マンガン欠乏症はニワトリの発育不全を招く

マンガン欠乏症はニワトリの発育不全を招く
マンガン欠乏症はニワトリの発育不全を招く



マンガンは自然発生元素であり、ニワトリにとって必須栄養素です。


ニワトリは、生殖と発生(健全な軟骨と骨の形成)、卵殻形成、創傷治癒、栄養吸収、および過形成予防のために、食餌中に十分なレベルのマンガンを必要とします。


ある種のミネラルが過剰に含まれていると、ニワトリのマンガン保持を制限することがあります。そのようなミネラルには、カルシウム、リン 、鉄などがあります。


若い雛では、マンガン欠乏は関節丘関節の腫れと平坦化により特徴づけられ、腱の滑りまたは麻痺を生じ、続いて関節丘からアキレス腱の滑りを生じます。


ひよこの片方または両方の脚が侵されることがあり、脛骨および足根中足骨は、膝関節の近くで屈曲しているように見えることがあります。また外旋を示すこともあります。


ニワトリの脚や翼の長骨も、本来あるべき長さよりも短くて太いことがあります。マンガン欠乏は成鶏にも悪影響を及ぼし、産卵鶏では産卵率の低下、卵殻の質と強度の低下、孵化率の低下、繁殖力の低下を引き起こします。


飼育用の鶏がマンガン欠乏食で飼育されていた場合、オウムのくちばし、やせ細り、足の長骨の短縮などの異常で孵化します。

マンガン(Mn)の要件



成長期のヒナにはマンガン60mg/kg以上を含む飼料を推奨しています。

臨床兆候



●ペローシス

●短く肥厚した四肢

●跛行

●産卵低下

●卵殻強度低下

●孵化不良

●オウムのくちばし

●成長の遅れ

●腹部突出

●運動失調

治療



●マンガン系サプリメント

予防



60mg/kgの総摂取量を確保するために、マンガンのサプリメントを追加する。またバランスのとれた食餌を与える

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280