ネコツメダニ ~ 猫に寄生

ネコツメダニ(Cheyletiella blakei)、イヌツメダニとの形態学的な差は僅少で、3種のツメダニの鑑別は雌の後胴体部前に存在する1対の小板の...

記事を読む

ウサギツメダニ ~ 宿主はウサギ

ウサギツメダニ(Cheyletiella parasitivorax)、形態学的にイヌツメダニと鑑別困難で、イヌツメダニやネコツメダニが別種として記載さ...

記事を読む

イヌツメダニ ~ 犬に寄生して世界各地に広く分布

イヌツメダニ(Cheyletiella yasguri)、色は淡黄褐色で類楕円形 雄は0.520 x 0.392mm、雌は0.395 x 0....

記事を読む

トリサシダニ ~ 家禽や野鳥に寄生し、肛門付近や頭部に特に多い

トリサシダニ(Ornithonyssus sylviarum)、ワクモに似ていますが、小さく、雄は0.45~0.46 x 0.24~0.25mm、雌は0...

記事を読む

ワクモ ~ 鶏のほか鳩などにみられ、全身に寄生、またヒトを刺すこともある

ワクモ(Dermanyssus gallinae)、胴部は卵円形、雄0.65 x 0.35mm、雌0.70~1.0 x 0.05~0.65mm ...

記事を読む

タカサゴキララマダニ ~ 成虫は馬のほか大形の野生動物やヒトに寄生

タカサゴキララマダニ(Amblyomma testudinarium)、眼と花彩があり、触肢は棒状でながく、大形(雄5.5 x 5.0、雌5.5~20....

記事を読む

ヤマトマダニ ~ 幼虫・若虫は野生の小哺乳類に、成虫は大・中形の哺乳類などに寄生

ヤマトマダニ(Ixodes ovatus)、Ixodes属の特徴は眼と花彩、色斑がなく、触肢が円筒状で、雌では雄よりも長いことです。 本種は体...

記事を読む

キチマダニ ~ 家畜をはじめ各種の野生動物に寄生

キチマダニ(Haemaphysalis flava)、体色は黄色、眼はなく花彩があります。 雄は2.4 x 1.5mm、雌2.9 x 1.8m...

記事を読む

ウスユキナズナ(ホーリー・アリソン)の毒性(Hoary alyssum toxicity) ~ 蹄葉炎を引き起こす可能性があります

ウスユキナズナ(ホーリー・アリソン)(ベルテロア・インカナ:Berteroa incana) は、馬が摂取すると有毒です。 ウスユキナズナは肢...

記事を読む

フタトゲチマダニ ~ 牛のピロプラズマの媒介ダニとして特に重要

フタトゲチマダニ(Haemaphysalis longicornis)、Haemaphysalis属のマダニは色が黄褐色ないし茶褐色、眼はなく、花彩をも...

記事を読む

クリイロコイタマダニ ~ 犬、その他の家畜に寄生し、ピロプラズマなどを媒介

クリイロコイタマダニ(Rhipicephalus sanguineus)、体は栗色、眼と花彩があります。 雌の眼は背板側縁の中央か、やや後方に...

記事を読む

オウシマダニ ~ 牛のピロプラズマの媒介として重要

オウシマダニ(Boophilus microplus)、体は黄褐色、小判形で眼がありますが花彩はありません。 雄の背甲は1.7 x 1.2mm...

記事を読む

≪その他の哺乳類≫Babesia perroncitoi ~ 分布は狭く、スーダンとサルジニア

Babesia perroncitoi、小形のバベシアで虫体は大部分が径0.7~2.0㎛の環状 分布は狭く、スーダンとサルジニアがあります。 ...

記事を読む

≪その他の哺乳類≫豚バベシア ~ 豚に病原性が強い

豚バベシア(Babesia trautmanni)、大形のバベシア、虫体は多形、同一赤血球内に多数の虫体が寄生します。ロシア、南ヨーロッパ、アフリカに分...

記事を読む

≪犬・猫≫ギブソン犬バベシア ~ 犬、キツネ、オオカミ、ジャッカル、マングース、イタチアナグマに寄生

ギブソン犬バベシア(Babesia gibsoni)、小形のバベシアで赤血球内虫体は多形で、対をなす特徴的な洋なし状の虫体がみられることは少なく、円形の...

記事を読む

≪犬・猫≫犬バベシア ~ 犬のほかオオカミ、ジャッカルに寄生

犬バベシア(Babesia canis)、大形のバベシアで、洋なし状の虫体は5 x 2.5~3.0㎛、アメーバ状虫体は径2.0~4.0㎛ 同一...

記事を読む

≪馬≫大形馬バベシア ~ 馬のほかラバ、ロバにも感染します

大形馬バベシア(Babesia caballi)、大形のバベシアで、赤血球内虫体は洋なし状(2.15~4.0 x 2.0㎛)と円形、アメーバ状です。 ...

記事を読む

≪馬≫小形馬バベシア ~ 馬のほかラバ、ロバ、シマウマにも寄生

小形馬バベシア(Babesia equi)、小形のバベシアで、赤血球内の虫体は円形、その直径は平均1.69㎛ 洋なし状の単一虫体は大きさ1.8...

記事を読む

フォックステイル(Foxtails) ~ 馬の口腔にダメージを与える鋭い穂状花序を持つ植物群

フォックステイルグラス(エノコログサ)は、食べると馬の口腔にダメージを与える鋭い穂状花序を持つ植物群からなります。最も頻繁に観察される種は以下の通りです...

