有機リン中毒 ~ ニワトリの末梢および中枢神経系に影響を及ぼす



有機リン化合物 (OP) は、一般的に芝生および作物または庭の害虫防除に使用される多くの農薬にみられます。コリンエステラーゼ阻害薬であり、ニワトリの末梢および中枢神経系に影響を及ぼし、副交感神経系の過剰刺激をもたらします。発生する臨床徴候は、ムスカリン性、ニコチン性、または中枢性です。

臨床兆候



●下痢

●素嚢停滞

●呼吸困難

●運動失調

●振戦

●嗜眠

治療



●支持療法


鳥を群れから隔離し、新鮮な水や食餌を与えてストレスのない安全で快適で暖かい場所で管理する。


●硫酸アトロピン


OP中毒の治療のために通常オキシムと併用される標準的な解毒剤

予防



フェンヒドラミンはOP中毒に対して保護作用と拮抗作用を有することが報告されている。

スポンサーリンク
336×280