マイコプラズマ・メレアグリディス感染 ~ 若い鳥の気嚢炎を引き起こします



マイコプラズマ・メレアグリディス(MM)は主にシチメンチョウに見られる病原体です。卵を介して感染する疾患で、主に感染した繁殖鳥から繁殖した若い鳥の気嚢炎を引き起こします。

伝播



MMは雌鶏から子孫に伝染し、群れの加齢とともに発生が増加しました。MMは、飼育者や訪問者からの汚染された衣服や器具から感染することもあります。

臨床兆候



●発育不全

●呼吸困難

●変形を伴う曲がった頸部

●脚の変形

治療



●支持療法


鳥を群れから隔離し、新鮮な水や食餌を与え安全で快適な暖かい場所に置きます。また、ストレスのない生活をさせます。


●タイロシン


10~15mg/kg(1日2回筋注投与)または0.5g/L(1日1回飲料水に加える)


●コロイド銀


1日1回2滴/kg経口投与。


●りんご酢


口やのどの粘液を取り除くのに役立つことがあります。水(硬水を使用する場合は2回分)にリンゴ酢大さじ1を加えます。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280