筋骨格(馬)一覧

タイイングアップ(Tying Up) ~ 強度運動が引き金となって骨格筋の融解を起こす疾患

労作性横紋筋融解症候群(ERS)は、「タイイングアップ」とも呼ばれ、馬が運動中または運動直後に筋肉の異常な痛みや痙攣を起こす病気を指します。 ...

記事を読む

膝蓋骨上方固定(Upward Fixation Of The Patella) ~ 後肢の機械性跛行を起こす疾患

膝蓋骨上方固定(UFP)を有する馬やポニーは、周期的に後肢の脹脛や飛節を屈曲させることができず、後ろに伸ばした肢を蹄のつま先で引きずってしまうことがあり...

記事を読む

球腱軟腫(Windpuffs:WINDGALLS) ~ 液体を含んだ柔らかい腫れ物

球腱軟腫は、高齢の運動馬の下肢に見られる一種の傷と考えられています。これは慢性的な関節炎の一形態であり、1か月以上存在している球節の後ろの近くの柔らかく...

記事を読む

肩甲上神経麻痺(Sweeney) ~ 通常は肩甲上神経に損傷を与える馬の肩の外傷が原因

肩甲上神経麻痺は馬の神経学的状態であり、通常は肩甲上神経に損傷を与える馬の肩の外傷が原因です。 肩甲上神経は馬の肩甲骨の前面に沿って走り、上腕...

記事を読む

軟骨下骨嚢胞(Subchondral Bone Cysts) ~ 関節軟骨の深部に骨嚢胞を生じる疾患

軟骨下骨嚢胞(SBC)は、骨嚢胞とも呼ばれ、発育期整形外科的疾患の一種です。SBCは若い馬の跛行の重要な原因となっています。 SBCは骨軟骨症...

記事を読む

サラピン(Thoroughpin) ~ 足根外筒に特発性腱鞘炎を生じる疾患

サラピンは、足根外筒の膨張、または飛節より近位にある深屈腱(DDFT)の滑膜炎を表す用語です。 通常、片側に発生し、飛節のすぐ上に軟らかく液体...

記事を読む

管骨瘤(Splints) ~ 2歳齢以下の若齢馬に多く見られます

管骨瘤とは、運動時の反復運動や外傷などにより、管骨に発生する腫れのことを指します。管骨瘤が発生した当初は、炎症を起こした痛みを伴う腫れとして現れます。 ...

記事を読む

種子骨炎(Sesamoiditis) ~ 種子骨遠軸面の繋靭帯付着部における炎症が疼痛の原因

種子骨炎は、球節の過伸展や捻転などが原因と言われており、炎症により種子骨内の孔状構造が太くなる他、骨辺縁の靭帯付着部が粗造になります。 馬の場...

記事を読む

ストッキングアップ(Stocking Up) ~ 馬が長時間、馬房の中にいるなどして体を動かさないでいると下腿の組織液が蓄積することがある

馬の脚には小さなリンパ管がありますが、逆流を防ぐ弁はありません。脚を流れる液体の流れは、リンパ管の近くにある組織の動きに依存しています。 馬が...

記事を読む

仙腸関節疾患(Sacroiliac Joint Disease) ~ 馬の能力低下や後肢の歩行異常に関連

仙腸関節(SI)関節領域の疾患は、仙腸関節領域の異常によって引き起こされる馬の能力低下や後肢の歩行異常に関連しています。 仙腸関節は馬の骨盤の...

記事を読む

シヴァー病(Shivers) ~ 徐々に進行する慢性的な運動障害

シヴァー病は、馬の慢性的な運動障害で、徐々に進行します。 通常、馬が7歳になる前に発症し、背の高い雄馬に多く見られます。シヴァー病は、馬を後退...

記事を読む

変形性関節症(Osteoarthritis (OA)) ~ 関節の骨などが摩擦を起こして炎症を起こし水がたまったりする症状

変形性関節症 (OA) は変性関節疾患 (DJD) としても知られており、馬、ヒトおよび犬が罹患する最も一般的な関節疾患です。 OAは進行性の...

記事を読む

多糖類貯蔵筋症(Polysaccharide Storage Myopathy (PSSM)) ~ 筋肉内に多量のグリコーゲンが蓄積しタイイングアップ(すくみ)や振戦、歩法の異常を引き起こします

多糖類貯蔵筋症(PSSM)は、馬の筋肉疾患の一種です。PSSMには、グリコーゲン合成酵素1(GYS1)遺伝子の変異を原因とするPSSM1型と、GYS1遺...

記事を読む

再発性労作性横紋筋融解症(Recurrent Exertional Rhabdomyolysis) ~ 神経質な馬、特に牝馬は横紋筋融解症を多発しやすい

再発性労作性横紋筋融解症(RER)とは、競技馬に発生する筋肉疾患の一種です。 RERは、馬が運動する際に発生する臨床症候群で、痛みを伴う筋収縮...

記事を読む

オセレット(Osselets) ~ 引退した老齢の競技馬で最も頻繁に見られます

オセレットは、球節の変形性関節症を説明するために使用される一般的な用語です。これは、引退した老年(高齢)競技馬で最も頻繁に見られます。 オセレ...

