線虫類一覧

顎口虫症(症状・予防) ~ 食欲不振、嘔吐、貧血、衰弱が主な症状

有棘顎口虫は熱帯・亜熱帯のアジアに広く分布し、特にタイ、ビルマ、中国(中南部)に多く、本邦では九州、四国、中国、近畿、中部その他にみられます。 ...

記事を読む

腎虫症(症状・予防) ~ 牛、馬の病徴は不明に経過することが多い。これに反し、犬は症状が著しい

牛、馬の病徴は不明に経過することがおおい。これに反し、犬は症状が著しく、激しい腹痛と腰痛(腎性疝痛)を訴える。腎障害から血尿を排し、尿毒症をきたすことも...

記事を読む

猫の胃虫症(症状・予防) ~ 猫への感染は中間宿主である昆虫(直翅類・甲虫類)を捕食することによって成立する

少数寄生では症状は明瞭ではありませんが、多数寄生例では嘔吐、食欲不振がみられます。慢性経過をとり、症状が進むと、栄養低下、被毛不良、脱毛などの一般状態の...

記事を読む

眼虫症(症状・予防) ~ 本邦の牛に寄生する普通の種類はロデシア眼虫であり、全国的に発生がみられる

本邦の牛に寄生する普通の種類はロデシア眼虫であり、全国的に発生がみられます。スクリャービン眼虫(T.skrjabini)とテラジア・ グローサ(T.gu...

記事を読む

鶏の胃虫症(症状・予防) ~ 少数寄生では症状をみないが、重度寄生では削痩や貧血がみられる

旋回鶏胃虫は腺胃の筋層内に寄生します。粘膜は腫脹・肥厚し、内面は絨毛状を呈し、充血や出血がみられます。そのため、栄養が衰え下痢を呈し、幼雛は死に至ります...

記事を読む

食道虫症(症状・予防) ~ 血色食道虫の寄生が少数で、結節が小さく、食道狭窄がなければ病徴を表さない

血色食道虫の寄生が少数で、結節が小さくて、食道狭窄がなければ病徴を表しません。重度寄生で、結節が大きく腫瘤状となれば、流動食は通過しますが、固形食は胃に...

記事を読む

反芻獣の糸状虫症(症状・予防) ~ 予防には、中間宿主である蚊の吸血を避けることです

牛のParafilaria bovicolaに原因する牛パラフィラリア症(bovine parafilariasis)はアジア、アフリカ、南ヨーロッパに...

記事を読む

豚の胃虫症(症状・予防) ~ 軽度寄生では無症状、重度寄生によって慢性もしくは急性胃炎の症状を呈する

感染はおもに幼豚であり、軽度寄生では無症状ですが、重度寄生によって慢性もしくは急性胃炎の症状を呈します。 食欲不振、渇欲亢進、異食症、しばしば...

記事を読む

馬の胃虫症(症状・予防) ~ 馬の胃虫症は病変、症状から区別することが出来ます

馬の胃虫症を病変、症状から胃馬胃虫症、皮膚馬胃虫症、結膜馬胃虫症に区別することが出来ます。 ●胃馬胃虫症(gastric habronem...

記事を読む

豚の糸状虫症(症状・予防) ~ 適確な治療・予防法は知られていない

飼豚から検出されるSetaria bernardiはベトナム中部、台湾、日本(鹿児島、沖縄)で発見されており、東南アジアにはかなり広く存在するものと思わ...

記事を読む

馬の糸状虫症(症状・予防) ~ 多乳頭糸状虫の寄生馬は肩甲部、頸部、き甲部、胸、顔面の皮膚に出血を生じ、いわゆる血汗症となります

多乳頭糸状虫の寄生馬は肩甲部、頸部、き甲部、胸、顔面の皮膚に出血を生じ、いわゆる血汗症となります。出血部に大豆大の腫脹とその周囲に軽い隆起がありbout...

記事を読む

犬・猫の糸状虫症(症状) ~ 本症は初期から末期まで幅広い病態をみる疾患

犬糸状虫寄生犬の多くは症状が明らかでなく、症状をみるのは約39%程度です。本症は初期から末期まで幅広い病態をみる疾患です。 ●慢性犬糸状虫...

