メラノーマ ~ 皮膚がんの一種



メラノーマは皮膚がんの一種です。少ないですが、ニワトリを含む様々な鳥類種で報告されている。鳥類のメラノーマは、眼に発生する少数の例外を除いて、ほぼ悪性です。


メラノーマ腫瘍は、扁平な斑状の色素沈着領域から、多病巣性に内臓を置換する明確な腫瘤まで様々です。ニワトリにおけるメラノーマの報告された症例において、腫瘍が発生する最も一般的な領域は、くちばしおよび眼瞼を含む顔面領域です。


高齢のニワトリでより多くみられます。眼けんの浸潤性メラノーマと診断された5歳の雌鶏は、死亡前に顔面腫脹と呼吸努力の増加を示しました。

臨床兆候



●顔、くちばし、まぶたの成長

●顔面腫脹

●呼吸努力の増加

治療



●支持療法


●シメチジン


5mg/kg経口、1日2回


●手術


外科的切除

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280