メロキシカム(Meloxicam) ~ 家禽の痛みと炎症のコントロールに使用されます



メロキシカム(メタカム、モービック)は、非ステロイド性抗炎症薬 (NSAID) で、家禽の痛みと炎症のコントロールに使用されます。


休卵期間:本剤は、いずれの国においても食用卵を目的とする産卵鶏への使用は認められていない。その理由は、投与した鶏の卵への残留期間に関する試験がないためです。


保管:室温20~25℃の管理された場所で保管してください。温度上昇は15℃~30℃ (59℉~86℉)の間で許容されます。


平均反応速度論的温度が25℃を超えない限り、40℃ (104℉)までの短時間の暴露は許容されますが、そのような暴露は最小限に抑える必要があります。

剤形



経口投与用の懸濁液(0.5mg/mLまたは1.5mg/mL)として経口投与可能。

投与量



0.5mg/kg経口、筋注、12~24時間ごと。

副作用



※食欲の減少または増加

※糞の変化

※行動の変化

※黄疸 (皮膚、歯ぐき、白眼の黄変)

※飲水習慣の変化(頻度、消費量)

薬物相互作用



●アスピリン

●カルプロフェン

●エトドラク

●デラコキシブ

●コルチゾン

●プレドニゾン

●デキサメタゾン

●トリアムシノロン

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280