救急療法(Emergency Treatment)

救急処置を必要とする急患の通知を受けた場合は、まず患畜の全身的状態と損傷の部位や程度を聞き、診療にあたっては、次のような順序で手際よくすみやかに行う必要...

記事を読む

全身麻酔(general anesthesia) ~ 全身麻酔は投与された麻酔薬によって中枢神経の機能が可逆的に抑制された状態

全身麻酔の要件 全身麻酔は投与された麻酔薬によって中枢神経の機能が可逆的に抑制された状態ですが、その要件として次の4つがあげられる。意識消失(...

記事を読む

麻酔の種類 ~ 麻酔薬の作用によって中枢神経系の活動を一時、可逆的に抑制する方法

麻酔薬の作用によって中枢神経系の活動を一時、可逆的に抑制する方法で、麻酔薬の投与経路によって、次のように分類されます。 ●吸入麻酔(inh...

記事を読む

栄養管理(Management of Nutrition) ~ 栄養素が生体の正常な機能を維持するのに不可欠

栄養の必要性(栄養不足の原因) 栄養素が生体の正常な機能を維持するのに不可欠であることはいうまでもありません。すなわち栄養素の不足や過剰あるい...

記事を読む

水分・電解質の必要量

補液には(ⅰ)体液の異常喪失、循環血液量減少に対する補充輸液(補充療法)、(ⅱ)著明な体液の減少は認められないが、酸-塩基平衡が乱れた時、その電解質の不...

記事を読む

輸液療法(Fluid Therapy) ~ 輸液とは動物体の恒常性を維持するため、水分および電解質・栄養素などの溶液を生体に補給すること

輸液の基礎知識 輸液とは動物体の恒常性を維持するため、水分および電解質・栄養素などの溶液を生体に補給することです。本来は輸血を意味したが、現今...

記事を読む

輸血の副作用(reactions following transfusion) ~ 大別すると技術的な誤りと管理上の誤りがあります

輸血によって発現する不都合な生体反応を総称して輸血副反応、また小輸血副作用と呼びますが、その主体は抗原抗体反応です。 副作用の発生要因はかなら...

記事を読む

輸血法(administration of blood) ~ 詳細な臨床諸検査を行って異常の有無を検査し、供血に支障のないものを選定します

供血動物の検査 採血に当てる供血動物については、その健康状態、既往症、年齢、体重などについて検査し、特に伝染性疾患、循環機能、肝機能、血液所見...

記事を読む

輸血の適応症(indications)と禁忌(contraindications)

輸血の目的として挙げられる体液量や循環血液量の維持、血液の酸素運搬能の急速増加のための赤血球の補給、栄養補給として血中蛋白濃度の増加、造血機能に対する有...

記事を読む

新鮮血および保存血(fresh blood and stored blood) ~ 犬の輸血の場合には新鮮血はもちろん保存血使用の場合にもミクロフィラリア(mf)陰性の血液を使用しなければならない

輸血の目的である赤血球の補給、循環血量の維持、栄養学的価値、抗体補給、止血、造血機能に対する刺激などとあわせて緊急処置としての効果を期待するためには、給...

記事を読む

供血動物の選択(donors and recipients) ~ 輸血に使用される供血動物は、健康で栄養状態が良好で、異常を認めないものを選択

輸血に使用される供血動物は、健康で栄養状態が良好で、異常を認めないものを選択しますが、特に病原性微生物や寄生虫などに感染しあるいはそれらを保有するものは...

記事を読む

犬の血液型 ~ 猫の赤血球型 ~ 交差適合試験(cross matching)

犬の血液型はvon Dungern & Hirschfeld(1914)により最初に分類されました。以来、今日までの70年間に数多くの報告がみられますが...

記事を読む

牛の血液型・馬の血液型・豚の血液型・緬羊の血液型

牛の血液型 Ferguson(1941)によって牛の親子間の同種免疫を行って免疫溶血素をつくり、溶血反応によって40の血液型を分類したのが基礎...

記事を読む

輸血(Blood Transfusion) ~ 血液の適合性(blood compatibility)

輸血 出血のため大量の血液喪失があった場合、あるいはショックや低蛋白血症、二次的貧血などの際に、新鮮な健康血液を補給して失われた生体の機能を回...

記事を読む

播種性血管内凝固症候群(disseminated intravascular coagulation(DIC)syndrome)

播種性血管内凝固症候群 止血障害のうちで、先天性の血友病Aに見られるように明らかに凝固因子中の第Ⅷ因子(他に第Ⅸ因子欠如もある)の活性のみが欠...

記事を読む

血液凝固障害 ~ 線維素溶解現象(線溶)

生体が損傷をこうむった際にみられる出血においては、破壊された血管をただちに修復して血液をできる限り血管内に保有し、かつ血流に障害をおこさないために、止血...

記事を読む

止血(Hemostasis) ~ 大量の出血になるとショック状態の招来、感染などの危険もあるので、止血法を行わなければなりません

全身に甚大な影響を与えないような出血は自然止血の原理により処理されるのであまり支障をきたしませんが、大量の出血になるとショック状態の招来、感染などの危険...

記事を読む

出血Hemorrhage(Bleeding) ~ 出血は損傷の重要徴候の一つで、病状の経過、治療処置などに深い関連を有します

組織が損傷をこうむり離断されると、血管もまた損傷を受けて出血をみる。出血は損傷の重要徴候の一つで、病状の経過、治療処置などに深い関連を有します。 ...

