メナカンサス・ストラミネウス(Menacanthus stramineus) ~ ニワトリオオハジラミ



ニワトリオオハジラミとしても知られるメナカンサス・ストラミネウスは、世界中の鶏群に寄生する最も一般的な家禽シラミの1つです。


長さ3.5mm、動きが速いです。 主に羽毛の破片を食べますが、吸血することができます。


主に鳥の皮膚に寄生します。羽にはほとんど寄生せず、総排泄腔、ときに頭部、翼の下、胸部などの羽の少ない体の部分を好み、羽の上や皮膚の上に卵を塊として産みつけます。

分類



目:シラミ目(Phthiraptera)

科:タンカクハジラミ科(Menoponidae)

属:メナカンサス(Menacanthus)

宿主



●鶏

●モルモット

●キジ

●クジャク

●七面鳥

関連疾患



シラミの侵襲

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280