鼻疽(Glanders) ~ 主に馬やロバの馬属を侵すが時には人にも強い毒性を示す人獣共通感染症

鼻疽(びそ)は、鼻疽菌:シュードモナス・マレイ:Pseudomonas mallei(正式名称:バークホルデリア・​マレイ:Burkholderia m...

記事を読む

ガチョウ(鵞鳥)(Goose)

●動物分類学上の位置 脊椎動物門:Vertebrata 鳥類綱:Aves 水禽目:Natatores 雁鴨科:L...

記事を読む

ゲタウイルス(Getah Virus) ~ 発病することがあることがはっきりしているのは馬と豚とに限られます

ゲタウイルス(GETV)は、トガウイルス科アルファウイルス属に属するウイルスで、蚊から頻繁に分離されています。 ユーラシア大陸から東南アジア、...

記事を読む

馬ウイルス性動脈炎(Equine Viral Arteritis (EVA)) ~ ウマ類にのみ発生する固有のウイルス性疾病

馬ウイルス性動脈炎(EVA)は、馬の伝染性の呼吸器・生殖器疾患であり、世界中の馬で散発的に発生しています。また世界のほとんどの国で報告義務のある疾患とさ...

記事を読む

青首アヒル・カーキー・キャムベル

●青首アヒル(Japanese Mallard Duck) 日本在来種中もっとも古いもので、1878年ころ中国から輸入されたものが基であると解され...

記事を読む

馬のスポロトリコーシス(Equine Sporotrichosis) ~ 馬の皮膚および皮下の真菌性皮膚感染症

馬のスポロトリコーシスは、スポロトリックス・シェンキイ(Sporothrix schenckii)によって引き起こされる馬の皮膚および皮下の真菌性皮膚感...

記事を読む

大阪アヒル・ペキン

大阪アヒルを飼育されている方がおられましたら写真を提供下さい。宜しくお願いします。 ●大阪アヒル(Osaka Duck) 日本在来のアヒ...

記事を読む

馬のリノスポリジウム症(Equine Rhinosporidiosis) ~ 鼻腔、鼻咽頭ないし口蓋粘膜に脆弱なポリープ状病変を形成する

馬のリノスポリジウム症は、リノスポリジウム・シーベリ(Rhinosporidium seeberi)によって引き起こされる慢性感染症です。 単...

記事を読む

アヒル(鶩)(Duck)

●動物分類学上の位置 脊椎動物門(Vertebrata) 鳥類綱(Aves) 水禽目(Natatores) 雁鴨...

記事を読む

馬のピチオーシス(Equine Pythiosis) ~ 熱帯または亜熱帯地域に生息する馬に多く見られる致命的となりうる病気

馬のピチオーシスは、沼地の癌としても知られており、熱帯または亜熱帯地域に生息する馬に多く見られる致命的となりうる病気です。 この病気は、水性真...

記事を読む

馬原虫性脊髄脳炎(Equine protozoal myeloencephalitis (EPM)) ~ ウマの中枢神経系への原虫感染によって引き起こされる疾病

馬原虫性脊髄脳炎(EPM)は、馬の一般的な神経疾患です。 この病気は、北アメリカと南アメリカに生息する馬の間で流行しています。原因は原虫のサル...

記事を読む

東天紅・チャボ

東天紅、チャボを飼育されている方がおられましたら、写真を提供下さい。よろしくお願いします。 ●とうてんこう(東天紅)Totenko 日本...

記事を読む

ウマペギウイルス(Equine Pegivirus) ~ 馬の肝疾患を引き起こすと考えられています

ウマペギウイルス(EPgV)は、フラビウイルス科とペギウイルス属の新しく発見されたウイルスです。 馬だけでなく、ヒトや他の動物にも感染します。...

記事を読む

馬多発結節性肺線維症(Equine Multinodular Pulmonary Fibrosis (EMPF)) ~ 慢性進行性の呼吸器疾患

馬多発結節性肺線維症(EMPF)は、成馬の新しい散発性進行性呼吸器疾患です。 EMPFは、2007年に馬で初めて報告され、米国や欧州の馬でも報...

記事を読む

三河・長尾鶏・しょうこく(小国)

三河種、長尾鶏(オナガドリ)、小国鶏を飼育されている方がおられましたら、写真を提供下さい。よろしくお願いします。 ●三河(Mikawa) ...

