牛の乳房炎(Mastitis) ~ 雌牛の乳腺に炎症が起こる病気



乳房炎は、乳牛の最も経済的に重要な病気で、雌牛の乳腺に炎症が起こる病気です。


多くの場合、病原性細菌の感染によって引き起こされます。乳房炎は、子牛に授乳している泌乳牛に時折発生しますが、最も一般的なのは、乾乳期(乳汁産生の終わり、腺が乳汁の産生を減らし停止しているとき)です。


乳腺炎は、片方または両方の乳房に発生します。炎症を起こした乳腺からのミルクは、正常に見える場合もあれば、色や粘度に異常がある場合もあります。

症状



●腺が熱を持ち、痛みを伴う

●沈鬱

●発熱

●凝り

治療



※乾乳牛の治療 (DCT) :乾乳期に入った時点で乳腺の各分房に抗生物質を注射する。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280