記事を読む

多種アシル‐CoA脱水素酵素欠損症(Multiple Acyl-CoA Dehydrogenase Deficiency) ~ 馬の筋肉疾患(代謝性ミオパチー)の一種

馬の多種アシル‐CoA脱水素酵素欠損症(MADD)は、骨格筋のエネルギーシステムの生化学的欠陥に起因する馬の筋肉疾患(代謝性ミオパチー)の一種です。 ...

記事を読む

頸部および背部痛(Neck And Back Pain) ~ 歩行異常または運動能力の喪失の重大な原因

頸部または背部に関連する疼痛は、運動馬における歩行異常または運動能力の喪失の重大な原因です。 首や背中の痛みが唯一の原因である場合もありますが...

記事を読む

背側棘突起衝突(Kissing Spines) ~ 背骨の突起部分の骨と骨がこすれているためと脊髄部分の骨同士が摩擦を起こして痛みが生じます

背側棘突起衝突は、「キッシングスパイン」としても知られており、馬の背中に激しい痛みをもたらす疾患です。 背側棘突起(馬の脊柱から上に突き出た骨...

記事を読む

悪性高熱(Malignant Hyperthermia) ~ 進行性の高体温および筋硬直などがみられる

悪性高熱 (MH) は、全身の筋肉に起こるまれな病気で、進行性の高体温 (馬の体が熱を放出するよりも多くの熱を生成または吸収することで起こる体温調節の失...

記事を読む

高カリウム性周期性四肢麻痺(Hyperkalemic Periodic Paralysis (HYPP)) ~ 筋強直症や四肢麻痺を生じる疾患

高カリウム性周期性四肢麻痺(HYPP)は、遺伝性の遺伝子変異によって引き起こされる筋肉疾患です。 クオーターホース、ペイントホース、アパルーサ...

記事を読む

免疫介在性筋炎(Immune-mediated Myositis) ~ ストレプトコッカス属による感染が最も高頻度

免疫介在性筋炎(IMM)は、馬の免疫系が骨格筋を攻撃し、その結果、トップラインの筋肉が急速な萎縮を生じるまれな筋肉疾患です。 この病気は、(S...

記事を読む

椎間板脊椎炎(Discospondylitis) ~ 椎間板脊椎炎が進行した馬は長時間犬座位で観察され何度も立ち上がろうとする姿が見られます

椎間板脊椎炎は、椎間板(椎間板炎として)とそれに隣接する椎体(骨髄炎、脊椎炎)に起こる炎症性疾患です。 馬や牛では稀な疾患とされていますが、犬...

記事を読む

線維化筋症(Fibrotic Myopathy) ~ 後肢の機械性跛行を呈する疾患のひとつ

線維化筋症は、馬の筋肉の働きが制限されることによって起こる馬の機械的跛行です。馬が半腱様筋や半膜様筋を損傷したときに起こり、急性または慢性の形で現れる可...

記事を読む

肘腫(Capped Elbow) ~ 肘頭にある滑液嚢の炎症

肘腫(ちゅうしゅ)とは、馬の肘の部分の皮膚表面のすぐ下にできる、柔らかくて液体を含んだ腫れのことです。 腫れの大きさは、ほとんど気にならない程...

記事を読む

飛節後腫(Curb) ~ 踵骨の遠位底部の硬化腫脹を呈する疾患

飛節後腫(ひせつこうしゅ)とは、足蹠靭帯(飛節関節の近くにある靱帯) が炎症を起こし、肥厚することです。 足蹠靭帯は、踵骨の裏側を走り、下足根...

記事を読む

飛節内腫(Bone Spavin) ~ 飛節に起こる変性関節疾患を指し後肢跛行の原因のひとつ

飛節内腫は、成馬や競技馬、時には若い競走馬によく見られます。これは馬の後肢の跛行の最も一般的な原因の一つです。 飛節内腫は、実際には、飛節内の...

記事を読む

管骨骨膜炎(Bucked Shins) ~ 馬の管骨の前面に起こる骨膜炎

管骨骨膜炎(馬の管骨(第三中手骨)の前面に起こる骨膜炎)は、第三中手骨の背側皮質に、骨膜炎および疲労骨折を生じる疾患で、競馬業界では重要な問題となってい...

記事を読む

オーストラリア鶏跛(Australian Stringhalt) ~ 異常歩行と歩行を試みる際の後肢の不随意の極端な過屈曲が特徴

オーストラリア鶏跛は、異常歩行と歩行を試みる際の後肢の不随意の極端な過屈曲(過剰)を特徴とするウマの衰弱性神経学的状態です。 オーストラリア鶏...

記事を読む

飛節軟腫(Bog Spavin) ~ 飛節内腫などの各種飛節炎により飛節の関節包に水腫を生じたもの

飛節軟腫は、診断された状態というよりも、何か問題があるという臨床兆候です。これは、飛節の前内側部から上方外側部にかけての柔らかくて液体を含んだ腫瘤です。...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280