記事を読む

抗菌性薬物の飼料効率改善効果 ~ 飼料効率と飼料要求率・飼料効率改善と限度・ブロイラー・肉用豚・反芻動物

飼料効率と飼料要求率(feed efficiency and feed conversion ratio) 飼料効率とは飼料1kgの給与によっ...

記事を読む

感染症と薬物体内動態 ~ 感染部位への薬物移行・体内における抗菌活性・投与計画

薬物による感染症の治療では、薬物が感染経路や感染部位に有効な濃度に分布し、その状態が治癒するまで維持されることが必要です。 抗菌性薬の全てが酸...

記事を読む

抗菌性薬物の分類 ~ 耐性菌・抗菌性薬物の相互作用・抗菌性薬物の副作用

由来による分類 抗生物質(antibiotics)と合成抗菌性薬(synthetic antimicrobials)に分類される。 ...

記事を読む

抗菌性薬物の共通的性格 ~ 抗菌性薬物の抗菌活性・抗菌スペクトル・動物体内での有効性スペクトル

感染症の予防治療に用いられる薬物は本邦の動物用医薬品総売り上げの約70%を占めており、実用面では最も重要な薬効群になっています。 感染症の治療...

記事を読む

ドーピング(doping) ~ ドーピングとは競馬に”出走すべき馬につき、その馬の競走能力を一時的にたかめ又は減ずる目的で薬品又は薬剤を使用する”こと

ドーピングとは競馬に"出走すべき馬につき、その馬の競走能力を一時的にたかめ又は減ずる目的で薬品又は薬剤を使用する(競馬法)"ことであり、使用する薬物をド...

記事を読む

運動器障害の局所療法 ~ 全身適用薬としては非ステロイド系消炎薬が用いられる

筋、腱、関節の非感染性炎症の局所治療薬について。これらの疾患は馬や犬での跛行の最も大きな原因です。全身適用薬としては非ステロイド系消炎薬が用いられる。 ...

記事を読む

外用剤 ~ 外用剤は皮膚、外表粘膜、外表に近い粘膜に用いる。

外用剤は皮膚、外表粘膜(眼粘膜)、外表に近い粘膜(口腔・生殖器粘膜など)に用いる。 皮膚の特色 皮膚は20層以上の角質細胞層から成り...

記事を読む

子宮収縮薬(oxytocics) ~ 分娩後の子宮の弛緩性出血を防止したり、分娩前の陣痛を亢進させるために使用される薬

オキシトシン(oxytocin) 下垂体後葉の分泌する子宮収縮ホルモンであるが、医薬品としては合成品が用いられる。 体内動態 ...

記事を読む

肉牛肥育に応用される蛋白同化薬(anabolics) ~ 牛では雄性ホルモンや黄体ホルモンだけでなく、卵胞ホルモンも蛋白同化促進作用を示す

牛では雄性ホルモンや黄体ホルモンだけでなく、卵胞ホルモンも蛋白同化促進作用を示す。 これらのホルモンの徐放性製剤を肉用肥育子牛の耳介皮下に植込...

記事を読む

重金属解毒薬(heavy metal antidotes) ~ 重金属中毒の解毒に用いる薬物はいずれもキレート化物質

重金属中毒の解毒に用いる薬物はいずれもキレート化物質(chelators)です。 共通的性格 科学的特色 キレート化物質と...

記事を読む

家畜の重金属中毒 ~ 家畜の重金属中毒は公害防止関連の規制が厳しくなるにつれて激減している

鉛中毒(lead poisoning):中毒の原因と感受性 犬 米国では子犬の鉛中毒が多い。廃屋からの木切れを口にくわえるためです。...

記事を読む

脂溶性ビタミン ~ 脂溶性ビタミンはA、D、E、Kであり、いずれも側鎖がイソプレン重合体になっている

ビタミンは人の栄養学を基準にして類別されているので、家畜ではビタミンとはいえない物質も含まれている。鶏はビタミン要求性が強く、Cを除く殆ど全てのビタミン...

記事を読む

水溶性ビタミン ~ チアミン、ニコチン酸、コリン、ビオチン、(付)タウリン

水溶性ビタミンは欠乏症の予防治療に用いるだけでなく、反芻動物のルーメン微生物への作用を期待した用法にも用いる。 チアミン(thiamine, ...

記事を読む

ホルモン薬とホルモン拮抗薬 ~ ペプチド系ホルモンとステロイド系ホルモンの動態の比較

ホルモン薬の種類と特色 一部の例外を除けばホルモンはポリペプチドかステロイドですが、ペプチドホルモンとステロイドホルモンの体内動態や作用機序は...

記事を読む

甲状腺ホルモン薬~甲状腺機能抑制薬~甲状腺機能不全~甲状腺機能亢進

甲状腺ホルモン薬 ●甲状腺乾燥粉末 豚や牛の甲状腺から作る。 甲状腺機能不全に筋注か皮下注で用いる。 レボチロキ...

記事を読む

インスリン(insulin) ~ 糖代謝の異常に用いる薬物

天然インスリンは豚、牛の膵臓から抽出し、その最終段階で酢酸亜鉛を加えて亜鉛塩を沈殿させる。 分子量約6千のペプチドであり、2個のペプチド鎖がS...

記事を読む

糖代謝異常疾患と薬物療法

糖尿病(diabetes mellitus) 5才以上の雌犬に多い疾病であり、雄犬とかその他の動物種では稀です。 多くの場合、膵の疾...

記事を読む

Ca, P, Mg代謝異常に用いる薬物

カルシウム化合物(薬理作用) 注射と経口投与 細胞外液中のCa濃度の恒常性は高く、20%を越すような変動は体内器官の機能に重大な影響...

記事を読む