早発性下痢症候群(Neonatal diarrhea complex) ~ 子山羊の場合は非常事態です



早発性下痢症候群は、生後30日未満の子山羊が下痢または下痢を発症することと関連しています。


水分や電解質が失われて、すぐに脱水状態になってしまうこともあるので、子山羊の場合は非常事態です。迅速な治療を行わないと、この病気はすぐに死に至ります。


下痢は、感染性病原体の原因(細菌、寄生虫、原虫、ウイルス)だけでなく、様々な非感染性の理由(抗生物質、代用乳)によっても起こりえます。

症状



●下痢

危険因子



※異常気象

※ヤギの過密状態

※劣悪な衛生環境、湿った汚い環境での生活

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280