新生子不適応症候群(Neonatal Maladjustment Syndrome) ~ 生まれたばかりの子馬の神経系、循環器系、消化器系、腎臓系に影響を及ぼす多系統の疾患



新生児不適応症候群は、低酸素虚血性脳症(HIE)やダミーフォールシンドロームとも呼ばれ、生まれたばかりの子馬の神経系、循環器系、消化器系、腎臓系に影響を及ぼす多系統の疾患です。


子馬は、誕生後数分から数時間は正常であることが多いのですが、その後、母馬からの授乳がうまくできなくなります。


これは、出産時に子馬の組織に届く酸素が減少することが原因です。


この結果、胎児の年齢、酸素欠乏の期間、酸素濃度の低さに応じて、中枢神経系にさまざまな程度の損傷が生じます。

最新の研究



カリフォルニア大学デービス校では、Madigan Foal Squeeze Method:マディガンの子馬スクイズ手技:マディガン式覚醒法(MFSM)を用いた子馬のNMS症状の改善に関する臨床試験を実施しています。


MFSMは、産道の圧力を模して子馬を徐波睡眠に入らせ、これが子宮内意識から子宮外意識への移行、そして出産のきっかけまたはシグナルとなります。


MFSMは子馬に有効な治療法であることが示されており、NMSの臨床症状を持つ子馬に悪影響を及ぼすことなく、著しい改善が見られました。

症状



●出生時の哺乳反応が遅い

●過興奮

●あてもなくさまよう

●抑うつ

●横になる傾向がある

●筋力の低下

●けいれん発作

●発声

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

治療



※マディガンの子馬スクイズ手技(MFSM)

MFSMは、子馬の治療に有効な方法であることが示されており、NMSの臨床症状を持つ子馬において、悪影響を及ぼすことなく、顕著な改善が見られました。

※集中的な支持療法

※抗生物質

※抗けいれん剤

※ドーパミン

※利尿剤

※酸素療法

※ブドウ糖を加えた等張液

※血漿注入

スポンサーリンク
336×280