クロエリハクチョウ Black-necked Swan

小型のハクチョウで、頭部と頸の全部が黒色で他は純白、脚はピンクで尚、嘴の基部には赤色のコブがあり大変色彩的に美しいです。 ...

記事を読む

ハクチョウ Whistling Swan

(写真はオオハクチョウ) 全身純白で唯一、嘴の黒色の中で眼の前に黄色の斑点がありますが斑点がないこともあります。 最小の...

記事を読む

オオハクチョウ Whooper swan

嘴の先は黒ですが、基部から鼻孔まで黄色なものをオオハクチョウといいます。 全身白色ですが、脚は黒く、虹彩は褐色でコブはあり...

記事を読む

コクチョウ Black Swan

頸が非常に長く、全身黒灰色で初列および次列風切り羽が白色で3列風切りは黒色です。 虹彩は赤、嘴は紅色で、コブがなく先端近く...

記事を読む

コブハクチョウ Mute Swan

此れが一番立派で、一番大きく又、世界の動物園や公園などで最もよく飼われて、半家禽状態になっています。 野生のものはヨーロッ...

記事を読む

エジプトガン Egyptian goose

日本の動物園にも良くいる雁で、かなり大きいです。 ツクシガモに近縁で、闘争性が強く鴨とか他の雁類を虐め又殺す事がありますの...

記事を読む

アンデスガン Andean Goose

チリ、アルゼンチン、南ペルーとボリビアの高所にいる雁で、3,000mの高所に営巣するのですが、冬期には下界に降ります。 人...

記事を読む

マゼランガン Magellan Goose

南米のツクシ雁の一種で体が大きく、美しい立派な雁です。 近年日本に居なかった雁ですが、仲田幸男氏がアメリカの友人から取り寄...

記事を読む

自己流の鶏飼育

我が家は鶏都合での飼育 我が家では基本的に庭での放し飼いをしています。寒さに弱いと言われている軍鶏ですが、大雨や雪の日でも外へ放し...

記事を読む

ロウバシガン Cape Barren Goose

1種1屬をなす雁で、雌雄は同形同色でありますが、雌の方が少し小さく又、鳴き声が違います。 体形が大きく全身心地良い灰色で、...

記事を読む

アオガン Red-breasted goose

カオジロガンより更に小型で、北半球の雁としては珍しく色彩に富み、赤茶色で胸が色どられ又、後頭部側面にも赤茶色の大きい斑紋があります。...

記事を読む

カオジロガン Barnacle Goose

雁の中で一番美しいと言われているのですが、大正時代に一度日本へ来たことがあります。 この雁は中型の雁で飼うのに広い場所が要...

記事を読む

ハワイガン Hawaiian goose

原住民の言葉でネーネと呼ぶ此の雁は、カナダガンに近縁の鳥でハワイとマウイ島に極く僅か存在するだけです。 ブリーズ氏の報告に...

記事を読む

カナダガン Canada Goose

カナダガンは北米を主産地とし、今は英国にも自然繁殖地が出来ています。北米大陸には12種類もいるのですが、大きさと羽色に多少の相異があ...

記事を読む

インドガン Bar-headed goose

インドガンは日本の動物園で時折見られるようになりました。また、多少繁殖もなされているようです。 中央アジアで繁殖し、冬期に...

記事を読む

ミカドガン Emperor goose

日本の仙台に迷鳥として飛来して新聞に載った事がありますが、飼い鳥としては日本へ一度も輸入された事はなかったのですが、仲田幸男氏がアメ...

記事を読む

ハクガン Snow goose

翼は黒色ですが、だいたい全身白色で嘴の色は赤ですが、縁は黒くて線をなしています。 此の雁には大小があります。 此...

記事を読む

カリガネ Lesser white-fronted goose

マガンよりかなり小型で、非常に美しい雁です。以前はよく飼われた鳥ですが、現在は希少種になりつつありますが、英国のグロスター州スリムブ...

記事を読む

自着性伸縮包帯(くっつく包帯)

包帯同士はくっつき合いますが、衣服や肌には接着しませんので、粘着テープの使えない部位の固定や圧迫固定に適します。 1個30...

記事を読む

マガン White-fonted Goose

これは非常に面白い雁です。欧米では繁殖も盛んで値段も安価ですが、日本では動物商の仕入れるものは野外で捕獲した鳥が多い為でしょう、繁殖...

記事を読む

スポンサーリンク
広告336×280