オルニソバクテリウム症 ~ 主に呼吸器疾患と関連



オルニソバクテリウム症(ORT)はオルニソバクテリウム・ライノトラケアレによって引き起こされる急性の伝染性細菌病であり、世界中のニワトリの商業および平飼い鶏群に影響を及ぼします。

スポンサーリンク
広告336×280

オルニソバクテリウム症の臨床徴候



臨床徴候は、菌が感染する鶏の体の部位によって大きく異なります。主に呼吸器疾患と関連し、くしゃみ、咳嗽、眼の濡れ、副鼻腔の腫脹、鼻汁、嗜眠、および食欲不振を引き起こします。O.rhinotrachealeは脳(死亡前に振戦、麻痺および衰弱のような神経学的徴候を引き起こすさま)または関節(関節が腫れて炎症を起こし、跛行がみられます。)にも感染することがあります。


他の病原体による同時感染もまた、鶏群で観察される徴候の重症度および範囲に影響を与えます。例えば、鶏がマイコプラズマ・ガリセプチカム(MG)に感染した場合、ORTとの同時感染は臨床徴候の重症度を増加させます。

ORTの伝播方法



ORTは、水平ルートと垂直ルートで伝播されます。鶏は媒介物、飼料および水、またはエアロゾルを介した直接的および間接的な接触により感染します。

オルニソバクテリウム症の診断



オルニソバクテリウム・ライノトラケアレの臨床徴候および死後病変はニワトリにおける他の多くの細菌およびウイルス感染と類似しているので、獣医師が確定診断を得るためには、病原体を分離し同定することが必須です。これは、次の診断によって実現できます。


●細菌培養


検体は疾患の初期段階で採取すべきで、通常は気管スワブから採取できる。


●血清学的検査


オルニソバクテリウム・ライノトラケアレ(O.rhinotracheale)に対する抗体の存在は、鳥が最初に感染してから1~4週間以内に採取すれば、ELISAにより検出できます。

オルニソバクテリウム症の治療



O.rhinotrachealeは抗生物質に対する感受性にやや一貫性がなく、菌株によって異なります。しかしながら、クロルテトラサイクリン、アモキシシリン、およびタイロシンではある程度の成功が得られています。

臨床兆候



●鼻汁

●くしゃみ

●顔面腫脹

●咳

●涙目

●呼吸困難

●歪な形状、または小さい卵

●産卵低下

●卵殻の質が悪い

●食欲減少

●無気力

●関節の腫れ

●跛行

●麻痺

●筋力低下

治療



●支持療法


群れから鳥を隔離し、安全で快適な暖かい場所に置き、新鮮な水と食餌を与えストレスを制限します。


●クロルテトラサイクリン


飲料水中500ppm、4~5日間


●アモキシシリン


250ppmの用量で3~7日間飲水投与。


●タイロシン


有効な場合がある


●プロバイオティクスおよび抗酸化物質

予防



野鳥への暴露を最小限に抑える


野鳥の糞による飼料や水の汚染を防ぐ。


ワクチン接種:不活化ワクチンが利用可能です。


換気を良くする


衛生管理の徹底


清潔で乾燥した敷料を日常的に提供する。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280