マンガン Mn ~ 症状



マンガンは褐石MnO₂として天然に産し二価化合物としては酸化第一マンガンMnO、硫酸第一マンガンMeSO₄・5H₂O(またはMnSO₄・7H₂O)塩化第一マンガンMnCl₂・4H₂Oがあり、三価化合物として三二酸化マンガンMn₂O₃があります。


而してその何れも毒性を有しますが、特に二価化合物が甚しい。

症状



可溶性のマンガン化合物の大量は家畜に中毒を起しますが、主徴は神経症状で嘔吐運動、筋の緊張亢進、知覚麻痺、自動運動麻痺、あるいは黄疸、肝および腎の炎症を見る。


経過は慢性で斃死は少い。


薬剤としてはヨード剤や臭素剤を用い、他は対症的です。

この記事のURLとタイトルをコピーする
スポンサーリンク
336×280
キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280