低カルシウム血症(Milk fever) ~ 妊娠中に必要とされるカルシウムの摂取量が不足していることが原因



低カルシウム血症は、乳熱と呼ばれ、血中カルシウム濃度が低い状態であり、妊娠中に雌の乳用ヤギに影響を与えることがあります。


ヤギは、出産中または出産直後、妊娠後期、授乳のピーク時またはそれに近い時期に、乳熱のリスクが高くなります。これは、妊娠中に必要とされるカルシウムの摂取量が不足していることが原因です。


症状の経過は数時間から数日までさまざまです。症状はカルシウム喪失の重症度と程度によって異なります。

症状



●食欲不振

●麻痺

●興奮

●四肢筋肉の痙攣

●歯ぎしり

●歩様蹌踉

●意識障害

●体温・皮温の低下

●起立不能

治療



ボログルコン酸カルシウム23%輸液:60~100mL SCまたはゆっくり静脈内投与。その後、カルシウム溶液と経口サプリメントを皮下注射します。


警告:カルシウム値が正常な動物にカルシウムの静脈内投与を行うと、致死的になることがあります。カルシウムを追加投与する前に、動物が乳熱に苦しんでいることに疑いの余地がないことが重要です。

予防



妊娠中のヤギは、妊娠中のカルシウムレベルをモニターし、妊娠中のカルシウムレベルを適切に維持するために、必要に応じてカルシウムおよび/またはアルファルファ乾草の経口栄養補助食品を与えなければなりません。


陰イオン塩(塩化物と硫黄を多く含むミネラル)

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280