第四胃の疾患(diseases of the abomasum) ~ 第四胃右方変位および捻転(right displacement and torsion of the abomasum)

第四胃右方変位および捻転 左方変位と同様、主として乳牛に発生するが、左方変位にくらべると肉用牛や子牛における発生がかならずしも珍しくない。 ...

記事を読む

第四胃の疾患(diseases of the abomasum) ~ 第四胃左方変位

第四胃の疾患には、食滞、拡張、左方変位、右方変位、捻転、潰瘍、胃炎などがあり、また消化不良やアトニーの状態となることもあるが、これらの相互関係、発病機序...

記事を読む

第三胃の疾患(diseases of the omasum) ~ 第三胃食滞・第三胃アトニー・第三胃炎・第三胃機能障害

第三胃は、ほぼ右側第Ⅸ肋骨間付近の深部にあって、臨床的にはきわめて診断しにくい。しかも第一、二胃と第四胃の間に介在して、狭隘な第三胃管でそれらとつながっ...

記事を読む

第一胃鼓脹症(ruminal tympany or bloat)

第一胃鼓脹症 正常な第一胃でも、その内腔の上部にはガスが存在していますが、これは噯気によって、体外に排出され、異常に貯留することはない。 ...

記事を読む

迷走神経性消化不良(vagus indigestion)

迷走神経性消化不良 この疾患は、第二胃と第三胃の間、または第四胃の出口の機能障害が原因でおこる食塊の通過障害が特徴で、前者は機能的前方胃狭窄a...

記事を読む

第一胃および第二胃の疾患 ~ 非創傷性第一胃炎および第二胃炎・第一胃食滞

非創傷性第一胃炎および第二胃炎(nontraumatic ruminitis and reticulitis) 伝染病、中毒、食滞などの際に第...

記事を読む

第一胃および第二胃の疾患 ~ 急性限局性腹膜炎

急性限局性腹膜炎 他の種々の疾患との鑑別を必要とすることが多い。消化不良、急性食滞、ケトージスとの区別は、腹膜炎の場合には発熱、腹部の限局性の...

記事を読む

第一胃および第二胃の疾患 ~ 第二胃炎・急性限局性腹膜炎・急性び慢性腹膜炎・慢性腹膜炎

第二胃炎 異物が単に第二胃内に存在して、第二胃粘膜を刺激しているか、粘膜(ひだ)に浅く穿刺している場合には、消化不良など、通常の胃炎の症状が現...

記事を読む

第一胃および第二胃の疾患 ~ 創傷性第二胃腹膜炎

創傷性第二胃腹膜炎(traumatic reticuloperitonitis) 原因と発生:牛は金属性の異物(釘、針金、針など)を餌とともに...

記事を読む

反芻胃の疾患 ~ 検査法

反芻獣の胃は第一胃(瘤胃)rumen、第二胃(蜂巣胃)reticulum、第三胃(葉状胃)omasumおよび第四胃(皺胃)abomasumの4つの嚢に分...

記事を読む

胃の疾患 ~ 胃潰瘍・幽門狭窄

胃潰瘍(gastric ulcer) 原因:馬では伝染病、寄生虫(胃虫、馬バエの幼虫など)などによって、胃粘膜に潰瘍を生じ、時には穿孔がおこる...

記事を読む

胃の疾患 ~ 胃拡張・胃捻転症候群(胃捻転)

胃拡張・胃捻転症候群(gastric dilatation-torsion(volvulus)syndrome) 胃の膨満を特徴とし、処置が遅...

記事を読む

胃の疾患 ~ 胃食滞および胃拡張・胃内の異物

胃食滞および胃拡張(gastric impaction and dilatation) 過食した時、または胃内容の十二指腸への後送が妨げられる...

記事を読む

胃の疾患 ~ 単胃の疾患・検査法

採食・嚥下された飼料は、噴門口ostium cardiacumを経て胃に達し、唾液や胃液と攪拌混合されてある程度消化が進み、幽門口ostium pylo...

記事を読む

食道の疾患 ~ 特発性巨大食道症・後天性食道アカラジア(食道無弛緩症)

特発性巨大食道症(Idiopathic Megaesophagus(IME) 離乳直後あるいはそれ以前の子犬にみられる食道の神経筋疾患の一つで...

記事を読む

食道の疾患 ~ 食道拡張および食道憩室・食道破裂

食道拡張および食道憩室(Dilatation and Diverticulum of the Oesophagus) 食道の全周にわたって拡大...

記事を読む

食道の疾患 ~ 食道狭窄(Stricture of the Oesophagus)

外傷性食道狭窄(traumatic stricture) 原因:食道内性の狭窄は損傷後の粘膜の重度の炎症ならびにそれに付随する瘢痕収縮により生...

