線虫類一覧

Dipetalonema reconditum(糸状虫) ~ 犬、ジャッカル、ハイエナなどの皮下織、筋間結合織、特に腎臓周囲脂肪組織に寄生

Dipetalonema reconditum:(ディペタロネーマ・リコンディトゥム)Dipetalonema属の雌雄の尾端には2個の突起が側方に突出し...

記事を読む

犬糸状虫 ~ 宿主はおもに食肉目の哺乳類、特にイヌ科動物

犬糸状虫:ディロフィラリア・イミティス(Dirofilaria immitis)、雄12~18(平均17.2)cm、雌25~30(平均27.8)cm、乳...

記事を読む

キツネ肺虫 ~ 犬、キツネ、オオカミ、アナグマ、クズリ、猫などの気管支、細気管支に寄生

キツネ肺虫:クレノソーマ・ブルピス(Crenosoma vulpis)、雄3~8mm、雌12~16mm 虫体は白色で細い。体前部の表面に著明な...

記事を読む

広東住血線虫 ~ ヒトに感染すると好酸球性髄膜炎の原因となります

広東住血線虫:アンギオストロンギルス属種(Angiostrongylus cantonensis)、雄19~23mm、雌26~40mm 虫体は...

記事を読む

犬肺虫 ~ 犬の肺実質に寄生し、小結節を形成します

犬肺虫:フィラロイデス・ヒルティ(Filaroides hirthi)、雄2~4mm、雌6~13mm、雄の交接嚢は退化します。 子宮内卵は80...

記事を読む

猫肺虫 ~ 猫の細気管支末部か肺胞に寄生し、ときには肺動脈にもみられる

猫肺虫:エルロストロンジラス・アブストラサス(Aelurostrongylus abstrusus)、雄4~5mm、雌9~10mm 体は非常に...

記事を読む

毛細肺虫 ~ めん羊、ヤギ、鹿の末梢の細気管支、肺胞、肺実質に寄生

毛細肺虫:ムエレリウス属種(Muellerius capillaris)、雄12~14mm、雌19~23mm、小形できわめて細い。雄の交接嚢は著しく退化...

記事を読む

赤色肺虫 ~ めん羊、ヤギ、鹿、ウサギの気管支、細気管支に寄生

赤色肺虫:プロトストロンギルス属(Protostrongylus rufescens)、雄1~3cm、雌2~4cm 虫体は赤色で、特に雄は非常...

記事を読む

豚肺虫 ~ 豚、イノシシ、まれに牛、ヤギ、犬、ヒトの気管支、細気管支に寄生

豚肺虫:メタストロンギルス・アプリー(Metastrongylus apri)、白色糸状(雄はやや褐色)の線虫で、雄1~3cm、雌2~6cm、雄の交接嚢...

記事を読む

馬肺虫 ~ 馬、ロバ、シマウマの気管支、細気管支に寄生

馬肺虫:ディクティオカウルス属種(Dictyocaulus arnfieldi)、雄2~4cm、雌4~8cm 虫卵は80~100 x 50~6...

記事を読む

糸状肺虫 ~ めん羊、ヤギなどの気管、気管支、細気管支に寄生

糸状肺虫:ディクティオカウルス・フィラリア(Dictyocaulus filaria)、雄3~8cm、雌5~10cm 虫体は乳白色で腸管が黒い...

記事を読む

牛肺虫 ~ 牛、水牛、トナカイの気管、気管支、細気管支に寄生

牛肺虫:ディクティオカウルス・ビビパルス(Dictyocaulus viviparus)、虫体は白色糸状、雄4~6cm、雌6~8cm 虫卵は8...

記事を読む

牛捻転胃虫 ~ 牛、水牛、まれにめん羊、ヤギの第四胃に寄生

牛捻転胃虫:メチストチルス・ディギィタータス(Mecistocirrus digitatus)雄25~31mm、雌30~45mm、毛様線虫科の中では大形...

記事を読む

Ostertagia trifurcata ~ めん羊、ヤギの第四胃に寄生しますが、牛には稀です

Ostertagia trifurcata(オステルタギア属)、前種に類似し、雌では両種を区別できない。 雄6~7mm、雌9~13mm、虫卵は...

記事を読む

Ostertagia circumcincta ~ めん羊、ヤギの第四胃に寄生

Ostertagia circumcincta(オステルタギア属)、雄7~9mm、雌9~13mm 虫卵は85~103 x 44~56㎛ ...

記事を読む

オステルターグ胃虫 ~ 牛、まれにめん羊の第四胃(特に幽門に近い部位)に寄生

オステルターグ胃虫:オステルタギア・オステルタギー(Ostertagia ostertagi)、赤褐色の小形で細い線虫です。 雄6~7mm、雌...

記事を読む

胃毛様線虫 ~ 牛、めん羊、ヤギなどの反芻獣の第四胃および馬、豚などの胃と小腸上部に寄生

胃毛様線虫:トリコストロンギルス・アキセイ(Trichostrongylus axei)、雄2~4mm、雌3~5mm 虫卵は85~92 x 3...

記事を読む

捻転胃虫 ~ めん羊、ヤギ、牛などの反芻獣の第四胃に寄生

捻転胃虫:ヘモンクス、コントルツス(Haemonchus contortus)、Haemonchus属の線虫は中形で、頸部乳頭が著明で、雄の交接嚢はおお...

