ヌミンバ馬疫(Numinbah Horse Sickness) ~ 慢性肺疾患を引き起こします



ヌミンバ馬疫は、キク科ヒヨドリバナ属(フジバカマの仲間)、(ユーパトリウム・アデノフォラム(Eupatorium adenophorum)、アゲラティナ・アデノフォラ(Ageratina adenophora)を摂取することで起こります。


E.adenophorumは馬の呼吸器系に影響を及ぼし、その結果、馬のパフォーマンスが低下し、呼吸努力が増加します。


馬は臨床症状が現れるまで長期間 (数週間から数カ月) 大量のE.adenophorumを摂取しなければなりません。オーストラリアやニュージーランドでは、春に数ヶ月間この植物を摂取した後、夏の間にほとんどの症例が報告されています。

症状



●咳、運動によって悪化

●パフォーマンスの低下

●呼吸努力の増加

●副雑音、運動後に増加することが多い

●体重減少

●チアノーゼ

●突然死

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●臨床検査

治療



※抗生物質とコルチコステロイドが役立つ可能性があります。

予後



元に戻らない状態。

スポンサーリンク
336×280