Paramphistomum explanatum ~ 水牛、牛の胆管、胆嚢、十二指腸に寄生します



Paramphistomum explanatum、大形の双口吸虫で、10~15 x 5~6mm、淡紅色、後吸盤が特におおきい。


水牛、牛の胆管、胆嚢、十二指腸に寄生します。


中東、インド、パキスタン、東南アジアの諸地域に分布します。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280