記事を読む

食道の疾患 ~ 検査法・食道内異物および食道梗塞

食道は頸部、胸部、腹部の3部に大別され、馬では全長125~150cm、牛では90~105cmです。当初は気管の背面を走るが、頸の下部では左側に出て、外部からもそ...

記事を読む

リンパ系の疾患 ~ リンパ節炎

リンパ節炎(lymphadenitis) 動物体に病原菌や毒素が侵入するときは、血行あるいはリンパ行を介して随所にリンパ節を侵して、リンパ節炎...

記事を読む

リンパ系の疾患 ~ 解剖と生理・リンパ管炎

リンパ(lymph) リンパは血液の液体成分が毛細管壁を通過して、組織間隙に滲漏したもので、組織細胞の物質代謝を媒介している。すなわち、リンパ...

記事を読む

血管の疾患 ~ 動脈瘤・動脈撮影

動脈瘤(aneurysm) 動脈瘤には外傷性動脈瘤traumatic aneurysmと病的動脈瘤pathologic aneurysmの二つ...

記事を読む

血管の疾患 ~ 静脈炎・静脈瘤

静脈炎(phlebitis) 家畜に多発する静脈炎には、外傷性静脈炎・化学的静脈炎・化膿性静脈炎などがあります。静脈壁の損傷、炎症、変性などの...

記事を読む

血管の疾患 ~ 血栓症および塞栓症

血栓症(血塞)thrombosis 血栓症とは、動物体の血管系統内で血液が凝固し、血管腔狭窄または閉塞を生ずる場合をいい、この凝固したものを血...

記事を読む

血管の疾患 ~ 解剖と生理・血管の損傷

解剖と生理 動脈(artery):内膜は内皮と内皮下層および内弾性板からなり、中膜では輪走筋が厚く発達しています。外膜は中膜をかこむ線維性結合...

記事を読む

後天性心疾患 ~ 馬の心疾患

馬の心疾患(heart diseases of the horses) 馬は、競走馬、乗馬、輓馬、農耕馬などその用役が異なっても、常に労働が要...

記事を読む

後天性心疾患 ~ 豚の心内膜炎・牛の創傷性心膜炎

豚の心内膜炎(pericarditis of the swine) 豚に見られる心内膜炎は、一般に疣状心内膜といわれ、病原菌によって心内膜に表...

記事を読む

後天性心疾患 ~ 犬糸状虫症

犬糸状虫症(canine filariasis) 本症は、犬糸状虫Dirofilaria immitisが、犬の心臓や、肺動脈に多数寄生して循...

記事を読む

後天性心疾患 ~ 犬の心臓弁膜の疾患

犬の心臓弁膜の疾患(acquired heart diseases) 家畜の後天性心疾患については、各種動物でかなりの発生をみていますが、ここ...

記事を読む

心臓の疾患 ~ 先天性心疾患

先天性心疾患(congenital heart diseases) 家畜における先天性心疾患は、各種動物にみられますが、犬および猫以外のもので...

記事を読む

心臓の疾患 ~ 心疾患の主な検査

心疾患の主な検査 (ⅰ)血液循環時間blood circulation timeの測定:犬でエーテル法がしばしば用いられる。エーテル0.1ml...

記事を読む

心臓の疾患 ~ 検査法

検査法 心疾患を診断するために、次のような検査法を用います。 病歴の把握:心疾患は、どの家畜においても発見されますが、診療にあたって...

記事を読む

横隔膜の疾患 ~ 先天性横隔膜ヘルニア・横隔膜破裂

先天性横隔膜ヘルニア(congenital hernia of the diaphragm) 胎生期における発生上の横隔膜の欠損にもとづき、腹...

記事を読む

気管および肺の疾患 ~ 肺気腫・肺の腫瘍

肺気腫(pulmonary emphysema) 肺気腫は、犬に多く発生し、他の家畜でもみられる。肺が持続的に空気で拡張し、吸気位を取った状態...

記事を読む

気管および肺の疾患 ~ 気管虚脱または扁平気管・気管狭窄

気管虚脱または扁平気管(tracheal collapse) この疾患は犬にみられ、とくに壮・老齢で、肥満型の小型犬に多く発見される。気管虚脱...

記事を読む

胸膜および縦隔の疾患 ~ 膿胸

膿胸(pyothorax(empyema thoracis)) 胸膜腔内に膿汁の貯留した疾患で、臨床的には、肺病巣や胸壁および縦隔など近接する...

記事を読む

胸膜および縦隔の疾患 ~ 胸膜炎および縦隔炎

胸膜炎および縦隔炎(pleurisy(pleuritis)and mediastinitis) 胸膜と縦隔(膜)は比較的脆弱な漿膜で、さまざま...

記事を読む