エバンストリパノソーマ ~ 家畜と実験動物に感染しますが、ラクダ、馬、犬、インドゾウは感受性が強い

エバンストリパノソーマ:(Trypanosoma(Trypanozoon)evansi) スーラ病の病原体です。宿主体内の虫体は細長型(15~...

記事を読む

クルーズトリパノソーマ ~ 媒介昆虫のサシガメの腸内にみられる

クルーズトリパノソーマ:(Trypanosoma(Schizotrypanum)cruzi) ヒトのシャーガス病の病原体です。虫体には3型があ...

記事を読む

ブルーストリパノソーマ ~ 馬、ラクダ、めん羊、ヤギ、犬、猫に寄生

ブルーストリパノソーマ:(Trypanosoma(Trypanozoon)brucei) ナガナ病の病原体で、ヒトの睡眠病の病原体であるガンビ...

記事を読む

Trypanosoma(Megatrypanum)theileri ~ 牛およびウシ科の野生動物の血液に寄生

トリパノソーマ・タイレリ:Trypanosoma(Megatrypanum)theileri Stercoraria群に属し、非常に大形(31...

記事を読む

七面鳥六毛虫 ~ 七面鳥、キジ、ウズラ、アヒルの小腸前部に寄生

七面鳥六毛虫:スピロヌクレウス・メレアグリディス(Spironucleus meleagridis) 体は細長く、後部1/5のところで細くなる...

記事を読む

七面鳥トリコモナス ~ 鶉鶏目の鳥類の盲腸、ときに肝臓まれに血液中にみられる

七面鳥トリコモナス:テトラトリコモナス・ガリナルム(Tetratrichomonas gallinarum) 体は洋ナシ状、7~15 x 3~...

記事を読む

ハトトリコモナス ~ 宿主はおもにハト類ですが、ハトを捕食するタカ、ワシのほか、七面鳥、鶏

ハトトリコモナス:トリコモナス・ガリナエ(Trichomonas gallinae) 体は長楕円形ないし洋ナシ状、5~19 x 2~9㎛ ...

記事を読む

ツチハンミョウ中毒(Blister Beetle Toxicity) ~ ハンミョウで汚染された干し草を馬が食べることで発生します

ツチハンミョウ中毒は、つぶれたハンミョウで汚染された干し草を馬が食べることで発生します。これらの甲虫は、カンタリジンと呼ばれる刺激性のある有毒物質を分泌...

記事を読む

胎子トリコモナス ~ 牛、ときに豚、馬、鹿の生殖器系に寄生

胎子トリコモナス:トリトリコモナス・フィータス(牛生殖器トリコモナス:Tritrichomonas foetus) 虫体は紡錘形ないし洋ナシ形...

記事を読む

ヒストモナス ~ 鶏、七面鳥、クジャク、キジ、ホロホロ鳥などの鶉鶏目の鳥類の盲腸と肝臓の組織に寄生

ヒストモナス:ヒストモナス・メレアグリディス(Histomonas meleagridis)、鞭毛虫類のトリコモナス類に属します。 虫体は形態...

記事を読む

大腸アメーバ ~ ヒトの大腸に寄生しますが、組織内には侵入しない

大腸アメーバ:エントアメーバ・コリ(Entamoeba coli)、ヒトの大腸(おもに結腸)にふつうにみられます。熟練しないと赤痢アメーバと間違えやすい...

記事を読む

赤痢アメーバ ~ 寄生部位は大腸(回盲弁から直腸まで)ですが、他の器官、特に肝臓に寄生

赤痢アメーバ:エントアメーバ・ヒストリティカ(Entamoeba histolytica)、内アメーバ科に属し、生活環の中で3つの型(栄養型、前シスト、...

記事を読む

Entamoeba hartmanni ~ 寄生部位はヒトの大腸ですが、組織侵入性はないと思われます

Entamoeba hartmanni(エントアメーバ・ハルトマニ)、赤痢アメーバに似ていますが、さらに小形です。 栄養型は直径5~14㎛で、...

記事を読む

Dipetalonema reconditum(糸状虫) ~ 犬、ジャッカル、ハイエナなどの皮下織、筋間結合織、特に腎臓周囲脂肪組織に寄生

Dipetalonema reconditum:(ディペタロネーマ・リコンディトゥム)Dipetalonema属の雌雄の尾端には2個の突起が側方に突出し...

記事を読む

犬糸状虫 ~ 宿主はおもに食肉目の哺乳類、特にイヌ科動物

犬糸状虫:ディロフィラリア・イミティス(Dirofilaria immitis)、雄12~18(平均17.2)cm、雌25~30(平均27.8)cm、乳...

記事を読む

キツネ肺虫 ~ 犬、キツネ、オオカミ、アナグマ、クズリ、猫などの気管支、細気管支に寄生

キツネ肺虫:クレノソーマ・ブルピス(Crenosoma vulpis)、雄3~8mm、雌12~16mm 虫体は白色で細い。体前部の表面に著明な...

記事を読む

非定型筋症(Atypical Myopathy) ~ 初期には嗜眠、食欲不振などの症状が見られる

季節性牧草由来筋症(SPM)としても知られる非定型筋症(AM)は、シカモアの種子、和名はスズカケノキまたはシカモアの実生を食べることによって引き起こされ...

記事を読む

広東住血線虫 ~ ヒトに感染すると好酸球性髄膜炎の原因となります

広東住血線虫:アンギオストロンギルス属種(Angiostrongylus cantonensis)、雄19~23mm、雌26~40mm 虫体は...

