オキシテトラサイクリン(Oxytetracycline) ~ いくつかの嫌気性菌を含むグラム陽性菌とグラム陰性菌に対して活性があります



オキシテトラサイクリンは、タンパク質合成を阻害することによって作用する高活性広域抗生物質です。他の同様の薬には、クロルテトラサイクリン、テトラサイクリン、およびドキシサイクリンが含まれます。


オキシテトラサイクリンは、いくつかの嫌気性菌を含むグラム陽性菌とグラム陰性菌に対して活性があります。また、クラミジア、マイコプラズマ、一部の原生動物、およびいくつかのリケッチアに対しても有効です。


テトラサイクリンの活性範囲内の特定の細菌には、大腸菌、クレブシエラ属、パスツレラ属、サルモネラ属、ブドウ球菌属、および連鎖球菌属が含まれます。


オキシテトラサイクリンは飲料水および飼料として、または皮下もしくは筋注で投与できますが、筋注投与では炎症または壊死を引き起こすリスクがあります。


オキシテトラサイクリン(長時間作用型でない)の筋注投与後、投与量および部位によっては、30分~数時間でピーク濃度に達することがあります。


オキシテトラサイクリンは、空腹時の鳥類に経口投与すると容易に吸収されます。生物学的利用能(バイオアベイラビリティ)は約60~80%です。


Al(アルミニウム)、Ca(カルシウム)、Mg(マグネシウム)、Fe(鉄)を含む製品や食品の存在は、薬物の吸収を減少させたり、変化させたりします。飲料水に投与する場合は、同時に飼料にも投与する必要があります。


保存/安定性:本剤及びオキシテトラサイクリン製剤は、製造者の指示がない限り、遮光した気密容器に入れ、40℃ (104℃) 未満、好ましくは室温 (15~30℃) で保存すること。また、凍結を避ける。なお、使用期限を過ぎて使用すると腎毒性を生じるので注意すること。


注意:投与量が多い場合や慢性的に投与すると、若鶏の骨の成長や治癒を遅らせる可能性がある。高濃度のテトラサイクリン系薬剤は、特に既存の腎機能障害を有する患者において、BUN(尿素窒素)の上昇および/または肝毒性を引き起こす可能性のある抗同化作用を発揮することがある。


薬剤の蓄積により腎機能が二次的に悪化すると、この影響が悪化する可能性があります。

投与量



※5mg/kg、皮下、筋注、12~24時間ごと。

※飲料水:2500mg/Lおよび飼料:2500mg/kg

剤形



眼軟膏、懸濁液

副作用



※筋肉内投与すると、注射部位の筋肉壊死を引き起こすことがある。

※腎毒性

※光線過敏症

※免疫力の低下

※正常な腸内細菌叢の破壊

※二次病原体による感染の影響を受けやすい

薬物相互作用



●カルシウム

●炭酸水素ナトリウム


テトラサイクリン系薬剤との併用により非吸収性複合体が形成される可能性があります。また、投与後1~3時間以内に併用すると胃内pHが上昇するため、経口テトラサイクリンの吸収が低下するおそれがあります。

スポンサーリンク
広告336×280