出血性紫斑病(Purpura Hemorrhagica) ~ 浮腫および斑状出血をともなう壊死性脈管炎を起こす疾患

出血性紫斑病(PH)は、馬の重篤な免疫疾患であり、生命を脅かす合併症を発症します。 PHは、過去に腺疫(strangles:ストラングル)にか...

記事を読む

黒色ミノルカ・アンダルシャン・コーチン

●黒色ミノルカ(Black Minorca) 地中海ミノルカ島原産の卵用種。改良はアメリカとイギリスで行われました。 黒色ミノル...

記事を読む

落葉状天疱瘡(Pemphigus Foliaceus) ~ 表皮表層部の剥離により皮膚にびらんが形成される自己免疫性水疱性疾患

落葉状天疱瘡(PF)は、剥離性皮膚炎を特徴とする自己免疫性の水疱性皮膚疾患です。この疾患は、自己抗体が馬の上皮細胞の細胞膜に反発するII型過敏症の結果で...

記事を読む

馬の白血病(Leukemia) ~ 血液の癌

白血病は骨髄増殖性疾患の一種であり、馬にはまれにしか発生しないと考えられています。 これは、循環血中に腫瘍性造血細胞が存在することを特徴とし、...

記事を読む

馬ピロプラズマ病(Equine Piroplasmosis) ~ 2種類の住血原虫の感染によって起こる貧血と黄疸を特徴とする病気

馬ピロプラズマ病(EP)は、馬をはじめとする馬科動物のダニを媒介とした感染症であり、非伝染性です。 EPは、Babesia caballi(バ...

記事を読む

馬のリンパ腫(Equine Lymphoma) ~ 馬のリンパ系に関わる癌の一種

馬のリンパ腫は、リンパ肉腫としても知られており、馬のリンパ系に関わる癌の一種です。多くの場合、1つのリンパ節で発症しますが、最終的には全身に広がります。...

記事を読む

馬伝染性貧血(Equine Infectious Anemia (EIA)) ~ ウマやロバなどウマ属に特有の伝染病で伝貧(でんぴん)ともいわれます

馬伝染性貧血(EIA)は、世界中の馬やその他のウマ科の動物(ロバやラバなど)が罹患する致死性のウイルス性疾患です。 この病気は、レトロウイルス...

記事を読む

馬水疱性類天疱瘡(Equine Bullous Pemphigoid) ~ 皮膚基底膜層に対する抗体生成によって小水疱性および潰瘍性皮膚病巣を生じる自己免疫性疾患

馬水疱性類天疱瘡 (EBP) はヘミデスモソーム蛋白質である水疱性類天疱瘡抗原1と2を標的とするIgGを介した自己免疫性疾患であり、馬の顔の皮膚に大きく...

記事を読む

慢性進行性リンパ浮腫(Chronic Progressive Lymphedema) ~ 遠位肢に進行性の腫脹、角質増殖、線維化症などを生じる疾患

慢性進行性リンパ浮腫 (CPL) は馬の下肢のリンパ系に影響を及ぼす消耗性疾患です。 最も一般的に影響を受けるのは、シャイアー、ベルジアン、フ...

記事を読む

我が家の鶏やカモさんの必須品

我が家の消毒液はずっと前からこれです。ニワトリやカモの切り傷や擦り傷の応急処置に使用しています。 この消毒液はオキシドールと違って刺激がな...

記事を読む

馬の白線病(White Line Disease) ~ 蹄に構造的な障害を与える疾病

白線病(WLD)とは、馬の足の白線における蹄壁と足底が分離することで、原因は角質溶解性真菌です。白線は馬の蹄の壁と蹄底の角をつなぐもので、馬のWLDの発...

記事を読む

蹄叉腐爛(Thrush) ~ 蹄叉の感染および壊死を起こす疾患

蹄叉腐爛は、馬の蹄(特に蹄叉)によく見られる細菌感染症です。 この感染症を引き起こす細菌、フソバクテリウム・ネクロフォーラム:(Fusobac...

記事を読む

側副軟骨骨化症(Sidebone) ~ 蹄骨の側副軟骨が石灰化から骨化を起こす疾患

側副軟骨骨化症とは、蹄骨の側副軟骨が石灰化から骨化を起こす疾患です。 この疾患は、ヘビードラフト種、コブ種、アイスランド種、および足のバランス...

記事を読む

挙踵(Sheared Heels) ~ 蹄踵の蹄冠部が上方に隆起したものを指し破行や裂蹄の原因となったりします

挙踵(きょしょう)とは、馬のかかと(多くの場合、内側のかかと)が他のかかとよりも直立して短くなり、他のかかとよりも先に地面を叩くことをいいます。 ...

記事を読む

セレンの毒性(Selenium Toxicity) ~ セレンは馬にとって不可欠ですがセレンが多すぎると有毒になることがある

セレンは馬にとって不可欠ですが、セレンが多すぎると有毒になることがあります。 セレンは土壌中に自然に存在し、その濃度は地域によって異なります。...