記事を読む

馬インフルエンザ(Equine Influenza) ~ 主な症状としては発熱、咳、鼻水の垂下などが所見されます

馬インフルエンザ(EI)は、馬の呼吸器系の急性かつ高伝染性の疾患です。 原因は、オルトミクソウイルスである馬インフルエンザA型2(A/馬2)ウ...

記事を読む

馬ヘルペスウイルス(Equine Herpesviruses) ~ 発熱、流産、呼吸器感染症、希に神経症状を発症させる伝染病

馬ヘルペスウイルス(EHV)は、二本鎖のDNAウイルスで、世界中で少なくとも9種類のウイルスが確認されています。 EHVは、世界中の馬産業のあ...

記事を読む

シャモ・名古屋

●シャモ(Japanese Game) タイ(旧シャム)の原産。徳川時代の初期に日本に輸入され、改良されました。主として、闘鶏用に改良されましたが...

記事を読む

馬媾疹(Equine Coital Exanthema (EHV-3)) ~ 陰部における性交伝搬性皮膚炎を起こす疾患

馬媾疹(うまこうしん):ECE(Equine Coital Exanthema)は、馬ヘルペスウイルス3型(EHV-3)によって引き起こされる、繁殖馬の...

記事を読む

東部馬脳炎(Eastern Equine Encephalitis) ~ 東部ウマ脳炎ウイルスを病原体とする人獣共通感染症

東部馬脳炎(EEE)は、蚊が媒介するウイルス性の致死性疾患で、馬の中枢神経系に影響を与えます。 この病気は、トガウイルス科アルファウイルス属の...

記事を読む

白色コーニッシュ(White Cornish)

●白色コーニッシュ(White Cornish) 近年アメリカで作出された肉用種。アジア系の闘鶏品種(Cornish Game, Indian G...

記事を読む

媾疫(Dourine) ~ 生殖器感染によって発症します

媾疫(こうえき)は、Trypanosoma equiperdum原虫(トリパノソーマ・エキパーダム原虫)によって引き起こされる馬の伝染性寄生性性病で、国...

記事を読む

ワイアンドット・オーピントン・オーストラロープ

●ワイアンドット(Wyandotte) アメリカで作出された卵肉兼用種で、コーチン、ハンバーグなどの交雑が基になっています。羽色には、種々のものが...

記事を読む

馬伝染性子宮炎(Contagious Equine Metritis (CEM)) ~ 交尾により感染した雌馬は子宮炎を発症し子宮滲出液を排出して治癒するまで不妊となります

馬伝染性子宮炎(CEM)は伝染力の強い馬の感染症で、子宮頸管炎や膣炎を伴う子宮内膜炎、一過性の不妊症、まれに流産を特徴とします。 この病気は、...

記事を読む

コクシジオイデス症(Coccidioidomycosis) ~ コクシジオイデス・イミチスによって引き起こされる感染性真菌症

渓谷熱としても知られるコクシジオイデス症は、コクシジオイデス真菌、中でもC.immitis(コクシジオイデス・イミチス)によって引き起こされる感染性真菌...

記事を読む

ブラーマ・ランシャン・サセックス

●ブラーマ(Brahma) インドのブラマプトラ河の流域の原産。1846年にアメリカに、1853年にイギリスへ輸入され、そこで肉用種として改良され...

記事を読む

馬のブルセラ症(Brucellosis) ~ ブルセラ属の細菌に感染して起こる人獣共通感染症

ブルセラ症は、主に牛や豚に感染する細菌性の病気ですが、馬にも多くの感染例が報告されています。また、人間もブルセラ症の危険にさらされており、重大な人獣共通...

記事を読む

馬のボルナ病(Borna Disease) ~ 馬に伝染性の進行性非化膿性脳脊髄炎を引き起こすウイルス性疾患

ボルナ病(BD)は、ボルナ病ウイルス1(BDV-1)および2(BDV-2)によって引き起こされる感染症で、散発性の神経疾患です。 BDVは、モ...

記事を読む

オーストラリアコウモリリッサウィルス(Australian Bat Lyssavirus) ~ 狂犬病ウイルスと密接に関連するリッサウイルス属のウイルス

オーストラリアコウモリリッサウイルス(ABLV)は、一般的な狂犬病ウイルスと密接に関連するリッサウイルス属のウイルスで、ABLVは、世界中で発見されてい...

記事を読む

馬のアナプラズマ症(Anaplasmosis) ~ マダニが媒介する馬の一般的な病気

アナプラズマ病は、マダニが媒介する馬の一般的な病気です。 この病気は、以前はエーリキア・エクイ(Ehrlichia equi)と呼ばれ、馬エー...

記事を読む