僧帽弁閉鎖不全症(Mitral Regurgitation) ~ 左心房と左心室の境界に位置する僧帽弁が逆流をきたす疾患



僧帽弁閉鎖不全症(MR)は、左心房と左心室の境界に位置する僧帽弁が逆流をきたす疾患で、運動能力の低下と関連する可能性が最も高い心雑音です。


僧帽弁は馬の後天性弁膜疾患の中で2番目に多い場所で、MRは左心房圧を上昇させ、左心房拡張を起こすため、馬は心房細動や肺高血圧症を発症しやすくなります。


また、馬の突然死やうっ血性心不全に関連する可能性が最も高い雑音でもあります。


MRは僧帽弁形成異常、変性または炎症性の弁肥厚(細菌性心内膜炎を含む)、脱出(MVP)、腱索肥厚または断裂(RCT)、および動揺弁尖(どうようべんせん)によって引き起こされることがあります。


MRはまた、弁輪や心室の拡張により二次的に発症することもあります(重度のAR、非制限的VSD、またはまれに拡張型心筋症の場合と同様)。臨床症状は、逆流の原因と程度によって異なります。


初期の段階では、MRは偶発的な所見として検出されることがあります。

症状



●運動耐容能低下または運動能力低下

●脚のむくみ

●発熱

●体重減少

●崩れるように倒れる

●突然死

診断



●運動テスト

●身体診察

●心エコー検査

治療



※無症状の慢性MRは通常治療しない。

※アンジオテンシン変換酵素阻害剤は、症状のあるMRの馬に使用されることがあります。

※急性または重度の慢性MRを持つ馬に対する動脈拡張器を用いた後負荷の軽減

※うっ血性心不全や細菌性心内膜炎がある場合は治療を行う

※軽度のMR-年1回の再検査

※中等度から重度のMR-心拍数とリズムを定期的にモニターする。

予後



●病気の重症度や進行度によって異なります。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280