オセレット(Osselets) ~ 引退した老齢の競技馬で最も頻繁に見られます



オセレットは、球節の変形性関節症を説明するために使用される一般的な用語です。これは、引退した老年(高齢)競技馬で最も頻繁に見られます。


オセレットは通常、前肢に関連しており、多くの場合、両方の前肢で両側に発生することがよくあります。


罹患馬は潜行性発症の非対称性跛行を呈することが多く、馬が方向転換(ターン)するように求められたとき、または運動終了後に悪化します。 これらの馬は、歩様が硬く、歩幅が短くなることがよくあります。


オセレットを有する馬の治療の目的は、関節の痛みを和らげ、関節の使用を改善し、歩行の硬直や跛行を軽減することです。

症状



●短く途切れ途切れの歩行

●腫れ

●炎症

●左右非対称の跛行

●蹄の外側の端に体重をかける

●ターンや運動後に跛行が悪化する

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●X線写真

治療



※関節運動の練習

パッシブ(自分からは積極的に働きかけないさま)とアクティブ(自分から進んで働きかけるさま)の両方で毎日実施

※関節内注射

自己由来たんぱく質溶液製剤やステロイド剤の投与で、数週間単位で効果が得られることもあります。

※経口サプリメント

ヒアルロン酸、グリコサミン、自己調整血清(ACS)

※非ステロイド性抗炎症薬 (NSAID)

フェニルブタゾンなど

※定期的な運動

※水泳

※手術

擦り切れた軟骨や露出した骨を外科的にデブリードし、大量の関節洗浄を行う。

予後



不良

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280