トウワタ中毒(Milkweed poisoning) ~ トウワタには有毒な強心配糖体が含まれています



トウワタ(唐綿)は、キョウチクトウ科の多年草で、南アメリカが原産地です。寒さに弱いため、日本では一年草として栽培されます。


トウワタ中毒とは、アスクレピアス種の摂取によって引き起こされ、トウワタには有毒な強心配糖体が含まれています。 飼料が不足している場合や、干ばつ中、または干し草に紛れ込んでいる場合を除いて、通常ヤギは避けます。


トウワタでのヤギの致死量は、体重の0.25%から2%です。臨床症状は通常、摂取後数時間後に発現します。兆候が現れてから1~2日後に死亡が続く傾向があります。

症状



●瞳孔散大

●膨れる、腫れる、膨れ上がる

●衰弱

●抑うつ

●よろめき歩行

●呼吸困難

●断続的な強縮性痙攣

●昏睡

●死亡

治療



※支持療法

予防



※牧草地での除草

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280