黄身の色が濃いほどおいしいという誤解

卵の裏側 とある食レポの掲示板を見ていたらどこかの主婦が得意そうに卵について語っていた。 卵は、白い卵より赤い(通称、赤玉)卵を選んで、...

記事を読む

サンケイ Swinhoe’s pheasant

此れは台湾に産する大きい雉です。 雄は羽冠と上背、中央尾羽が白く、此れが全身の青色の中によく目立ちます。 雌は褐色と黒の細かい斑点が...

記事を読む

ハッカン Silver Pheasant

ハッカンも亦、金鶏、銀鶏に劣らない立派な美しい鳥で、それらより体が大きいです。 小鳥の方で、ウグイス、オオルリ、コマドリを3名鳥と言われており...

記事を読む

銀鶏 Lady Amherst’s Pheasant

銀鶏は金鶏より体が一廻り大きく、或いは金鶏より立派かも知れません。 金鶏で良く目立つ色は赤と黄ですが、銀鶏では清純な白それに緑、青の基調色...

記事を読む

鶏コクシジウムの治療と予防

コクシジウムの駆除にバイコックスが使われています。牛用と豚用がありますが、成分は変わりません。日本は100mlで発売されており、海外は250mlで発売されています。いづれも成分はトルトラズリルです。このバイコックスの特徴は1回の投与でコクシジウムに効くということです。しかも副作用はほとんどないとのことです。コクシジウム症は、コクシジウム類に属する原虫の感染によって起こる寄生虫感染症ですが、おもに下痢や脱水などを引き起こします。

記事を読む

コウライキジ common pheasant

此の雉は日本雉より美しいという人があるかも知れません。 大陸コルチカス系の雉で、台湾雉、蒙古雉、支那雉、コーカサス雉、ゴビ雉など色々あります。...

記事を読む

日本雉 Green Versicolor Pheasant

皆様も知っておられる通り、此れは日本の国鳥に指定されています。 国鳥に指定された理由は次の通りです。(黒田長礼著書より) ●日本人には古...

記事を読む

オナガキジ Reeves’s pheasant

此の鳥は其の名が示す如く、尾が特に長いのが特徴で、普通は1mですが、2m近くになるものがいます。 我が国には徳川時代からいた様ですが、数が多く...

記事を読む

キンケイ Golden Pheasant

金鶏の特徴 此の鳥は我が国にも古くから伝わり、徳川時代には繁殖もなされていた事が解っています。 金の鶏と書きますが、鶏とは何等関係はなく、外観も...

記事を読む

キーウィ Kiwis(Apterygidae)

キーウィの生態 キーウィは今ニュージーランドを訪ねても、中々見る事はできません。 此の国の特産なのですが、数が減ってきたばかりでなく...

記事を読む

ヒメウズラ Painted Quail

雉科中最小の鳥ですが、インド、支那南部、アフリカなどに産します。本属には多数の亜種があります。脊面にはオリーブ褐色ですが、蒼灰色、黒色の処があります。 ...

記事を読む

カンムリシャコ Crested Partridge

此れは非常に美しい、また高価な鳥です。マレー半島とボルネオに棲む鳥で、森林地帯におり、昆虫と果実が主食である為、禽舎で飼う場合は蛋白質の高い物を与えます...

記事を読む

イワシャコ Chukar Partridge

此れも種類は沢山ありますが、ウズラと雉の中間の大きさで、中々美しい色彩の鳥です。 ヨーロッパ南東部とアジアの一部に産します。北米へは導入され、...

記事を読む

日本ウズラ Japanese quail

野生ウズラは本州、北海道、樺太、南千島、朝鮮、支那、伊豆七島、四国、九州、奄美大島、琉球、台湾、インドシナ北部、タイ、ビルマ、アッサム等に産するものです...

記事を読む

ウズラの雌雄の見分け方

アメリカウズラは雌雄で外観は似ていますが、然し多くの場合、特徴も現れており、外観で雌雄の判別が出来ます。 アメリカウズラの雌雄の見分け方 ボブホ...

記事を読む

アリゾナ白マダラウズラ Mearns Quail

此れも稀種で高価です。メキシコに多いウズラではありますが、前のツノウズラと並んで、非常に美しい又、愛されるウズラです。 最も色彩に富んだウズラ...

記事を読む

ツノウズラ Mountain Quail

此のウズラが最も高価で、北米のウズラの中で一番大きく美しく立派だと言われています。 頭頂には非常に長い(長さ5~7cm)2本の直立の羽があり、...

記事を読む

ノミ・ダニ駆除剤が6.000円だって

ノミ・ダニ駆除剤は通販が安い 犬に寄生虫(ノミ・ダニ)居るらしくて、両親が犬を連れて朝から動物病院へ行った。 帰宅してノミやシラミ?が居たと...

