オキシプレノロール(Oxprenolol) ~ 抗不整脈薬(β遮断薬)

オキシプレノロールは、家禽のアテローム性動脈硬化症のプラークの発生に対して効果的であることが証明されている抗不整脈薬(ベータ遮断薬)です。 投...

記事を読む

伝染性気管支炎ウイルス(Infectious bronchitis virus) ~ 伝染性気管支炎

伝染性気管支炎ウイルス (IBV) はコロナウイルス科に属する感染性の高い一本鎖エンベロープRNAウイルスです。IBVはニワトリにおいて呼吸器障害及び産...

記事を読む

オメガ脂肪酸(Omega fatty acids) ~ オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、多価不飽和脂肪酸(PUFA)、特にエイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)です。 PUFAは、血小板機...

記事を読む

ガチョウパルボウイルス(Goose parvovirus) ~ 若いガチョウやノバリケンに、Derzsy’s disease(ダルジー病)を引き起こします

ガチョウパルボウイルス (GPV) は若いガチョウやノバリケンに、Derzsy's disease(ダルジー病)を引き起こします。 この病気は...

記事を読む

アヒルアストロウイルス(Duck astrovirus) ~ アヒルウイルス性肝炎(DVH)の原因

アヒルアストロウイルス1(DAstV-1)は、以前はDHV-2として知られていましたが、3種類のウイルスのうちの1つで、アヒルの雛の致死率の高いウイルス...

記事を読む

東部ウマ脳炎ウイルス(Eastern equine encephalitis virus) ~ 散発的に家禽種に影響を及ぼします

東部ウマ脳炎ウイルス (EEEV:イースタン・エクイン・エンセファリティス・ウイルス) は一本鎖プラス鎖RNAウイルスです。 最も一般的には馬...

記事を読む

アヒルサーコウイルス(Duck circovirus)

アヒルサーコウイルス (DuCV) はアヒルに感染する非エンベロープDNAウイルスです。 DuCVは、ドイツ、台湾、中国、ハンガリー、およびニ...

記事を読む

アヒルA型肝炎ウイルス(Duck hepatitis A virus) ~ 生後3週間未満のアヒルでは最大95%の死亡率に達します

アヒルA型肝炎ウイルス(DHAV)1(以前はDHV-1と呼ばれていました)は、アヒルウイルス性肝炎(DVH)を引き起こす3つのウイルスのうちの1つで、若...

記事を読む

ニワトリ前胃壊死ウイルス(Chicken proventricular necrosis virus) ~ 伝染性ウイルス性前胃炎 (TVP) ウイルスとして知られています

ニワトリ前胃壊死ウイルス (CPNV) は、正式には伝染性ウイルス性前胃炎 (TVP) ウイルスとして知られており、ブロイラー及び産卵鶏に見られる疾患で...

記事を読む

アヒルテンブスウイルス(Duck tembusu virus)

アヒルテンブスウイルス(DTMIV)は、フラビウイルス科フラビウイルス属に分類されるプラス鎖RNAウイルスです。 このウイルスは2010年に中...

記事を読む

ノボビオシンナトリウム ~ ノボビオシンの活性スペクトルには、グラム陽性球菌(ブドウ球菌、肺炎球菌、および一部のA群レンサ球菌)が含まれます

ノボビオシンナトリウムはアミノクマリン抗生物質です。ノボビオシンの活性スペクトルには、グラム陽性球菌(ブドウ球菌、肺炎球菌、および一部のA群レンサ球菌)...

記事を読む

ボリコナゾール(Voriconazole) ~ 重篤な真菌感染症の治療に使用されます

ボリコナゾールは、第二世代のアゾール系(トリコナゾール系)抗真菌薬です。進行したカンジダ症やアスペルギルス症などの重篤な真菌感染症の治療に使用されます。...

記事を読む

ビタミンK1(Vitamin K1) ~ 殺鼠剤の毒性が疑われる場合、鳥類に投与すると有益な場合がある

ビタミンK1は、フィロキノン、フィトナジオンとしても知られており、ビタミンKの中でも最も重要な化合物の一つであり、血液の凝固を助け、過剰な出血を防ぐ重要...

