非ステロイド性抗炎症薬の毒性(NSAID Toxicity) ~ すべてのNSAIDは馬に毒性を示す可能性があります



非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、抗炎症、解熱、鎮痛作用を持つ多様な薬剤群であり、馬の様々な症状に対する支持療法の一環として使用されることが多いです。


NSAIDには様々な種類があります。

●サリチル酸

※アスピリン

●プロピオン酸類

※イブプロフェン、ケトプロフェン、フェノプロフェン及びナプロキセン

●ピラゾロン

※フェニルブタゾン

●アントラニル酸

※メクロフェナム酸

●アミノニコチン酸

※フルニキシンメグルミン

すべてのNSAIDは馬に毒性を示す可能性がありますが、一部の薬剤は他の薬剤よりも毒性が強いです。


例えば、フルニキシンメグルミンよりもフェニルブタゾンを投与された馬は、ケトプロフェンよりもNSAID中毒になる危険性が高くなります。


NSAIDの毒性は、影響を受けた馬において、以下のような2つのよく知られた症候群を引き起こします。


●胃潰瘍

●右背側潰瘍性大腸炎(RDUC)

症状



●食欲不振

●仙痛徴候

●下痢

●体調不良

診断



●既往歴-最近NSAIDsの投与を受けている

●臨床兆候

●身体診察

●臨床検査

治療



※支持療法

予防



※馬へのNSAIDsの投与は、獣医師の指示のもと、推奨された用量・時間間隔でのみ行ってください。

※フェニルブタゾンとフルニキシンメグルミンを馬に同時投与しないこと。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280