オルニトニサス・シルビアルム(Ornithonyssus sylviarum) ~ トリサシダニ



オルニトニサス・シルビアルム:Ornithonyssus sylviarumは、トリサシダニとしても知られ、世界中の鶏群の一般的な外部寄生虫です。


非常に小さなダニで、サイズは0.5~1mmの範囲です。


トリサシダニは生涯ずっと宿主の下で生活し、ほとんどの時間を羽毛の上で過ごし、吸血するために皮膚表面に移動します。


トリサシダニの大量寄生は、ニワトリに多大なストレス、疼痛および失血(毎日6%の血液を失う可能性があります)を引き起こす可能性があります。

分類



目:トゲダニ亜目(Mesostigmata)

科:オオサシダニ科(Macronyssidae)

属:オルニトニサス(Ornithonyssus)

宿主



●野鳥・家禽

●げっ歯類

関連疾患



●トリサシダニの侵襲

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280