記事を読む

肺虫症(症状・予防) ~ 肺虫症は幼獣に多発し、反芻獣では牧野疾患として重要

肺虫症は幼獣に多発し、反芻獣では牧野疾患として重要です。牛肺虫症は生後4~6ヵ月齢の初感染の幼牛に激しく現れますが、成牛でも既往感染のない免疫状態にない...

記事を読む

反芻獣の胃虫症(症状・予防) ~ 発病には栄養状態が関係し、栄養状態の良くないものは罹患しやすい

めん羊における捻転胃虫の感染の多くは夏季の放牧期間に行われ、発病は晩秋から冬季です。発病には栄養状態が関係し、栄養の良くないものは罹患しやすく、牧草の豊...

記事を読む

毛様線虫症(症状・予防) ~ 毛様線虫症は生後3~9ヶ月齢の幼獣に重要

毛様線虫症は生後3~9ヶ月齢の幼獣に重要であり、成獣では免疫によって感染は低下し、重度発症をみることはありません。 Trichostrongy...

記事を読む

鉤虫症(症状・予防) ~ 犬鉤虫症は5ヶ月齢以下の子犬に被害が著しい

犬鉤虫症は5ヶ月齢以下の子犬に被害が著しいが、感染を耐過した成犬は抵抗性を獲得し、保虫状態であっても、多くの場合、単独で症状をみることはありません。 ...

記事を読む

開嘴虫症(症状・予防) ~ 本症の特異症状は、呼吸困難からコリーザ様症状をみることであり、頸を伸ばし、口を開いて呼吸し、いわゆる開嘴病の特徴を示す

鶏、キジ、山鳥、七面鳥、クジャクに寄生し発病をみられますが、成鳥では発症は少なく、雛鳥は感受性が高く重要な寄生虫です。 平飼いで養殖を行うキジ...

記事を読む

腸結節虫症(症状・予防) ~ 病羊は食欲不振、次第に栄養が衰え、貧血、衰弱し、被毛は粗になり限局性に脱毛します

感染に対して一般に幼獣が敏感であり、寄生虫種ではコロンビア腸結節虫、牛腸結節虫が重要です。めん羊の腸結節虫症は子羊が最も罹患しやすく、重度感染すれば1~...

記事を読む

豚腎虫症(症状・予防) ~ 重度感染では削痩、跛行、後軀強拘、後軀脱力から起立不能となり、急性腎炎の症状が著しい

豚腎虫は幼虫期が長いので肥育豚には発生が少なく、長期間飼育される種豚に発生が多い。軽度感染では一般に症状は明瞭ではなく、多くは栄養障害をきたし、受胎率が...

記事を読む

その他の馬の小形腸円虫症(症状・予防) ~ 大円虫類は大きな口腔に腸粘膜を深く吸引して吸血しますが、小円虫類は腸粘膜表層に咬着します

小円虫類の成虫は盲腸、結腸内に寄生しています。 大円虫類はおおきな口腔に腸粘膜を深く吸引して吸血しますが、小円虫類は腸粘膜表層に咬着して粘膜を...

記事を読む

馬の大円虫症または硬口虫症 ~ 症状は特に幼駒に著しく、幼駒の下痢症の原因として重要

症状をみることは少ないが、病原性の強い普通円虫、無歯円虫の寄生が重要です。重度寄生によって食欲不振、衰弱、栄養障害、発育不良、抑うつ、発熱、粘膜蒼白、下...

記事を読む

毛細線虫症または毛体虫症(症状・予防) ~ 家禽の食道、素嚢に寄生する種類では、これらの消化管粘膜に肥厚、腫脹、壊死、剥離などがみられる

家禽の食道、素嚢に寄生する種類(穿通毛細線虫、有環毛細線虫、捻転毛細線虫)では、これらの消化管粘膜に肥厚、腫脹、壊死、剥離などがみられます。 ...

記事を読む

トリヒナ症または旋毛虫症(症状・予防) ~ 重度感染では症状は明瞭であり、疾病経過を3期に分けることができる

自然感染では多くの感染例が軽度であり、無症状に経過します。重度感染では症状は明瞭であり、疾病経過を次の3期に分けることができます。 ●腸寄...

