鼻ポリープ(Nasal Polyps) ~ 膿性鼻汁の排出が慢性的に見られる



鼻ポリープ(鼻茸)は、軟らかく、痛みを伴わない良性の炎症性腫瘍で、馬の上気道に影響を及ぼすことがあります。馬の鼻腔に単一または複数の腫瘤として片側性に発生することが最も多い。


徴候の発現は潜行性で、長期間にわたって悪化することがあります。鼻ポリープは、アレルギー、酵素、機械的閉塞、上皮破裂および異常な経上皮イオン輸送を含む様々なメカニズムが原因で形成されると考えられています。


鼻ポリープにより副鼻腔からの排膿が妨げられると、その後の感染によりうっ滞および腫脹がさらに生じ、結果として持続性の周期が生じます。


鼻ポリープと関連する疾患には、アレルギー、副鼻腔炎、鼻炎、アスピリン不耐症、喘息、膵囊胞線維症、原発性線毛機能不全症、免疫不全、チャーグ・ストラウス症候群などがあります。内視鏡検査で確認された鼻ポリープの重症度は、0~3のスケールで評価されます。

症状



●運動不耐性

●悪臭を放つ鼻汁

●呼吸雑音の増加

●リンパ節の腫れ

●顔面腫脹

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●内視鏡検査

●CT (コンピュータ断層撮影) 検査とMRI (磁気共鳴画像) 検査 (MRI)

治療



※コルチコステロイド

※抗生物質

※抗ヒスタミン剤と鼻孔拡張剤 – 多少の緩和効果はあるが、長期的な戦略ではない。

※手術 – ポリープを外科的に切除することは、他の内科的治療がうまくいかない場合に推奨される治療法です。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280