記事を読む

≪めん羊・山羊≫Theileria ovis ~ 病原性は弱いといわれている

Theileria ovis、めん羊と山羊に寄生し、シゾントはほとんどみられません。赤血球内虫体は多形で、T.hirciと区別できない。 病原...

記事を読む

≪めん羊・山羊≫Theileria hirci ~ 移入動物には病原性が強い

Theileria hirci、めん羊と山羊に寄生し、有熱期にシゾントがみられ、急性例では赤血球に多数の多形の虫体がみられます。 移入動物には...

記事を読む

≪めん羊・山羊≫羊バベシア ~ 虫体の多くは円形で赤血球の周縁部に寄生

羊バベシア(Babesia ovis)、小形のバベシア原虫で、長さ1~2.5㎛、虫体の多くは円形で赤血球の周縁部に寄生します。 洋なし状の虫体...

記事を読む

≪めん羊・山羊≫Babesia motasi ~ めん羊と山羊に感染性のある株と、めん羊だけに感染するものとがある

Babesia motasi、(赤血球には単一ないし対をなす洋なし状の虫体(2.5~4.0 x 2.0㎛)がみられ、B.bi-geminaに似た大形のバ...

記事を読む

≪牛≫大型ピロプラズマ ~ 本種は本邦の牛にだけ認められ、沖縄を除く日本各地に分布

大型ピロプラズマ(Babesia ovata)、本種は、B.bigemingに酷似していて、本邦で従来、牛の大型ピロプラズマと呼ばれていたものです。 ...

記事を読む

≪牛≫多型バベシア ~ 牛のほか、稀にヒトに寄生します

多型バベシア(Babesia divergens)、小形のBebesia属原虫で、形態学的にB.bovisに似ていますが、洋ナシ状虫体はこれよりすこし小...

記事を読む

≪牛≫Babesia major ~ 牛の赤血球の中央部に寄生

バベシア属種(Babesia major)、大形のバベシア原虫で、B.bigeminaよりやや小さい。対をなす洋なし状虫体は2.6 x 1.5㎛(地域に...

記事を読む

≪牛≫小型ピロプラズマ ~ 本邦では沖縄を除く各地に分布

小型ピロプラズマ(Theileria sergenti)、赤血球内の虫体は、急性期には桿菌状、コンマ状、柳葉状など細胞質の少ないものがおおいのですが、慢...

記事を読む

馬の羊膜炎と胎仔死亡(Equine Amnionitis And Fetal Loss) ~ 行列毛虫(Ochrogaster lunifer)の毛への暴露に関連しています

馬の羊膜炎と胎仔死亡(EAFL)は、オーストラリアに生息する妊娠中期から後期の雌馬に発生する異常な形態の流産です。これは、行列毛虫(Ochrogaste...

記事を読む

≪牛≫牛バベシア ~ 宿主は牛のほか、ノロジカ、アカジカなどで、その赤血球に寄生

牛バベシア(Babesia bovis)、小形のバベシアで赤血球内の洋ナシ状虫体は約2.0 x 1.5㎛、その他に円形、不整形の虫体もみられます。 ...

記事を読む

≪牛≫フタゴバベシア ~ 宿主は牛のほかに、こぶ牛、水牛、ヤク、鹿で赤血球に寄生

フタゴバベシア(Babesia bigemina)、洋ナシ状の虫体はおおきさ4~5 x 2~3㎛で、ほかに円形、卵円形、不整形の虫体などがみられます。 ...

記事を読む

鶏ロイコチトゾーン ~ 媒介昆虫はニワトリヌカカ

鶏ロイコチトゾーン(Leucocytozoon(Akiba)caulleryi)、赤芽球に寄生するガメトサイト(配偶子母細胞)はメロゾイトと同大の1.7...

記事を読む

≪鶏マラリア≫Plasmodium juxtanucleare ~ 赤血球および網内系細胞に寄生

プラスモジウム属種(Plasmodium juxtanucleare)、虫体は赤血球の核に密着して寄生していることがおおい 虫体は小形で細胞質...

記事を読む

≪鶏マラリア≫プラスモジウム・ガリナセウム ~ 鶏寄生種は鶏の他にガチョウ、キジ、クジャクにも寄生し、赤血球のほか綱内系細胞にも寄生

プラスモジウム・ガリナセウム(Plasmodium gallinaceum)、マラリア原虫は赤血球内で無性的および有性的に生殖を行うほか、赤血球以外の細...

記事を読む

めん羊肉胞子虫 ~ 終宿主は犬、コヨーテ、アカギツネで小腸上部1/3の絨毛先端部の上皮下組織に寄生

めん羊肉胞子虫(Sarcocystis tenella)、スポロシストは楕円形で13~16 x 8~11(平均14.5 x 9.5)㎛、壁は平滑で無色な...

記事を読む

サルコシスティス・ミシェリアナ ~ 終宿主は犬のほかオオカミ、アカギツネで、その小腸絨毛の上皮下組織に寄生

サルコシスティス・ミシェリアナ(Sarcocystis miescheriana)、オーシストの形態はS.cruziのものと同様、スポロシストも13~1...

記事を読む

馬肉胞子虫 ~ 終宿主は犬で、小腸の絨毛の上皮下組織に寄生

馬肉胞子虫(Sarcocystis bertrami)、スポロシストは15~16 x 9~11(平均15 x 10)㎛ サルコシストは12 x...

記事を読む

シアン化物毒性(Cyanide Toxicity) ~ サクランボ、すもも、桃、アンズの種を馬に与えてはいけません

シアン化物毒性は、モロコシ、スーダングラス、トウモロコシなどのシアン化飼料植物が多数存在するため、馬で比較的よくみられます。 これらの植物に含...

記事を読む