記事を読む

鞭虫症または毛頭虫症(症状・予防) ~ 豚では全年齢に寄生を認めますが、症状をみるのは幼・老豚に多い

豚では全年齢に寄生を認めますが、症状をみるのは幼・老豚に多く、重度寄生で慢性下痢、特に粘血液下痢、食欲不振、発育不良(幼豚)、脱水、削痩、粘膜蒼白がみら...

記事を読む

糞線虫症(症状・予防) ~ 食欲不振、元気消失、急性腸炎による下痢が必発し、血液・粘液性から白痢性の下痢が頻発します

成豚では寄生しても通常は症状を認めません。幼豚でも軽度感染では一般に症状をみませんが、重度寄生した場合に症状は顕著です。 病豚は食欲不振、元気...

記事を読む

蟯虫症(症状・予防) ~ 寄生馬は舎壁や馬栓棒など器物に尾根部を擦り付け、また臀部を噛む動作がみられる

馬蟯虫症は舎内飼育馬にみられる疾患であり、一般に激しい症状をみることはありません。重度寄生の場合は、大腸寄生の虫体による病害から、腹部不快など漠然とした...

記事を読む

盲腸虫症(症状・予防) ~ 幼雛に重度寄生すると淡黄緑色調の下痢便を排し、抑うつ、栄養障害、発育不良を認めます

少数寄生では明瞭な症状を認めませんが、幼雛に重度寄生すると、盲腸にカタール性炎症を生じ、淡黄緑色調の下痢便を排し、抑うつ、栄養障害、発育不良を認めます。...

記事を読む

鶏回虫症(症状) ~ 感染は春から初夏に多く、特に梅雨期に濃感染がおきやすい

成鶏は鶏回虫の感染に抵抗性がみられ、症状が顕著なのは幼雛です。感染は春から初夏におおく、特に梅雨期に濃感染がおきやすい。 したがって、春季孵化...

記事を読む

回虫症(症状) ~ 6ヶ月齢以下の幼獣に高度な感染が認められ、症状も激しく現れる

回虫は年齢抵抗性に原因して、ほぼ6ヶ月齢以下の幼獣に高度な感染が認められ、症状も激しく現れます。成獣では寄生率は低く、症状もきわめて軽度にしか認められま...

記事を読む

Dipetalonema reconditum(糸状虫) ~ 犬、ジャッカル、ハイエナなどの皮下織、筋間結合織、特に腎臓周囲脂肪組織に寄生

Dipetalonema reconditum:(ディペタロネーマ・リコンディトゥム)Dipetalonema属の雌雄の尾端には2個の突起が側方に突出し...

記事を読む

犬糸状虫 ~ 宿主はおもに食肉目の哺乳類、特にイヌ科動物

犬糸状虫:ディロフィラリア・イミティス(Dirofilaria immitis)、雄12~18(平均17.2)cm、雌25~30(平均27.8)cm、乳...

記事を読む

キツネ肺虫 ~ 犬、キツネ、オオカミ、アナグマ、クズリ、猫などの気管支、細気管支に寄生

キツネ肺虫:クレノソーマ・ブルピス(Crenosoma vulpis)、雄3~8mm、雌12~16mm 虫体は白色で細い。体前部の表面に著明な...

記事を読む

広東住血線虫 ~ ヒトに感染すると好酸球性髄膜炎の原因となります

広東住血線虫:アンギオストロンギルス属種(Angiostrongylus cantonensis)、雄19~23mm、雌26~40mm 虫体は...

記事を読む

犬肺虫 ~ 犬の肺実質に寄生し、小結節を形成します

犬肺虫:フィラロイデス・ヒルティ(Filaroides hirthi)、雄2~4mm、雌6~13mm、雄の交接嚢は退化します。 子宮内卵は80...

記事を読む

猫肺虫 ~ 猫の細気管支末部か肺胞に寄生し、ときには肺動脈にもみられる

猫肺虫:エルロストロンジラス・アブストラサス(Aelurostrongylus abstrusus)、雄4~5mm、雌9~10mm 体は非常に...

記事を読む

毛細肺虫 ~ めん羊、ヤギ、鹿の末梢の細気管支、肺胞、肺実質に寄生

毛細肺虫:ムエレリウス属種(Muellerius capillaris)、雄12~14mm、雌19~23mm、小形できわめて細い。雄の交接嚢は著しく退化...

記事を読む

広告
336×280