新生子同種赤血球溶血現象(Neonatal Isoerythrolysis) ~ 生まれたばかりの馬やラバの子馬に起こる致死率の高い溶血性疾患



新生子同種赤血球溶血現象(NI)は、生まれたばかりの馬やラバの子馬に起こる致死率の高い溶血性疾患です。


雌馬と雄馬の血液型が異なる場合、子馬が雄馬から感作赤血球型を受け継ぐと、雌馬からの哺育でNIのリスクがあります。これは、雌馬が子馬の赤血球に対する抗体を産生し、授乳時にこれらの抗体を子馬に移行させることがあるためです。


NIを発症した子馬の死因として最も多いのは、肝不全、核黄疸、細菌性敗血症に関連する合併症であり、大量の血液製剤を投与された子馬は肝不全を発症するリスクが高い。

症状



●嗜眠

●筋力低下

●黄疸

●呼吸数の増加

●脈拍の上昇

診断



●臨床徴候

●身体診察

●臨床試験

●牝馬の初乳または血清中に抗赤血球抗体を示すこと。

治療



※診断時に子馬が生後24時間未満の場合は、生後24~48時間になるまで牝馬への授乳を制限する必要があります。

※輸血

予防



※子馬を出産する1~2週間前に、雌馬の血清中の抗赤血球抗体を検査する

※牝馬と種牡馬候補の血液型診断。

予後



●病気の子馬を迅速に発見し、雌馬が初乳を出さなくなり、子馬の消化管が閉じるまでの48~72時間、母馬から子馬を分離して授乳を防ぐことが重要です。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280