ロウバシガン Cape Barren Goose

1種1屬をなす雁で、雌雄は同形同色でありますが、雌の方が少し小さく又、鳴き声が違います。 体形が大きく全身心地良い灰色で、第三風切り羽と雨覆に...

記事を読む

アオガン Red-breasted goose

カオジロガンより更に小型で、北半球の雁としては珍しく色彩に富み、赤茶色で胸が色どられ又、後頭部側面にも赤茶色の大きい斑紋があります。 嘴と目の...

記事を読む

カオジロガン Barnacle Goose

雁の中で一番美しいと言われているのですが、大正時代に一度日本へ来たことがあります。 この雁は中型の雁で飼うのに広い場所が要りませんし、人に良く...

記事を読む

ハワイガン Hawaiian goose

原住民の言葉でネーネと呼ぶ此の雁は、カナダガンに近縁の鳥でハワイとマウイ島に極く僅か存在するだけです。 ブリーズ氏の報告によりますと、此の鳥も...

記事を読む

カナダガン Canada Goose

カナダガンは北米を主産地とし、今は英国にも自然繁殖地が出来ています。北米大陸には12種類もいるのですが、大きさと羽色に多少の相異があるだけです。 ...

記事を読む

インドガン Bar-headed goose

インドガンは日本の動物園で時折見られるようになりました。また、多少繁殖もなされているようです。 中央アジアで繁殖し、冬期にインドおよび北部ビル...

記事を読む

ミカドガン Emperor goose

日本の仙台に迷鳥として飛来して新聞に載った事がありますが、飼い鳥としては日本へ一度も輸入された事はなかったのですが、仲田幸男氏がアメリカの繁殖家から生後...

記事を読む

ハクガン Snow goose

翼は黒色ですが、だいたい全身白色で嘴の色は赤ですが、縁は黒くて線をなしています。 此の雁には大小があります。 此れにより小形のヒメハ...

記事を読む

カリガネ Lesser white-fronted goose

マガンよりかなり小型で、非常に美しい雁です。以前はよく飼われた鳥ですが、現在は希少種になりつつありますが、英国のグロスター州スリムブリッジ村にありますワ...

記事を読む

自着性伸縮包帯(くっつく包帯)

包帯同士はくっつき合いますが、衣服や肌には接着しませんので、粘着テープの使えない部位の固定や圧迫固定に適します。 1個300円ほど ...

記事を読む

マガン White-fonted Goose

これは非常に面白い雁です。欧米では繁殖も盛んで値段も安価ですが、日本では動物商の仕入れるものは野外で捕獲した鳥が多い為でしょう、繁殖もされておらず数も少...

記事を読む

オシドリ Mandarin Duck

オシドリは近年欧米においても愛育され、鳥類雑誌の表紙やマークに使われます。欧米のものは支那から輸入されたものですが、英国には輸入オシドリが野生化し群棲地...

記事を読む

アメリカオシ Wood Duck or Carolina

北米産の鳥で一時絶滅が心配されるほど数が減ったのですが、現在は飼育家の繁殖によって大いに数が増え絶滅の心配は無くなり安価で入手出来るようになりました。 ...

記事を読む

リュウキュウガモ Whistling Duck or Tree Ducks

リュウキュウガモは我が琉球に産するために此の名があるのですが、広く熱帯地方に分布しています。 雁にも類似点がありますので、此処で説明しておきま...

記事を読む

アカツクシガモ Ruddy Shelduck

全身黄色の強い鳥で、アフリカ北部ナイル河畔、スペイン南部、ギリシャ、バルカンの南部、中央アジア、支那、時には日本へも来る時があります。 此れは...

記事を読む

ツメバガン Spur-winged Geese

ガンという名はついていますが、鴨に近い鳥で、書物では鴨の処で説明されるのが常です。 翼の屈折部に鋭い長いケズメを持っています。又額にコブがあり...

記事を読む

コブガモ Comb Ducks

雄は嘴の上に大きいコブがあり、頭と頸は白くて其の中に黒点が沢山あり、又、繁殖期には此処は黄金色を呈して来ます。 体の上部は金属光沢を持つ青緑色...

記事を読む

ケワタガモ Eider Duck

此の鳥も特異な姿をしたもので、北極の周囲部及びシベリア東部とアラスカにいます。 頭頂が黒で、後頭部の中央に白線があります。頸と頭の側面は淡い緑...

記事を読む

シノリガモ Harlequin Duck

デラクール博士も言っておられます様に、シノリガモはオシドリを除いては一番美しい鴨で、冬期は日本へも渡来します。 アイスランド、グリーンランド、...

記事を読む

小鳥の疥癬症の治療薬イベルメクチン・ドロップス

イベルメクチン・ドロップスは、小鳥の中でも特にセキセイインコに多く見られ、口角やろう膜、脚などに軽石状の特徴的な皮膚症状を形成する疥癬症の治療薬です...

記事を読む

クロガモ Black Scoter

雄は全身黒色で、嘴は黄色で小さいコブがあります。虹彩は褐色です。 此の鳥は、一割は緑餌ですが、大部分は動物質を食します。 飼うには魚...

記事を読む

アメリカホシハジロ Red head

此のハジロはオオホシハジロに一見、似た処もありますが、全体としては灰色がかっています。 此れは北米のハジロです。飼いやすく又、繁殖も容易で且つ...

記事を読む

オオホシハジロ Canvas-back

ハジロ類の中では一番大きく、此の鳥は必ずしも美しいとは言えないのですが、繁殖は割合難しく、高価で、飼育界でやはり愛される鳥です。 頭と頸は赤褐...

記事を読む

オウギアイサ Hooded Merganser

ミコアイサと共に最小のアイサですが、羽冠が非常に特異で、非常に大きく、雄は頭と頸は黒いのですが、後頭部に大きい白斑を有する羽冠を持っています。 ...

記事を読む

ミコアイサ Smew

アイサ類の最も小形のもので、非常に美しく良い鳥ですが、中々得がたいでしょう。 森林によって囲まれた湖とか、河などで繁殖するのですが、冬季は主と...

記事を読む

オカヨシガモ Gadwall

ヨシガモに似た鳥ですが、ヨシガモほどの美しさはなく、地味です。 此れが為、あまり飼育されていません。 全体灰色の鳥です。

記事を読む

カワアイサ Goosander

ウミアイサに外観は似ておりますが、更に大きく、又頭頂の羽は長くてホオジロガモに似ています。 此れも北極圏にいるのですが、ウミアイサよりやや南部...

記事を読む

ウミアイサ Red breasted Merganser

此の北極圏にいる海鴨もやはり飼い鳥としてはアイスランドから卵で輸入して、孵化したものが好適で、此の卵の孵化も容易でない為に一部の人が飼っているだけです。...

記事を読む

コオリガモ Long-tailed-Ducks

北極圏には沢山いる鳥で、雄の中央尾羽が非常に長くて細いのが特徴で、一屬一種をなす特異な鳥です。 雌雄は羽色を変え、さらに雄は夏羽と冬羽とで違っ...

記事を読む

ヒメハジロ Buffle-head

キタホオジロガモより大分小さい小型の鴨でありますが、中々此れも美しいものです。 雄は頭の側面から後部にかけて大きい白い部分があるのが特徴で、其れ以...

記事を読む