卵巣腫瘍 ~ 過剰な産卵のために飼育された産卵鶏で頻繁に発生



卵巣腫瘍は、産卵鶏、特に過剰な産卵のために飼育された産卵鶏(バタリーケージ鶏)で頻繁に発生します。市販の産卵鶏の80%以上が2歳までに卵巣腫瘍を発症し、卵巣腺癌が最も一般的です。


国内で飼育されている鶏(主にバタリーケージ飼育されている鶏)は卵巣腫瘍の発生率が非常に高く、ヒトの卵巣がん研究のための 「動物モデル」 に選ばれ、女性用の経口避妊薬の開発につながりました。


卵巣腫瘍は通常、その増殖が十分に進行するまで明らかになりません。この鳥には卵塞症(卵詰まり)または卵管脱出の病歴がある。また、感染の増加、軟らかい殻をもつ卵、殻をもたない卵などの異常卵、全身性の嗜眠・抑うつの徴候など、産卵に関連した問題がみられることもあります。

卵巣腫瘍の治療選択肢



鶏の卵巣腫瘍の治療法はありません。 治療法の選択肢は、産卵を止め、卵黄腹膜炎などの将来の卵関連感染のリスクを最小限に抑えることを目的としています。 これらには、ホルモンインプラント、または最後の手段としての「卵巣を摘出すること」が含まれます。 また、いくつかの利点を示している多くの異なる天然ハーブもあります。これらには以下が含まれます。


●イチョウ

●亜麻仁(フラックス)

●ショウガ

●ハナウド(花独活)

●アシュワガンダ

臨床兆候



●嗜眠

●抑うつ

●腹水(腹部膨満)

●下痢

●食欲減退

●直立したペンギンのような姿勢

●殻なし卵

●異常卵

●行動の変化

治療



●ホルモンインプラント


Suprelorin®、Virbacは、鶏の排卵(産卵)を停止するために「適応外」として使用されます。


●卵管子宮摘出術


ニワトリの卵管全体の外科的切除。

予防



カロテノイドを豊富に含む果物および野菜を鳥に与えることは、ある種のがんからの保護と相関しています。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280