骨髄炎(骨感染症) ~ 趾瘤症や外傷がある場合、足や脚に骨髄炎が起こります



骨髄炎は骨の感染症です。感染は血流を介して骨に達したり、周囲の組織から広がったりします。この感染症は黄色ブドウ球菌が原因であることが最も多いです。


骨の感染症は突然起こることもあれば、長期間にわたって起こることもあります。適切な治療が行われないと、骨が永久的に損傷を受けたままになり、その結果、影響を受けた骨を切断する必要が生じます。


ニワトリでは、すでに趾瘤症や外傷がある場合、足や脚に骨髄炎が起こります。骨折の修復中など、手術部位に細菌が侵入することがあります。骨が折れると細菌が侵入して骨髄炎を起こすリスクが高まります。


骨髄炎はX線検査で診断されます。骨髄炎のほとんどの症例は、飼育者が迅速に認識し、治療が積極的であり、獣医の個別の指示に従っている限り、ニワトリで治療可能です。それ以外の場合は、獣医師が患肢の外科的切断を行う必要があります。

臨床兆候



●跛行、歩行困難

●疼痛

●歩行困難

●体の部分が度を超えて敏感

●患部の腫れ

●患っている四肢の硬直

●膿の排出

治療



●抗生物質


クリンダマイシン、リンコサミド、アモキシシリン


●支持療法


●切断手術


●抗炎症薬


●創傷管理


●理学療法


●3Dプリント義肢

予防



皮膚の切り傷や開いた傷、および怪我があれば、迅速かつ徹底的に洗浄します。


けががないか毎日身体を検査し、行動の変化を観察する。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280