大きくなりすぎた蹴爪 ~ 過度に成長すると痛みと自己外傷を引き起こすリスクを高める



雄鶏は成長するにつれて足の裏に蹴爪(骨のある鋭い円錐形の突起)を成長させます。成長速度は鳥によって異なり、骨棘は大きくなり、硬くなり、年齢とともに曲がり始めます。


放っておくと、時々蹴爪が不正確にまたは過度に成長する可能性があり、動きに影響を与え、痛みと自己外傷を引き起こすリスクを高めることになります。また、蹴爪は非常に鋭いこともあり、群れの中の他の雄鶏や交尾中の雌鶏、人間や他の家畜のペットに危害を及ぼす可能性があります。


蹴爪は最初乳頭突起を覆う角質 (角化) 層からなり、成熟するにつれて踵骨に変化します。骨は脚の足根中足骨に付着して成長し、骨棘の角化した外側の層は、ドレムメル(コードレスローターツール))などの研削器具で削ることができます。しかし、足の指の爪のように骨棘が成長し続けるにつれて、この処置を繰り返す必要があります。


雄鶏の蹴爪の除去は、骨の外科的切断を必要とするほど容易ではありません。この処置は鳥にとって非常に痛みを伴うため、麻酔をかけている間は獣医師のみが行うべきです。処置後、雄鶏は除去部位が治癒するまで二次感染のリスクが高い。

臨床兆候



●長いカールした蹴爪

治療



●研削器具で削るまたは除去

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280