浸透圧利尿薬(osmotic diuretics),マンニトール(mannitol)



浸透圧利尿薬と呼ばれる薬物は、①非電解質で、②糸球体では血漿の濃度で濾過され、③尿細管で再吸収されず、④浸透圧による作用以外の薬理作用を持たない物質群です。


このような性格のために比較的大量の投与が可能であり、細胞外液浸透圧を上げる。


代表的薬物はマンニトール【D-マンニトール(局)】です。

薬理作用



腎における主な作用部位は近位尿細管で、管内液の浸透圧を高めるために水の再吸収を妨げ、さらに溶質(主としてNaCI)の再吸収を抑制し、尿量と溶質の排泄を増加させる。

臨床作用



①外科手術時の急性乏尿の予防・治療と、②眼房水圧や脳脊髄液圧を低下させる目的に用いる。


通常、20%溶液を点滴静注で投与するが、循環系と体液平衡の状態を十分にモニターしながら使用する。


過量投与では体液浸透圧が異常に高くなり、死亡事故の可能性がある。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280