記事を読む

バルネムリン(Valnemulin) ~ ニワトリのマイコプラズマ・ガリセプティカム感染症の治療に有効であることが示されています

バルネムリン (Econor) は細菌リボソームのレベルで蛋白質合成の開始を阻害することにより作用するプレウロムチリン抗生物質です。 現在、豚...

記事を読む

チアベンダゾール(Thiabendazole) ~ 内部寄生虫、特に鶏開嘴虫を有する家禽に使用される駆虫剤

チアベンダゾールは、内部寄生虫、具体的には線虫、特に鶏開嘴虫を有する家禽に使用される駆虫剤です。 投与量 回虫(回虫類)の場合、25...

記事を読む

ビタミンE(Vitamin E) ~ 家禽の免疫反応を高めることができます

ビタミンEは脂溶性の主要な抗酸化物質であり、毎日の食餌にビタミンEを補給することで、家禽の免疫反応を高めることができます。 また、リンパ球の増...

記事を読む

ビタミンB複合体(Vitamin B Complex) ~ 斜頸などの神経学的徴候を表しているニワトリに有効

ビタミンB複合体は、すべてのビタミンB群を含む栄養補助食品です。 以下の基準のうち1つ以上を満たす鳥に与えると有益です。 ●孵化したばか...

記事を読む

ビタミンA(Vitamin A) ~ ビタミンA欠乏症の治療に効果があります

ビタミンAは、レチノール、βカロチン、オールトランスレチノールとも呼ばれる脂溶性物質のグループで、構造的にはオールトランスレチノールまたはレチノールと呼...

記事を読む

チルバロシン(アイブロシン) ~ マイコプラズマ・ガリセプチカムによる呼吸器感染症の治療に用いられます

チルバロシン (アイブロシン) はマクロライド系抗生物質です。肺や腸管を侵す細菌によって引き起こされる多くの感染症の治療や予防に用いられます。 ...

記事を読む

タイロシン(タイラン) ~ マイコプラズマ、クラミドフィラ、パスツレラに対して効果的な活性を示します

タイロシンは、エリスロマイシンと同様の作用機序を持つ広域スペクトルのマクロライド系抗生物質です。 タイロシンは、グラム陽性菌(ブドウ球菌、連鎖...

記事を読む

トリメトプリム・スルファメトキサゾール(バクトリム) ~ ほとんどのグラム陰性菌、ブドウ球菌感染症、肺炎および鶏のコクシジウム症に対して優れた活性を有する

トリメトプリム・スルファメトキサゾール (バクトリム) は、ほとんどのグラム陰性菌、ブドウ球菌感染症、肺炎および鶏のコクシジウム症に対して優れた活性を有...

記事を読む

トブラマイシン(Tobramycin) ~ トブラマイシンは緑膿菌感染に対して良く使用されます

トブラマイシンはアミノグリコシド系の広域抗生物質で、尿路感染症、腹膜炎、総排泄腔感染症、心内膜炎、肺炎、菌血症および敗血症、嚢胞性線維症に関連するものを...

記事を読む

スルファキノキサリン(Sulfaquinoxaline) ~ コクシジウム症、急性家禽コレラ、家禽チフスの治療に家禽で使用されます

スルファキノキサリンは、コクシジウム症、パスツレラ・ムルトシダ(Pasteurella Multocida)による急性家禽コレラおよびサルモネラ・ガリナ...

記事を読む

鶏伝染性貧血ウイルス(Chicken infectious anemia virus) ~ 鶏伝染性貧血

鶏伝染性貧血ウイルス(CIAV)は、球状粒子でノンエンベロープの一本鎖ウイルスであり、サーコウイルス科のウイルス属です。 この科には、サーコウ...

記事を読む

トラマドール(Tramadol) ~ 中等度から重度の疼痛の治療に用いられる鎮痛薬

トラマドール塩酸塩 (HCl) は中等度から重度の疼痛の治療に用いられる中枢作用性オピエート鎮痛薬で、鳥類ではあまり研究されていません。 また...

記事を読む