硝酸塩中毒(Nitrate Poisoning) ~ 高濃度の硝酸塩を含む牧草、干し草、飼料、飲料水を摂取することで牛に発生



硝酸塩中毒は、高濃度の硝酸塩を含む牧草、干し草、飼料、飲料水を摂取することで牛に発生する可能性があります。


植物が硝酸塩を蓄積する要因は、主に栄養、環境、施肥などです。


●日中の変化

光強度は植物の硝酸塩含有量と逆相関しています。


光強度の日内変動は、植物の硝酸塩蓄積の日内変動パターンにつながります。日中は光量が最も多いため、硝酸塩含有量は通常低い。


光量が最も少ない夜間は、硝酸塩の蓄積量が最も多くなります。また、植物は日陰にいたり、曇りや雨の日にはより多くの硝酸塩を蓄積します。


●季節

硝酸塩の蓄積量は季節によって異なり、春よりも秋~冬の方が高くなります。


●植物の部位

硝酸塩の含有量は、植物の部位によって異なります。

通常、硝酸塩の含有量が最も多いのは葉柄で、次いで葉、茎、根、花序、塊茎、球根、果実、種子の順に少なくなります。


●成長段階

硝酸濃度は通常、若い植物で最も高く、植物が成熟するにつれて低下します。


●植物種

ある種の植物は、他の植物よりも多量の硝酸塩を蓄積することができるため、硝酸塩濃度を上昇させる他の要因と組み合わさると、より毒性が強くなります。


●干ばつ後の雨

干ばつに耐えた植物は、雨が降った後の数日間、硝酸濃度が高くなることがあります。

硝酸塩が問題になっているかどうかを判断するには、検査をするしかありません。硝酸塩中毒は急速に死に至る可能性があります。

硝酸塩中毒が疑われる場合は、すぐに獣医師を呼び、暫定的な診断を確定して治療を開始する必要があります。

症状



●筋肉の震え

●崩れるように倒れる

●下痢

●運動失調

●心拍数の増加

●呼吸困難と呼吸が早い

●流産

●虚弱

●頻尿

●疝痛(せんつう)

●粘膜の青変

●口の中で泡立つ

●突然死

治療



●メチレンブルー

(1~4%の溶液を体重500ポンドあたり2gの割合で)静脈内に注射し、メトヘモグロビンをヘモグロビンに変換します。

予防



※牧場や飲料水の硝酸塩を定期的に検査する。

※現在、牛が住んでいる牧草地には肥料を与えない。

※牧草地を歩いて硝酸蓄積性の雑草を探す。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280