記事を読む

クリハラウロコウズラ Chestnut Bellied Bluescale

雄は腹部に大きい黒褐色の斑紋があり、此れで雌と区別できます。 胸にウロコ状のアミメの羽が沢山有り、羽冠は大きいのですが短く、羽冠の先が白くなっ...

記事を読む

ボブホワイト Bobwhite Quail

ボブホワイト=コリンウズラとも呼ばれています。此の種には、ブロンド・レッドおよびホワイト・ボブホワイトがおり、此の3種はボブホワイトから突然変異で出現し...

記事を読む

ズアカカンムリウズラ Gambel’s Quail

カンムリウズラと良く似ていますが、頭頂が赤茶であること、雄の胸に黒の大きい斑紋があることが特徴です。また、脇羽も赤茶が強いこともカンムリウズラと違ってい...

記事を読む

ニワトリの疥癬治療

鶏疥癬症に罹っている烏骨鶏の動画~かなりの重症のようで痛そうですね。どこかの展示施設のようですが、床材も糞だらけで隔離治療もせずに展示してい...

記事を読む

カモハクチョウ Coscoroba swan

此のカモハクチョウは上述のハクチョウ類に近縁でありますが、別の1屬1種をなしています。琉球鴨にも近縁です。 嘴は赤色で、脚はピンクですが、全身...

記事を読む

ナキハクチョウ Trumpeter swan

スワンの中で最大のもので、アメリカで絶滅が心配されたのですが、現代ではかなり増加してきているようです。 ナキハクチョウの特徴として、嘴に黄色部...

記事を読む

クロエリハクチョウ Black-necked Swan

小型のハクチョウで、頭部と頸の全部が黒色で他は純白、脚はピンクで尚、嘴の基部には赤色のコブがあり大変色彩的に美しいです。 此のトサカ様のコブは...

記事を読む

ハクチョウ Whistling Swan

(写真はオオハクチョウ) 全身純白で唯一、嘴の黒色の中で眼の前に黄色の斑点がありますが斑点がないこともあります。 最小のハクチョウで、冬期に...

記事を読む

オオハクチョウ Whooper swan

嘴の先は黒ですが、基部から鼻孔まで黄色なものをオオハクチョウといいます。 全身白色ですが、脚は黒く、虹彩は褐色でコブはありません。 ...

記事を読む

コクチョウ Black Swan

頸が非常に長く、全身黒灰色で初列および次列風切り羽が白色で3列風切りは黒色です。 虹彩は赤、嘴は紅色で、コブがなく先端近くで白帯があります。雌...

記事を読む

コブハクチョウ Mute Swan

此れが一番立派で、一番大きく又、世界の動物園や公園などで最もよく飼われて、半家禽状態になっています。 野生のものはヨーロッパ北部と中部におり、...

記事を読む

エジプトガン Egyptian goose

日本の動物園にも良くいる雁で、かなり大きいです。 ツクシガモに近縁で、闘争性が強く鴨とか他の雁類を虐め又殺す事がありますので、此等と同居で飼う...

記事を読む

アンデスガン Andean Goose

チリ、アルゼンチン、南ペルーとボリビアの高所にいる雁で、3,000mの高所に営巣するのですが、冬期には下界に降ります。 人には非常によく馴れて...

記事を読む

マゼランガン Magellan Goose

南米のツクシ雁の一種で体が大きく、美しい立派な雁です。 近年日本に居なかった雁ですが、仲田幸男氏がアメリカの友人から取り寄せ、毎年数羽ずつ繁殖...

記事を読む

自己流の鶏飼育

我が家は鶏都合での飼育 我が家では基本的に庭での放し飼いをしています。寒さに弱いと言われている軍鶏ですが、大雨や雪の日でも外へ放しますがへっちゃらです...

記事を読む

ロウバシガン Cape Barren Goose

1種1屬をなす雁で、雌雄は同形同色でありますが、雌の方が少し小さく又、鳴き声が違います。 体形が大きく全身心地良い灰色で、第三風切り羽と雨覆に...

記事を読む

アオガン Red-breasted goose

カオジロガンより更に小型で、北半球の雁としては珍しく色彩に富み、赤茶色で胸が色どられ又、後頭部側面にも赤茶色の大きい斑紋があります。 嘴と目の...

記事を読む

カオジロガン Barnacle Goose

雁の中で一番美しいと言われているのですが、大正時代に一度日本へ来たことがあります。 この雁は中型の雁で飼うのに広い場所が要りませんし、人に良く...

記事を読む

ハワイガン Hawaiian goose

原住民の言葉でネーネと呼ぶ此の雁は、カナダガンに近縁の鳥でハワイとマウイ島に極く僅か存在するだけです。 ブリーズ氏の報告によりますと、此の鳥も...

記事を読む