記事を読む

犬肺虫 ~ 犬の肺実質に寄生し、小結節を形成します

犬肺虫:フィラロイデス・ヒルティ(Filaroides hirthi)、雄2~4mm、雌6~13mm、雄の交接嚢は退化します。 子宮内卵は80...

記事を読む

猫肺虫 ~ 猫の細気管支末部か肺胞に寄生し、ときには肺動脈にもみられる

猫肺虫:エルロストロンジラス・アブストラサス(Aelurostrongylus abstrusus)、雄4~5mm、雌9~10mm 体は非常に...

記事を読む

毛細肺虫 ~ めん羊、ヤギ、鹿の末梢の細気管支、肺胞、肺実質に寄生

毛細肺虫:ムエレリウス属種(Muellerius capillaris)、雄12~14mm、雌19~23mm、小形できわめて細い。雄の交接嚢は著しく退化...

記事を読む

赤色肺虫 ~ めん羊、ヤギ、鹿、ウサギの気管支、細気管支に寄生

赤色肺虫:プロトストロンギルス属(Protostrongylus rufescens)、雄1~3cm、雌2~4cm 虫体は赤色で、特に雄は非常...

記事を読む

豚肺虫 ~ 豚、イノシシ、まれに牛、ヤギ、犬、ヒトの気管支、細気管支に寄生

豚肺虫:メタストロンギルス・アプリー(Metastrongylus apri)、白色糸状(雄はやや褐色)の線虫で、雄1~3cm、雌2~6cm、雄の交接嚢...

記事を読む

馬肺虫 ~ 馬、ロバ、シマウマの気管支、細気管支に寄生

馬肺虫:ディクティオカウルス属種(Dictyocaulus arnfieldi)、雄2~4cm、雌4~8cm 虫卵は80~100 x 50~6...

記事を読む

糸状肺虫 ~ めん羊、ヤギなどの気管、気管支、細気管支に寄生

糸状肺虫:ディクティオカウルス・フィラリア(Dictyocaulus filaria)、雄3~8cm、雌5~10cm 虫体は乳白色で腸管が黒い...

記事を読む

抗凝固剤系殺鼠剤の毒性(Anticoagulant Rodenticide Toxicity)

抗凝固剤系殺鼠剤の毒性は、抗凝固剤系殺鼠剤の摂取、または馬の舟状骨疾患の管理によく使用されるワルファリンの過剰摂取によって起こります。 大きく...

記事を読む

牛肺虫 ~ 牛、水牛、トナカイの気管、気管支、細気管支に寄生

牛肺虫:ディクティオカウルス・ビビパルス(Dictyocaulus viviparus)、虫体は白色糸状、雄4~6cm、雌6~8cm 虫卵は8...

記事を読む

牛捻転胃虫 ~ 牛、水牛、まれにめん羊、ヤギの第四胃に寄生

牛捻転胃虫:メチストチルス・ディギィタータス(Mecistocirrus digitatus)雄25~31mm、雌30~45mm、毛様線虫科の中では大形...

記事を読む

Ostertagia trifurcata ~ めん羊、ヤギの第四胃に寄生しますが、牛には稀です

Ostertagia trifurcata(オステルタギア属)、前種に類似し、雌では両種を区別できない。 雄6~7mm、雌9~13mm、虫卵は...

記事を読む

Ostertagia circumcincta ~ めん羊、ヤギの第四胃に寄生

Ostertagia circumcincta(オステルタギア属)、雄7~9mm、雌9~13mm 虫卵は85~103 x 44~56㎛ ...

記事を読む

オステルターグ胃虫 ~ 牛、まれにめん羊の第四胃(特に幽門に近い部位)に寄生

オステルターグ胃虫:オステルタギア・オステルタギー(Ostertagia ostertagi)、赤褐色の小形で細い線虫です。 雄6~7mm、雌...

記事を読む

胃毛様線虫 ~ 牛、めん羊、ヤギなどの反芻獣の第四胃および馬、豚などの胃と小腸上部に寄生

胃毛様線虫:トリコストロンギルス・アキセイ(Trichostrongylus axei)、雄2~4mm、雌3~5mm 虫卵は85~92 x 3...

記事を読む

捻転胃虫 ~ めん羊、ヤギ、牛などの反芻獣の第四胃に寄生

捻転胃虫:ヘモンクス、コントルツス(Haemonchus contortus)、Haemonchus属の線虫は中形で、頸部乳頭が著明で、雄の交接嚢はおお...

記事を読む

紅色毛様線虫 ~ 豚の胃、特に胃底腺部に多い

紅色毛様線虫:ヒオストロンギルス・ルビダス(Hyostrongylus rubidus)、雄4~6mm、雌5~8mm、新鮮な虫体は赤色を帯びる。 ...

記事を読む

側頭舌骨変形性関節症(Temporohyoid Osteoarthropathy) ~ 原因は内耳や中耳の血行性の感染だと考えられています

中耳炎としても知られる側頭舌骨変形性関節症(THO)は、中耳および側頭舌骨関節の進行性疾患であり、茎突舌骨および斜体側頭骨を侵します。 THO...

記事を読む

細頸毛様線虫 ~ めん羊、ヤギのほか牛の小腸に寄生

細頸毛様線虫:ネマトジルス・フィリコリス(Nematodirus filicolis)、Nematodirus属の種は比較的大形で、体前部が細い。生時に...

記事を読む

Cooperia punctata ~ おもに牛の小腸に寄生

Cooperia punctata、雄4~6mm、雌5~8mm 虫卵は72~81 x 29~34㎛ おもに牛の小腸に寄生し、世界各地...

記事を読む