大阪アヒル・ペキン

大阪アヒルを飼育されている方がおられましたら写真を提供下さい。宜しくお願いします。



●大阪アヒル(Osaka Duck)

日本在来のアヒルに、ペキンを交配して、大阪地方で作出されたもので、卵肉兼用種。昭和24年(1949)に品種として公認されました。

大阪アヒルの詳細



羽装は白色またはクリーム色、体格はペキンよりやや小型で体型が平らです。脚は赤橙黄色、くちばしも橙黄色または褐黄色。標準体重は、雌2.0~2.3kg、雄、2.2~2.6kg。

能力



産卵性は比較的高く、年180~200個を産みます。肥育性は、ペキンに劣りますが体質強健で、発育も速く、陸飼いが可能で管理がしやすい。

分布



大阪を中心として、京阪神に分布しています。羽数もかなりあり本邦のアヒルの大部分は大阪アヒルです。


ペキンダッグ
ペキンダッグ

●ペキン(Pekin)

中国大陸の原産。1873年にアメリカに輸入されて、他品種と交雑され、改良されました。


現在、アメリカのアヒルの大半はペキンです。ただし最近、羽数はむしろ減少傾向です。卵肉兼用種ですが、肉用が主です。

ペキンの詳細



羽色は白、脚は赤く、くちばしは黄、姿勢は他種に比べて斜立しています。胸をはり、首を直上に伸ばして歩くのが特徴で、体格は大型で、標準成体重、雌3.5kg、雄4.0kg

能力



体質はきわめて強健で発育も速い。早肥で、肉用能力大。飼料がよければ、10週令で雌雄平均3kgになります。ふつう、7~9週令、体重2.5kg~3.0kgで、市場に出荷されます。


生後6~7ヶ月で初産し、年間150~160個を産みます。


卵重は70~80gで大きく、卵殻は白色です。性質温順で、群集性が強く、陸飼いが可能のため、飼養管理は容易です。

分布



アメリカ、カナダに多く、本邦にも少数飼育されています。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280