛細線虫:キャピラリア属種(Capillaria hepatica)、雄17~32mm、雌99~104mm きわめて細い線虫です。 ...

記事を読む

免疫介在性角膜炎(Immune-mediated Keratitis) ~ 角膜潰瘍または重大なぶどう膜炎を伴わない慢性の角膜混濁が特徴

免疫介在性角膜炎 (IMMK) は馬に発生する非感染性角膜疾患群です。IMMKは、角膜潰瘍または重大なぶどう膜炎を伴わない慢性の角膜混濁を特徴とします。...

記事を読む

Capillaria plica,C.felis-cati ~ この2種は犬や猫、イヌ科・ネコ科動物の膀胱に寄生します

Capillaria plica,C.felis-cati(キャピラリア属種)、この2種は膀胱に寄生します。 Capillaria plica...

記事を読む

肺毛細線虫 ~ 犬、猫およびイヌ科、イタチ科の野生動物の気管、気管支、細気管支ときに鼻腔に寄生

肺毛細線虫:キャピラリア・エロフィラ(Capillaria aerophila)、雄15~25mm、雌20~40mm、虫卵は58~79 x 29~40㎛...

記事を読む