記事を読む

紅色毛様線虫 ~ 豚の胃、特に胃底腺部に多い

紅色毛様線虫:ヒオストロンギルス・ルビダス(Hyostrongylus rubidus)、雄4~6mm、雌5~8mm、新鮮な虫体は赤色を帯びる。 ...

記事を読む

細頸毛様線虫 ~ めん羊、ヤギのほか牛の小腸に寄生

細頸毛様線虫:ネマトジルス・フィリコリス(Nematodirus filicolis)、Nematodirus属の種は比較的大形で、体前部が細い。生時に...

記事を読む

Cooperia punctata ~ おもに牛の小腸に寄生

Cooperia punctata、雄4~6mm、雌5~8mm 虫卵は72~81 x 29~34㎛ おもに牛の小腸に寄生し、世界各地...

記事を読む

Cooperia onchophora ~ おもに牛の小腸に寄生

Cooperia onchophora、雄5~9mm、雌6~8mm 虫卵は平均83~40㎛ おもに牛の小腸に寄生し、世界各地に分布し...

記事を読む

クーパー毛様線虫 ~ めん羊、ヤギ、まれに牛の小腸、特に十二指腸、また第四胃の粘膜面に寄生

クーパー毛様線虫:クーペリア・クルチセイ(Cooperia curticei)、Cooperia属の線虫は小形で、赤味を帯びる。 雄4~6mm...

記事を読む

透明毛様線虫 ~ めん羊、ヤギ、牛、ラクダなどの小腸まれに第四胃に寄生

透明毛様線虫:トリコストロンギルス属種(Trichostrongylus vitrinus)、雄5~7mm、雌7~8mm 虫卵は93~118 ...

記事を読む

蛇状毛様線虫 ~ めん羊、ヤギ、牛、ラクダなどのほか、ヒト、サル、豚の小腸(十二指腸)まれに第四胃に寄生

蛇状毛様線虫:トリコストロンギルス・コルブリフォルミス(Trichostrongylus colubriformis)、雄4~8mm、雌5~9mm、白色...

記事を読む

狭頭鉤虫 ~ 犬、猫の小腸の後方1/3におもに寄生

狭頭鉤虫:ウンシナリア・ステノセファラ(Uncinaria stenocephala)、小形で白色を帯びた鉤虫です。頭端は背方にまがり、口縁には半月状の...

記事を読む

豚鉤虫 ~ ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ(南部)、東南アジアの豚の小腸に寄生

豚鉤虫(Globocepharus urosubulatus)、Globocepharus属の鉤虫はおもに豚に寄生します。本属では、口がやや背方に向かっ...

記事を読む

Gaigeria pachyscelis ~ めん羊、ヤギ、ときに牛の小腸に寄生

Gaigeria pachyscelis、羊鉤虫に似ています。口縁の2個の切板は半月状です。 雄12~20mm、雌16~30mm 虫...

記事を読む

牛鉤虫 ~ 牛の小腸、おもに十二指腸に寄生

牛鉤虫:ブノストーム・フレボトーマム(Bunostomum phlebotomum)、雄10~18mm、雌24~28mm、前種(羊鉤虫)に似ていますが、...

記事を読む

羊鉤虫 ~ めん羊、ヤギの空腸と回腸上部に寄生

羊鉤虫:ブノストーム・トリゴノセファラム(Bunostomum trigonocephalum)、Bunostomum属の鉤虫は反芻動物に寄生します。頭...

記事を読む

アメリカ鉤虫 ~ ヒトまれに犬、猫、豚の小腸に寄生

アメリカ鉤虫:ネカトール・アメリカヌス(Necator americanus)、頭端は背方に曲がり、口腔は球形に近く、切板は半月形です。Ancylost...

記事を読む

Agriostomum vryburgi ~ 牛、水牛の小腸に寄生します

Agriostomum vryburgi、本属の鉤虫は小形で、口腔は浅くて底部が広く、口の周縁に4対の歯があります。 雄9~11mm、雌13~...

記事を読む

ズビニ鉤虫 ~ ヒトおよびサル類まれに豚の小腸に寄生

ズビニ鉤虫:アンシロストーマ・デュオデナーレ(Ancylostoma duodenale)、雄8~11mm、雌12~15mm、口縁の歯は2対 ...

記事を読む

猫鉤虫 ~ 猫の小腸に寄生

猫鉤虫:アンシロストーマ・ツバエフォーム(Ancylostoma tubaeforme)、雄10~11mm、雌12~15mm 前種(犬鉤虫)よ...

記事を読む

ブラジル鉤虫 ~ 犬、猫まれにヒトの小腸に寄生

ブラジル鉤虫:アンシロストーマ・ブラジリエンス(Ancylostoma braziliense)、雄6~8mm、雌7~10mm、口縁の歯は大小各1対、雄...

記事を読む

セイロン鉤虫 ~ 犬、猫、その他の野生肉食獣およびヒトの小腸に寄生

セイロン鉤虫:アンシロストーマ・ケイラニクム(Ancylostoma ceylanicum)、本種は長い間ブラジル鉤虫と同一種であると考えられていました...

記事を読む

犬鉤虫 ~ 犬およびイヌ科動物の小腸、特に空腸に寄生

犬鉤虫:アンシロストーマ・カニナム(Ancylostoma caninum)、雄8~12mm、雌15~20mm 新鮮虫体は灰色ですが、腸管内の...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280