トリサシダニの寄生 ~ ニワトリに大きなストレス、痛みおよび失血を引き起こす



トリサシダニ (NFM) はニワトリの比較的一般的な外部寄生虫です。非常に小型のダニで、大きさは0.6~1mmです。トリサシダニは一生を宿主の上で過ごし、ほとんどの時間を羽毛の上で過ごし、血液を吸血するために皮膚表面に移動します。


大量寄生の間、トリサシダニはニワトリに大きなストレス、痛みおよび失血(毎日6%の血液が失われる可能性があります)を引き起こします。

トリサシダニの臨床症状



トリサシダニに感染したニワトリは非常にいらいらしているように見え、物にこすりつけたり羽を噛んだりして自分自身を引っ掻こうとするのが見られます。


総排泄腔の羽毛は、乾燥した血液やかさぶた、ダニの卵、排泄物、脱殻の蓄積により、汚れて黒くなることがあります。


また、羽の中で動いているのが見えます(非常に小さな黒い点として)。明るいフラッシュライトを使って、鶏の羽を分けて、特に総排泄腔の部分の皮膚を観察します。

トリサシダニが鶏に伝染する方法



トリサシダニは、家禽、野鳥、齧歯類、野生動物、家畜などの広範囲にみられます。また、最適な条件下で2~3週間宿主から離れて生存できます。

臨床兆候



●黒く変色した排泄腔羽 (ニワトリのダニの糞の蓄積により生じる。またはダニの死骸)

●総排泄腔付近の質の悪さまたは羽根が欠けている等

●青白い鶏冠/肉垂 (貧血)

●落ち着きがない

●羽繕いの増加

●頻繁な引っかき傷

●卵の上を這うダニ

●卵の血痕

治療



●Exzolt


鳥の飲料水に加える商品です。その有効成分はフルララネルと呼ばれ、ダニの神経系を攻撃して、鳥に餌を与えた後にダニを死なせます。本剤は7日間の間隔をあけて2回投与されるので、ダニの2つのライフサイクルを扱うことができます。卵を除去する期間はなく、試験では99%の殺ダニ効果があることが示されています。


●Elector PSP


エランコ社製商品


●フィプロニル(フロントラインスプレー等)


7.5mg/kgを皮膚に1回噴霧し、塗布中の羽毛を避ける。30日間で繰り返す。


●イベルメクチン


0.2mg/kg経口、皮下注、筋注、局所投与を1回、10~14日で繰り返す。


●ガーリックスプレー


水で希釈した10%のニンニク溶液を、鶏の総排泄腔と腹部に3週間、7日ごとに1回スプレーします。


●珪藻土


塵浴エリアに加える

【厄介なダニの駆除】トリサシダニの寄生と駆除
ダニやワクモが寄生すると神経質になったり自傷したりします     早朝、鶏を全て庭に放して…


予防



●くちばしをカットしないでください。ニワトリが羽繕いできません。

●新しい鳥を導入する前に、ダニのチェックをする。

●野鳥との接触を防ぐ

●ネズミを駆除する。

●適切な土浴び場を用意する。

●木の枝、切り株、その他の樹皮を含むものは、徹底的に掃除する。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280