記事を読む

繋骨瘤(Ringbone) ~ 馬の変性関節疾患の一つ

繋骨瘤とは、馬の変性関節疾患の一つで、近位指骨間関節(冠関節)または遠位指骨間関節(蹄関節)が侵されるものです。 繋骨瘤の原因は、骨軟骨症、肢...

記事を読む

側副軟骨壊死症(Quittor) ~ 蹄骨の側副軟骨が壊死を起こす疾患

側副軟骨壊死症は、蹄骨の側副軟骨の壊死と感染です。 側副軟骨壊死症は、蹄冠またはその直上の領域に慢性的な化膿性(時には断続的)の分泌物があるこ...

記事を読む

蹄骨炎(Pedal Osteitis) ~ 炎症によって蹄骨の脱灰が進行する疾患

蹄骨炎とは、蹄骨の炎症のことです。 また、それに起因する脱灰が進行する疾患であり、例えば蹄葉炎の既往のある馬、角壁腫、外科的インプラント、慢性...

記事を読む

舟状骨症候群(Navicular Syndrome) ~ 慢性進行性の蹄踵疼痛を生じる疾患

舟状骨症候群は、舟状骨疾患としても知られており、馬の蹄に影響を与える慢性的でしばしば進行性の疾患過程です。 具体的には、舟状骨(Navicul...

記事を読む

ネイルバインド(Nail Bind) ~ 蹄釘が馬の足の敏感な層に近すぎる状態を表すために使用される用語

ネイルバインドとは、蹄釘が馬の足の敏感な層に近すぎる状態を表すために使用される用語です。軽症例では、感受性の高い組織を圧迫すると軽度の疼痛および跛行が生...

記事を読む

蹄葉炎(Laminitis) ~ 蹄の内部の血液の循環が阻害されて蹄の内部に炎症および痛みが起こります

蹄葉炎は深刻な救急疾患であり、馬の死因としては疝痛に次いで2番目に多いものです。年齢、大きさ、品種、ケアのレベル、使用状況に関わらず、すべての馬が蹄葉炎...

記事を読む

角壁腫(Keratoma) ~ 蹄壁組織に円柱状の肥厚を生じる疾患

角壁腫は、馬の足の内側にできる蹄の良性腫瘍です。 通常は蹄冠の下、蹄壁と第3指骨の間のケラチン含有組織に由来します。病巣が深部に達した症例では...

記事を読む

裂蹄(Hoof Cracks) ~ 馬の蹄には様々な種類の亀裂が発生することがあります

馬の蹄には様々な種類の亀裂が発生することがあります。 蹄壁の亀裂の具体的な種類は、長さ(完全裂蹄または不完全裂蹄)、深さ(浅裂蹄または深裂蹄)...

記事を読む

蹄血班(Corn) ~ 軽度から中等度の前肢の跛行

蹄血班とは、馬の肢にできる打撲傷のことで、特に馬の足裏のバットレス部分(蹄壁と蹄支の間の角度)にできます。 この場所は一般的に「蹄支角」と呼ば...

記事を読む

蹄踵収縮(Contracted Heels) ~ 長期間の馬房休養、不十分な運動、過度の湿気、蹄と踵の不均衡な負荷バランス、不適切な装蹄

蹄踵収縮は、肢の内側と外側の臀部が通常よりも狭くなり、蹄が萎縮する可能性がある状態です。通常は前肢に発生しますが、馬の後肢にも発生することがあります。 ...

記事を読む

蹄癌(Canker) ~ 湿った不衛生な環境で生活する荷馬や輓馬に関連する慢性的な蹄の感染症

蹄癌は、増殖性足皮膚炎の一般的な名称であり、湿った不衛生な環境で生活する荷馬や輓馬に関連する慢性的な蹄の感染症です。 しかし最近では、衛生管理...

記事を読む

鼻曲がり(Wry Nose) ~ 変形の程度によっては運動能力の予後が悪くなることがあります

鼻曲がりは、馬の先天性骨格奇形です。 この奇形は、軽度のものから重度のものまで様々で、馬は上顎と鼻が偏位したり、片側に向いたりします。また、鼻...

記事を読む

ウォブラー症候群(Wobblers Syndrome) ~ 頚椎管の狭窄による脊髄圧迫に起因して神経症状を呈する疾患

ウォブラー症候群は、馬の神経疾患で、脊髄が圧迫されて四肢の運動失調を起こす病気です。 脊髄が圧迫され、四肢の運動失調をきたすこの病気には、14...

記事を読む

子馬病(Sleepy Foal Disease) ~ 細菌感染によって引き起こされる、急性で致命的な症状

子馬病は、子宮内、出産中、または生後間もない子馬の細菌感染によって引き起こされる、急性で致命的な症状です。 症状 ●筋力低下 ...

記事を読む

離断性骨軟骨炎(Osteochondritis Dissecans (OCD)) ~ 1つまたは複数の関節内で、病変した軟骨が下の骨から分離している状態

離断性骨軟骨炎(OCD)は、発育期整形外科的疾患(DOD)の一種であり、1つまたは複数の関節内で、病変した軟骨が下の骨から分離している状態です。 ...

記事を読む