ニワトリ(鶏)一覧

ニワトリ(鶏)(Fowl)

●動物分類学上の位置 脊椎動物門(Vertebrata) 鳥類綱(Aves) 鶉鶏目(Gallinaceae) 雉鶏...

記事を読む

東天紅・チャボ

東天紅、チャボを飼育されている方がおられましたら、写真を提供下さい。よろしくお願いします。 ●とうてんこう(東天紅)Totenko 日本...

記事を読む

三河・長尾鶏・しょうこく(小国)

三河種、長尾鶏(オナガドリ)、小国鶏を飼育されている方がおられましたら、写真を提供下さい。よろしくお願いします。 ●三河(Mikawa) ...

記事を読む

シャモ・名古屋

●シャモ(Japanese Game) タイ(旧シャム)の原産。徳川時代の初期に日本に輸入され、改良されました。主として、闘鶏用に改良されましたが...

記事を読む

白色コーニッシュ(White Cornish)

●白色コーニッシュ(White Cornish) 近年アメリカで作出された肉用種。アジア系の闘鶏品種(Cornish Game, Indian G...

記事を読む

ワイアンドット・オーピントン・オーストラロープ

●ワイアンドット(Wyandotte) アメリカで作出された卵肉兼用種で、コーチン、ハンバーグなどの交雑が基になっています。羽色には、種々のものが...

記事を読む

ブラーマ・ランシャン・サセックス

●ブラーマ(Brahma) インドのブラマプトラ河の流域の原産。1846年にアメリカに、1853年にイギリスへ輸入され、そこで肉用種として改良され...

記事を読む

黒色ミノルカ・アンダルシャン・コーチン

●黒色ミノルカ(Black Minorca) 地中海ミノルカ島原産の卵用種。改良はアメリカとイギリスで行われました。 黒色ミノル...

記事を読む

ニワトリの就巣性、就巣

就巣は、母親になりたい雌鶏が示す生理的状態または母親の行動です。彼らの生理学と行動は、この目標を達成するために変化します。 繁殖鶏は卵を孵化させるために...

記事を読む

ニューカッスル病ワクチン接種してますか?

ニューカッスル病ウイルスについて ニューカッスル病ウイルスは伝染性が高く、多くの場合に重症となる家禽疾患です。 原因となるウイル...

記事を読む

鶏の食卵癖を解消と対策

鶏は自分が産んだ卵を食べる食卵が時々起こります。これには様々な原因がありますが、屋外へ放すような飼育をしている場合だと鶏は食卵することはほとんどあり...

記事を読む

兄弟喧嘩解消

軍鶏に限らず鶏の雄鶏は時に相手が絶命するまで闘うことがあるので仲の悪い個体同士は通常別々の小屋での飼育をします。 我が家で孵化させた雄2羽...

記事を読む

蹴爪のメンテナンス

蹴爪が伸びて先端が尖ってきたのでカットしました。用意する道具は糸鋸と粗目のサンドペーパーのみです。 出血させたくない派なので、蹴爪の先端か...

記事を読む

【大和軍鶏】2019.3.27日2羽孵化

親鳥に卵を2個抱卵させて、予定通り21日で孵化しました。恐らく雄と雌と思います。茶色っぽい羽色は経験上、雄の確立が高いですが、まだ分かりません。気温...

記事を読む

チックテスターでの鑑別の方法

鑑別をする時、まず最初に雛の握り方が大切です。あまり強く握りすぎると雛を苦しめたり傷めたりしますから、ふんわりと、然も暴れて動かないように握ります。 ...

記事を読む

ひよこの雌雄を見分ける初生雛雌雄鑑別機、チックテスター

初生雛の雌雄を見分ける方法は、今まで増井清博士の発見された肛門鑑別法があって世界的に有名であります。そしてこの性別鑑別者は、セクサーと呼ばれ外国人には中...

記事を読む

ニワトリの育て方

ニワトリを上手く育て上げるコツは、ひよこから若鳥の時代に栄養のある餌を十分に食べさせて、伸び伸びと育てることです。まず、雛の餌を良く選んで食べさせること...

記事を読む

日本のニワトリ

我が国へニワトリが初めて来たのは、民族が南方から渡来したときに連れて来られたものと思われます。これは、その頃の神話にニワトリが出ていることからも考えられ...

記事を読む

【ニワトリ】飼い方の注意点

ニワトリを飼うのに最も注意しなければならないことは、冬は暖かく、夏は涼しくしてやることです。此の調節をうまくしてやることが卵を産ませるコツです。 ...

記事を読む

【ニワトリ】雌雄の見分け方

ニワトリの雛は、その姿を見ただけでは雄、雌の区別がつきません。それで肛門で見分ける方法が日本で発見されました。これは世界に類を見ない方法で、日本の特技と...

記事を読む

鶏の人工孵化

ニワトリの体温は40℃ぐらいです。この温度が卵にかかると、卵の胚が発育をはじめて21日目に雛になるわけですから、この温度を人工的な方法で加えても良いわけ...

記事を読む

卵から雛になるまで

卵は1個の大きな細胞です。動物の細胞でいちばん大きいのはダチョウの卵です。卵の目と呼ばれるものが、細胞の核にあたるわけです。卵に40℃ぐらいの温度がかか...

記事を読む

白色レグホーン・黄斑プリマスロック・ニュー・ハンプシャー・白色ロック

●白色レグホーン(White Leghorn) 白色レグホーンは、アメリカで改良が加えられた種類で、採卵用としては最高のものです。1年に365卵を...

記事を読む

ニワトリについて

ニワトリは鶉鷄目ニワトリ科に属し、その野生のものは、ビルマ、ジャワのジャングルの中に棲んでいます。これにはアカイロヤケイとアオエリヤケイとがありますが、...

記事を読む

鶏の趾瘤症(バンブルフット)

趾瘤症は、足底中足骨部や趾球部、あるいはその両方の腫脹、表皮剥脱および潰瘍を特徴とする慢性炎症です。 ほとんどは平飼いの鶏でみられます。 ...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280