オルニソバクテリウム・ライノトラケアレ(Ornithobacterium rhinotracheale) ~ 家禽にオルニソバクテリウム症を引き起こします



オルニソバクテリウム・ライノトラケアレ(ORT)はグラム陰性の桿菌で、家禽にオルニソバクテリウム症を引き起こします。


それは家禽と野鳥で、世界中で見られます。オルニソバクテリウム・ライノトラケアレは主に気道に影響を及ぼし、細菌性気嚢炎および肺炎として現れます。


また、影響を受けた鳥が関節炎、骨炎、髄膜炎を発症する関節や脳にも感染する可能性があります。オルニソバクテリウム・ライノトラケアレ感染症は治療が難しい場合があり、抗生物質感受性の検査が不可欠です。


伝播:オルニソバクテリウム・ライノトラケアレは、卵を介して垂直に伝播するのと同様に、エアロゾルまたは糞便経口によって水平に伝播します。

分類



目:フラボバクテリウム目(Flavobacteriales)

科:フラボバクテリウム科(Flavobacteriaceae)

属:オルニソバクテリウム(Ornithobacterium)

宿主



●七面鳥

●鶏

●野鳥

関連疾患



●オルニソバクテリウム症

●耳の感染症

●気嚢炎

スポンサーリンク
336×280