鶏コクシジウムの治療と予防

コクシジウムの駆除にバイコックスが使われています。牛用と豚用がありますが、成分は変わりません。日本は100mlで発売されており、...

記事を読む

コウライキジ common pheasant

此の雉は日本雉より美しいという人があるかも知れません。 大陸コルチカス系の雉で、台湾雉、蒙古雉、支那雉、コーカサス雉、ゴビ...

記事を読む

日本雉 Green Versicolor Pheasant

皆様も知っておられる通り、此れは日本の国鳥に指定されています。 国鳥に指定された理由は次の通りです。(黒田長礼著書より) ...

記事を読む

オナガキジ Reeves’s pheasant

此の鳥は其の名が示す如く、尾が特に長いのが特徴で、普通は1mですが、2m近くになるものがいます。 我が国には徳川時代からい...

記事を読む

キンケイ Golden Pheasant

金鶏の特徴 此の鳥は我が国にも古くから伝わり、徳川時代には繁殖もなされていた事が解っています。 金の鶏と書きますが、鶏とは何...

記事を読む

キーウィ Kiwis(Apterygidae)

キーウィの生態 キーウィは今ニュージーランドを訪ねても、中々見る事はできません。 此の国の特産なのですが、数が減...

記事を読む

ヒメウズラ Painted Quail

雉科中最小の鳥ですが、インド、支那南部、アフリカなどに産します。本属には多数の亜種があります。脊面にはオリーブ褐色ですが、蒼灰色、黒...

記事を読む

カンムリシャコ Crested Partridge

此れは非常に美しい、また高価な鳥です。マレー半島とボルネオに棲む鳥で、森林地帯におり、昆虫と果実が主食である為、禽舎で飼う場合は蛋白...

記事を読む

イワシャコ Chukar Partridge

此れも種類は沢山ありますが、ウズラと雉の中間の大きさで、中々美しい色彩の鳥です。 ヨーロッパ南東部とアジアの一部に産します...

記事を読む

日本ウズラ Japanese quail

野生ウズラは本州、北海道、樺太、南千島、朝鮮、支那、伊豆七島、四国、九州、奄美大島、琉球、台湾、インドシナ北部、タイ、ビルマ、アッサ...

記事を読む

ウズラの雌雄の見分け方

アメリカウズラは雌雄で外観は似ていますが、然し多くの場合、特徴も現れており、外観で雌雄の判別が出来ます。 アメリカウズラの雌雄の見分け...

記事を読む

アリゾナ白マダラウズラ Mearns Quail

此れも稀種で高価です。メキシコに多いウズラではありますが、前のツノウズラと並んで、非常に美しい又、愛されるウズラです。 最...

記事を読む

ツノウズラ Mountain Quail

此のウズラが最も高価で、北米のウズラの中で一番大きく美しく立派だと言われています。 頭頂には非常に長い(長さ5~7cm)2...

記事を読む

ノミ・ダニ駆除剤が6.000円だって

ノミ・ダニ駆除剤は通販が安い 犬に寄生虫(ノミ・ダニ)居るらしくて、両親が犬を連れて朝から動物病院へ行った。 帰宅してノ...

記事を読む

クリハラウロコウズラ Chestnut Bellied Bluescale

雄は腹部に大きい黒褐色の斑紋があり、此れで雌と区別できます。 胸にウロコ状のアミメの羽が沢山有り、羽冠は大きいのですが短く...

記事を読む

ボブホワイト Bobwhite Quail

ボブホワイト=コリンウズラとも呼ばれています。此の種には、ブロンド・レッドおよびホワイト・ボブホワイトがおり、此の3種はボブホワイト...

記事を読む

ズアカカンムリウズラ Gambel’s Quail

カンムリウズラと良く似ていますが、頭頂が赤茶であること、雄の胸に黒の大きい斑紋があることが特徴です。また、脇羽も赤茶が強いこともカン...

記事を読む

ニワトリの疥癬治療

ニワトリ疥癬症とは ニワトリアシカイセンダニが寄生して起る皮膚病で、ニワトリでは脚に増殖性の角化した痂皮形成と趾列の変形を認め、重症に...

記事を読む

カモハクチョウ Coscoroba swan

此のカモハクチョウは上述のハクチョウ類に近縁でありますが、別の1屬1種をなしています。琉球鴨にも近縁です。 嘴は赤色で、脚...

記事を読む

ナキハクチョウ Trumpeter swan

スワンの中で最大のもので、アメリカで絶滅が心配されたのですが、現代ではかなり増加してきているようです。 ナキハクチョウの特...

記事を読む

スポンサーリンク
広告336×280