栄養学(馬)一覧

馬のセレン欠乏症(Selenium Deficiency) ~ 土壌中のセレン含有量が低い地域に住む雌馬や子馬ではセレン欠乏症が起こりやすい

セレン(Se)欠乏症は、食餌から十分な量のセレンを摂取していない馬に起こります。土壌中のセレン含有量が低い地域に住む雌馬や子馬では、セレン欠乏症が起こり...

記事を読む

スタキボトリス中毒症(Stachybotryotoxicosis) ~ 古くから知られている真菌中毒症の1つ

スタキボトリス中毒症は、馬の致命的な出血性疾患です。これは、スタキボトリス属(Stachybotrys spp.)の特定の菌株が産生するトリコテセンサト...

記事を読む

骨軟骨症(Osteochondrosis) ~ 若馬でしばしば跛行の原因となります

骨軟骨症 (OC) は一般的に成長期の馬で診断される発育期整形外科的疾患 (DOD) です。 この疾患は、1つまたは複数の関節内で軟骨が異常に...

記事を読む

ライグラススタッガー(Ryegrass Staggers) ~ 疾病の進行とともに歩行異常、起立不能などを示し斃死する

ライグラススタッガーは、エンドファイト(内生菌)であるエピクロエ・フェスツカエ:(Epichloe festucae)、ネオティホディウム・ロリイ (N...

記事を読む

馬のマイコトキシン症(Mycotoxicosis) ~ 汚染された穀物を摂取することにより中毒症状を起こす

マイコトキシン症とは、マイコトキシンに汚染された飼料、干し草、サプリメント、副産物またはある種の牧草の摂取に起因する様々な症状を指します。 マ...

記事を読む

栄養性二次性副甲状腺機能亢進症(Nutritional Secondary Hyperparathyroidism)

栄養性二次性副甲状腺機能亢進症(NSH)は馬の代謝性骨疾患であり、カルシウムの欠乏が原因です。 過剰なリンを含む飼料 (小麦ふすまベースの飼料...

記事を読む

食物アレルギー(Food Allergies) ~ 軽度から重度まで様々な兆候を示すことがあります

食物アレルギーは、ある種の食物蛋白質に対するIgE介在性または非IgE介在性の過敏性免疫反応です。 馬に起こる食物アレルギーには、IgE介在性...

記事を読む

胃潰瘍(Gastric Ulcers) ~ 胃粘膜の炎症から糜爛、潰瘍へと進行する疾患

馬の胃潰瘍症候群(EGUS)は、一般的に「胃潰瘍」とも呼ばれ、食道、胃、または十二指腸の粘膜の潰瘍形成を特徴とする馬の最も一般的に報告されている疾患の1...

記事を読む

モネンシン中毒(Monensin Poisoning) ~ 馬の多くは症状が出てから48時間以内に死亡します

モネンシンは、ナトリウム塩 (モネンシンナトリウム) の形で使用される一価のカルボン酸であり、飼料添加物ペレットの形で通常購入されます。 モネ...

記事を読む

馬の尿路結石症(Equine Urolithiasis) ~ 馬における尿路結石の形成

馬の尿路結石症は、馬における尿路結石の形成です。馬の尿がアルカリ性であるにもかかわらず、馬の尿に排泄される高濃度のカルシウムと相まって、馬ではまれな病気...

記事を読む

麦角中毒症(Ergotism) ~ 汚染された穀物やイネ科の牧草などから麦角を摂取すると麦角中毒を発症します

麦角中毒症は、内生菌(エンドファイトともいう)であるクラビセプス・プルプレア(Claviceps purpurea)によって産生される菌核 (麦角) を...

記事を読む

馬のフェスク中毒(Fescue Poisoning) ~ 馬は麦角アルカロイドに非常に敏感

オニウシノケグサ(フェスツカ・アルンディナケア:Festuca arundinacea)は、米国南東部で最も豊富な冷涼期の草の一つで、3,500万エーカ...

記事を読む

骨脆弱性疾患(Bone Fragility Disorder (BFD)) ~ 跛行、脊柱湾曲症、項部硬直、肩甲骨の外方への弯曲を引き起こす

骨脆弱性疾患 (BFD) は、馬に跛行、脊柱湾曲症 (加齢に伴うものではない) 、項部硬直、肩甲骨の外方への弯曲を引き起こします。 この病気は...

記事を読む

アフラトキシン中毒(Aflatoxicosis) ~ アフラトキシンに汚染された飼料を食べることによって引き起こされる真菌中毒症

アフラトキシン中毒は、アフラトキシンに汚染された飼料を食べることによって引き起こされる真菌中毒症です。 アフラトキシンは、アスペルギルス・フラ...

記事を読む

一年生ライグラス中毒(Annual Ryegrass Toxicity (ARGT)) ~ ライグラス種子が原因と考えられる中毒

一年生ライグラス中毒(ARGT)は、ラサイバクター・トキシカス(Rathayibacter toxicus)に感染したライグラス種子(Lolium ri...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280