鼻咽頭瘢痕症候群(Nasopharyngeal Cicatrix Syndrome (NCS)) ~ 放牧地における環境刺激物への暴露に関連していると考えられている



鼻咽頭瘢痕症候群 (NCS) は、咽頭が炎症および刺激される馬の上気道の状態です。時間の経過とともに、炎症は瘢痕化を引き起こし、気道を狭小化および収縮させ、罹患馬の気道が制限されます。


馬の中には呼吸をするために手術が必要なものもいます。

NCSの臨床徴候



馬におけるNCSの臨床徴候は、咳、鼻汁、運動不耐性、鼻孔の発赤、呼吸音、頭や頸の伸び、心拍数増加などの呼吸器系に関連します。


罹患馬にはこれらの徴候が1つ以上みられることがあり、中には明らかな症状が全くない馬もいます。

NCSの原因



馬のNCSの原因は不明ですが、馬の放牧地における環境刺激物への暴露に関連していると考えられています。


汚染された牧草地から馬を隔離することで刺激物への暴露を止め、咽頭の瘢痕形成の発生を減らすことができるかもしれませんが、試みられた治療法のどれもが大きな成功を収めていないため、治療は一般的に報われません。

症状



●鼻汁

●運動不耐性

●呼吸器系の雑音

●咳

●発赤した鼻孔

●心拍数の増加

●頭頸部の伸展

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●上気道の内視鏡検査

治療



※管理関連

※被害を受けた牧草地から馬を隔離することで、刺激物質への暴露を防ぐことができます。

※抗生物質

※抗炎症薬

※のどスプレー

※コルチコステロイド

※ピシウムワクチン接種 (Pythium vaccinations)

※手術

永久気管切開術(永久気管開口術)

スポンサーリンク
336×280