マイコプラズマ・ガリセプチカム(Mycoplasma gallisepticum) ~ 慢性呼吸器疾患



マイコプラズマ・ガリセプチカム(MG) は世界中のニワトリ、シチメンチョウ、クジャクおよびキジにおいて慢性呼吸器疾患を引き起こします。


マイコプラズマ属は、細胞膜の周囲に細胞壁をもたないモリクテス綱の細菌であり、細胞壁合成を標的とする多くの一般的な抗生物質の影響を受けないことが多い。


マイコプラズマ感染症の治療に一般的に用いられる抗菌薬には、テトラサイクリン系、マクロライド系(タイロシン、チルミコシン)、および最近ではフルオロキノロン系(エンロフロキサシン、ジフロキサシン)、およびプレウロムチリン系 (チアムリン) があります。


消毒剤に対する感受性:フェノール系消毒剤、1%次亜塩素酸ナトリウム、70%エタノール、ホルムアルデヒド、グルタルアルデヒド、ヨードフォア、過酢酸はマイコプラズマ属に対して有効です。

分類



目:マイコプラズマ目(Mycoplasmatales)

科:マイコプラズマ科(Mycoplasmataceae)

属:マイコプラズマ(Mycoplasma)

宿主



●鶏

●七面鳥

●フィンチ

●フラミンゴ

●クジャク

●キジ

関連疾患



●慢性呼吸器疾患

●気嚢炎

●結膜炎

●副鼻腔の感染症 (副鼻腔炎)

●マイコプラズマ症

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280