鮭中毒吸虫 ~ 犬、コヨーテ、キツネ、アライグマ、ミンク、スカンクときにヒト、ヤマネコの小腸前半部に寄生



鮭中毒吸虫(Nanophyetus salmincola)、Troglotrematidae科に属し、虫体は白色ないしクリーム色、0.8~1.1 x 0.3~0.5mmで小さく、洋ナシ状で扁平


虫卵は、60~80 x 34~50㎛で黄褐色


犬、コヨーテ、キツネ、アライグマ、ミンク、スカンクときにヒト、ヤマネコの小腸前半部に寄生し、アメリカ北西部、シベリア東部に分布します。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280