離断性骨軟骨炎(Osteochondritis Dissecans (OCD)) ~ 1つまたは複数の関節内で、病変した軟骨が下の骨から分離している状態



離断性骨軟骨炎(OCD)は、発育期整形外科的疾患(DOD)の一種であり、1つまたは複数の関節内で、病変した軟骨が下の骨から分離している状態です。


OCDは、一般的に若くて急速に成長するウォームブラッド系の馬の品種に最もよく見られます。


●膝関節のOCD


馬のOCDは大腿骨と膝の関節に発生します。


この疾患に罹患した馬の約60%は、兆候が現れた時点で1歳以下でした。腿関節のOCDを発症した馬は、最近、運動能力を高めるトレーニングを行った履歴があることが多いです。


一般的な徴候は、突然の関節の腫れと軽い跛行です。


跛行は通常、歩幅が短くなり、脚の動きが硬くなります。症状が重くなると、「バニーホップのような:(ウサギのようにぴょんぴょんと跳ねるような)」歩き方をするようになり、飼い主はその馬が神経系の問題を抱えているのではないかと混乱することがあります。


サラブレッドは、膝関節のOCDに最も頻繁に影響を受けます。


●飛節関節のOCD


飛節(足根下腿)関節のOCDは、スタンダードブレッドに最もよく見られますが、すべての品種が罹患する可能性があります。


この疾患の臨床症状は、馬の飛節関節の内部に沿って発生する顕著な腫れである飛節軟腫:(Bog Spavin)として現れます。


また、一部の馬では跛行が見られることもありますが、通常は軽度です。跛行は初期には軽度であっても、治療しないままでいると、後年になって問題となり、上位のレベルやレースでのパフォーマンスが制限されることがよくあります。


生後早期の手術が最良の治療法とされており、予後も最も良好です。病変の結果、退行性の変化が起こり始めると、馬の競技人生の予後は悪くなります。


●肩関節のOCD


肩関節は、馬のOCDに侵されることの少ない関節の1つですが、発症した場合は最も弱らせるタイプのOCDとなります。


これは、関節面の大部分が侵されることが多く、二次的な関節疾患を伴うことが多いためです。兆候は通常、1歳以下の馬に現れます。


これらの馬は通常、前肢の跛行の既往があり、時には筋肉の萎縮を伴うこともあります。痛みのために歩様が変化し、片方の足が内反足に見えたり、もう一方の足よりも小さく見えたりします。


肩の部分に圧力がかかると、馬は不快感を覚えます。肩関節のOCDを持つ馬が陸上競技で好成績を収める可能性はかなり低いですが、兆候が現れた初期の段階で手術を受けていれば可能性は高まります。

症状



●関節の滲出液 (腫れ)

●跛行

●強直性歩様(Stiff gait)

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●X線写真

OCDはしばしば両側性であるため、反対側の関節に腫れがほとんどない場合であっても、通常は反対側の関節のX線写真を撮る必要があります。

●跛行検査

●超音波

治療



※関節鏡検査

関節鏡(小さなカメラ)やその他の特殊な器具を使用して、関節に2つ以上の小さな(1cm未満)切開を加え、異常な骨と軟骨を外科的に除去します。


この手術は、ACVSの認定を受けた獣外科医が行い、関節切開と呼ばれる別の手術よりも好まれています。関節切開は、外科医が関節を大きく切開する必要があり、その結果、手術による外傷やリスクが大きくなります。


※関節切開術

OCD片の除去に使用されるもう一つのタイプの外科手術ですが、関節鏡検査で行われるような小さな切開ではなく、外科医が関節を大きく切開して行われます。

予防



※若い馬に適切なミネラルを補給する。

※若い馬は、成長速度を遅くするために、運動を制限し、食餌を減らす必要があります。

予後



●早期に気づき外科的に治療されれば、良好から極めて良好

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280