ネイルバインド(Nail Bind) ~ 蹄釘が馬の足の敏感な層に近すぎる状態を表すために使用される用語



ネイルバインドとは、蹄釘が馬の足の敏感な層に近すぎる状態を表すために使用される用語です。軽症例では、感受性の高い組織を圧迫すると軽度の疼痛および跛行が生じます。


一部の症例では、蹄釘周囲に限局性の感染が発生し、足の膿瘍およびそれに伴う重度の疼痛および跛行を引き起こします。

症状



●装蹄直後または1週間以内の跛行

●足の熱の増加

●蹄テスター応答

●肢動脈拍動の増加

診断



●臨床兆候

●病歴

●身体診察

●X線撮影

治療



※蹄鉄の除去

※馬房休養

蹄釘の穴を少し大きくして排液を改善する必要があるかもしれません。


1日2回、20~30分間、蹄を浸す(エプソムソルトまたはポビドンヨード液)。浸漬の間は、おむつと粘着テープを使用して包帯を巻くか、湿布をします。また、抗生物質が必要な場合もあります。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280